DMM英会話法人向けサービス

お気軽にご相談ください 03-5739-1098

DMM英会話 法人プラン
導入事例

Nextremer Co., Ltd.

株式会社Nextremer

株式会社Nextremer

村上様・

業種

人工知能テクノロジー(対話エンジン)の研究開発

目的・目標
  • 英語をツールとして扱うことのできるGeekなエンジニアを多く育成していく
  • 海外拠点の現地社員や国内の外国籍社員との円滑なコミュニケーションを図る
  • 最新の技術を追い求める上で、ドキュメントを読んだり、意見交換したりできる英語力
DMM英会話を選んだ理由
  • 世界中に講師がいるので、今まで触れることのなかった文化に触れることが出来る
  • 講師から毎回レッスンレポートをもらえるので、復習がしやすくモチベーションの向上にも繋がる
  • 講師数が多く、レッスンを必ず受講できる。
  • 月毎に受講者の入れ替えが出来るので無理なく学習を継続できる
成果・感想
  • 外国籍社員とのコミュニケーションを積極的に取れるようになった
  • 英語を喋ることに違和感がなくなった
  • 文章をすぐに組み立てられるようになった
今回の導入事例は「Nextremer」様です。
他社オンライン英会話からDMM英会話へ移行した理由とは?またその運用方法を含めてご紹介致します。

なぜ貴社で英語研修を考え始めたのか

社員たちにエンジニアとして最前線を走ってもらうために、英語研修を取り入れました。
最新技術の論文等は、まず始めに英語で公開されます。第1次情報に触れる為に英語は欠かせません。
インターネットで調べ物をする時も、日本語で検索するより英語で検索する方が圧倒的に情報量が多いです。
英語をツールとして扱えるようになることで、作業効率も格段に上がります。


また、当社には東京/高知/インドの3拠点があり、国内オフィスもフランス/韓国/アメリカ/中国/タイなどといった多国籍な環境があります。英語研修を取り入れることで、社員同士のコミュニケーションをより円滑化させたいと考えました。

当社にとって英語力はマストではありません。
Geekなエンジニアで、かつ情報収集力や行動力が伴っていることを採用基準の第一優先としています。
ただ、前述のように、エンジニアが英語力を身に着けることは良いことづくしなので、入社後に英語力を伸ばす事が出来るような環境を作りたいと考え、導入を決めました。

『オンライン英会話』を社員研修として導入した理由

皆多忙にしていますので、時間と場所の制約がないオンライン英会話は学習を継続する上で最適だと考えたからです。
弊社のようなITベンチャーに限らず、今はワークスタイルが多様化しているため英語レッスンが受けられる時間帯も人によって様々です。
無理に通学のための時間を作って仕事に支障をきたしてしまっても本末転倒ですね。
そういう観点から、Nextremerでは初めからオンライン研修に絞って導入検討をしていました。

『他社オンライン英会話』ではなく『DMM英会話』を選んだ理由

1年程他社オンライン英会話を利用していましたが、もっと良い研修ができないかと考え調べた結果、以下の理由からDMM英会話を選びました。

運用方法

入社時に、DMM英会話をやるかどうか、社員全員に選択させています。
全額会社負担で運用していますので、月最低5回は受講することをルールとしてはいますが、プレッシャーをかけすぎてもモチベーションが上がらないと考えていますので、セルフマネジメントで学習してもらっています。
5回を下回った社員には、忙しければ休会もできる旨を伝えるなど、声かけをしています。

前述の通り、学習は個人に任せていますので、業務時間内でも自由にレッスンを受講してもらっています。

また、学習成果を発表する場として、イングリッシュスピーキングクラスを実施しています。
東京オフィスと高知オフィスをビデオ通話で繋ぎ、希望者にスピーチしてもらうなどの取り組みは非常に好評です。

成果や感想

外国籍の社員とのコミュニケーションを積極的に取れるようになったと感じています。
意図したわけではありませんが、外国人採用が増え、社内に外国人がいることが当たり前になってきたので 「英語で話すの嫌だな」なんて言ってられない環境になってきました。

仕事で海外のイベントに参加したり、インド支社との会議であったり、英語を使うことが多いので、DMM英会話で学んだことを仕事にする活かすことが出来ています。
英語に苦手意識を持っている人も、このような環境のお陰で少しずつ苦手意識がなくなってきました。

DMM英会話で英語力を磨き、実務で英語を使うことで、当社の理想とする「英語をツールとして扱うことのできるGeekなエンジニア」を育成出来ていると感じています。

今後のビジョン

引き続き、「英語をツールとして扱うことのできるGeekなエンジニア」の育成に勤めます。
モチベーション向上のためにも、スピーチクラスを引き続き実施し、学習成果の発表が出来る機会をDMM英会話のレッスンと合わせて行っていきたいと考えています。

受講者様インタビュー
DMM英会話(英語学習)を始めた経緯、目的や目標

自分の世界を広げるために英語の勉強を始めました。

語学に興味があり、中国語と日本語が話せます。ただ英語に関しては、あまり話す機会がなく、思ったほど力を伸ばすことが出来ませんでした。そんな中会社でオンライン英会話を導入するということで、数年ぶりに英語学習を再開することが出来ました。

受講スタイル(頻度、時間帯、復習等)

ほとんど毎日受講しています。
平日は朝の8時くらいにオフィスでレッスンを受けていて、土日もきちんと受講しています。
使用教材は、始めの頃はDailyNews LITEを使っていたのですが、最近はDailyNewsを使っています。

成果・感想

文章の組み立てが苦手だったのですが、ここ数ヶ月、違和感なく文章で話すことが出来るようになりました。
社内でも日本語と英語を混ぜつつ会話をするようになり、仕事でも非常に役に立っています。
レッスンのサイクルを崩さないようにしっかりと取