DMM英会話法人向けサービス

お気軽にご相談ください 03-5739-1098

DMM英会話 法人プラン
導入事例

ESL club

ESLクラブ

ESLクラブ

様・岡山

業種

英語学習塾

目的・目標
  • 日本にいながらリアルな英語に触れ、実践的な英語を生徒に身につけてもらう
  • 英語を学ぶ本来の楽しさや目的を、生徒や親御様に実感してもらう
DMM英会話を選んだ理由
  • サービスに安定性がある
  • 動きが遅いと言われる教育業界の中で、常に進化していると思った
  • 様々な国の講師がいるので、英語だけでなくその国の文化も学べる
成果・感想
  • 英語での自己紹介が充分に出来るようになった
  • 英語を話すことに慣れた
  • 海外の人と話すことへの不安感がなくなった
  • いざという時に率先して喋れるようになった
今回の導入事例は、英語学習塾の「ESLクラブ」様です。
小中学生を中心に英語を教えている学習塾ですが、DMM英会話を導入した理由とは?今回のインタビューではその理由を含めてご紹介致します

学習塾(英語塾)になぜ『オンライン英会話』を導入したのか?

英語を学ぶ本来の楽しさや目的を、生徒や親御様に実感してもらいたかったからです。
そしてオンライン英会話は、それを実現できる非常に便利なアウトソースツールだと考えました。

本塾は『小学生で英検2級』をコンセプトに、文法、リスニング強化、シャドーイングや語彙補強などの一番大事な基礎を独自の学習方法で徹底指導しています。

手前味噌ながら非常に高い実績を誇っていて、生徒の英語力を日々メキメキと上げています。
しかし、親御様から「ウチの息子、英検2級を持ってるけど、外国人を前にすると緊張して話せないのよね」という声を多数頂いておりました。

このように開校当初からスピーキングの課題があったのですが、外国人講師を抱える労力や費用などの面から見送りになっていました。しかし、オンライン英会話という外部のリソースを活用することで、生徒に最適なスピーキング強化の機会を提供できることがわかり、導入を検討し始めました。

オンライン英会話は、日本に居ながら海外の人とコンタクトが取れ、実践的に英語が学べます。
机の上だけで勉強するのではなく実際に使うことで、「もっと話せるようになりたい」「もっとこんな話がしたい」「もっとこんな表現ができるようになりたい」というモチベーションの向上に繋がる点などが非常に魅力的でした。

『他社オンライン英会話』ではなく『DMM英会話』を選んだ理由

オンライン英会話を塾で採用するとしたらどこが良いか?調べた結果、DMM英会話が一番良いオンライン英会話であるという結論に至りました。理由としては下記になります。

上記の理由からDMM英会話の導入を決めました。

日本には多くのオンライン英会話がありますが、まだそんなに広く浸透していない新しいサービスだと思います。学習塾で利用し続けていくことを考えたときに、小さい規模の会社だと突然サービスがなくなってしまわないかが心配でした。
その点でDMM英会話はサービス規模も運営している会社も大きくて信頼できました。
教育業界は動きが遅いと言われる中、DMM英会話は変化が早く、常に進化しているので、これから更に魅力的になっていくサービスであると確信しています。

運用方法

予め塾側でオンライン英会話のレッスン予約を代行し、90分の授業内で25分間オンライン英会話を行います。

前述の通り、本塾は『小学生で英検2級』をコンセプトに指導をしています。ですので、英検の取得級(生徒のレベル)に合わせてDMM英会話の利用方法を変えています。

4級以下の生徒:DMM英会話オリジナル教材の『入門~初級』の『基本の会話』
3級以上の生徒:DMM英会話オリジナル教材の『雑談用のお題』『テーマ別ディスカッション』

4級以下の生徒は、『英語を話すのって楽しいんだ』と感じてもらえるように特に手厚くサポートします。そもそも英語を話したことが無い生徒がほぼ全員なので、イヤな印象で終わらないように成功体験を積み重ねて、『また海外の人と話したい』という印象で着地するようにしています。
3級以上の生徒は、スピーキング力UPにフォーカスし、自分の意見を口述できることを目標としています。そのトレーニングが結果として、英検二次対策に繋がっていきます。

そもそもオンライン英会話を英語塾でやる必要があるのか?自宅でやるのと変わらないのでは?
と考える親御様もいらっしゃいますが、自宅と塾では得られる学習効果は大幅に異なります。
自宅でやる場合、どうしてもやりっ放しになりがちで、それでは得られる気付きの量は非常に少ないです。

一方で本塾でやる場合、 生徒がたくさんの気づきを得られるように我々がサポートをします。事前準備として自己紹介やどんな内容を話すのか英作文をさせ、添削を行なったり、YESやNOなどの簡潔な回答で終わらないように『なぜ?』をしっかりと続けて答えさせたり、レッスン後は『あの時どう言えば良かったのか』と、一緒に振り返りをしたり、次から同じミスをしないように徹底してサポートを行なっています。

生徒はまだ小中学生なので、そういった自立した学習を一人で行うことが困難です。それをサポートし成長の場に導いてあげるのが我々プロの役割です。

もちろんずっと手厚くサポートするのではなく、少しずつ自立できるように気づきのステージを変えてあげるようにしています。自転車の乗り方を教えるのと似ていますね。

成果や感想


―生徒のアンケートを一部抜粋―


「英語話すのも知らない人と話すのも苦手だったけど、どんな人が相手でも自分のことを話せるようになった」
「今まで海外の人と話す機会がなかったけれど、今は色んな国の人と英語で話せるから、すごく楽しい。」
「前は、レッスン中にどう英語で話せばいいのか分からなくて黙り込んでしまうことがあったけれど、DMM英会話を始めて、質問を返したり、具体的に答えられるようになった。」
「オンライン英会話に緊張や抵抗があったけれど、今ではすっごく楽しい」
「日本語が通じない人への怖さがなくなって、英語での自己紹介に慣れた。」


最初は、オンラインの外国人講師と話すのを怖がっていた生徒が多かったです。『やだーやだー』って。でも実際にDMM英会話をやると『楽しかった!』という感想に変わります。その姿を見た別の生徒が『自分もちょっとやってみたい』と気になってくる、プラスの連鎖が生まれていって、今では割とみんな当たり前にDMM英会話をやっています。
『塾がもっと楽しくなった』と言ってくれる子がたくさん出てきました。

我々から見ても、実際に英語を話せるようになったなと感じています。
最初は手厚いサポートが必要だった生徒も今では一人で25分間、有意義なレッスンを行っています。
英語力がそんなに高くない子も、困ったときにどうすれば良いかをノートにしっかりと書いて予習しているので、安心して取り組んでいます。子供の成長って本当にすごいですね。

また本塾にはオーストラリアへ長期留学へ旅立った生徒がいますが、DMM英会話で日頃から訓練をしていたおかげで、外国人に臆することなく話せている、英文がすらすら出てくる、と良い成果を聞いています。


親御様への案内


どんなに良い商材を用意しても、生徒の親御様にご納得して頂かないと提供ができません。最初は大変でしたが、今ではだいぶ浸透してきています。

『オンライン英会話ってなに?』という親御様が非常に多かったです。『わからないから怖い』『それって大丈夫なの?』『オンラインで効果出るの?』といった印象をお持ちのようでした。
でも自分のお子様の変化を目の当たりにすると、印象が180度変わるんですよね。百聞は一見に如かずです。やはり親御様としても、英語を話せるようになってほしい気持ちはあるんですよね。試験や受験に合格するのはもちろん嬉しいですが、英語を勉強する一番の目的はそこにあるので。

観光に来ている外国人にお子様から率先して声を掛け道案内をした、という嬉しいご報告も頂いています。

今後の展望

本塾のコンセプトを軸に、生徒により最適な学習を提供していきたいです。

ブートキャンプのような、英語しか使わない一日もつくってみたいです。
8時間くらい英語しか使わない空間を作ってあげれば、英語学習において一線を越えられると思います。そういったときにDMM英会話のレッスン回数を増やしてみたりして、やってみたいです。

とにかく、生徒にとってより楽しく英語が学べる空間作りをしていきます。

実は結構厳しい塾なので、モチベーションが下がってしまう生徒がたまにいます。そんな生徒に対して『じゃあオンライン英会話やってみない?』と声を掛けてやらせてみると、余程楽しかったのか『また英語頑張りたい』とモチベーションが復活して、助かっています。

『なんで英語の勉強やってるんだっけ?』という根本的な部分を忘れてしまうと、やはり勉強はつらくなってしまいます。そこを忘れさせないように良いサイクルを作り、効果的な継続学習を生徒に提供していきます。これからもより良い指導が行えるように日々精進していきます。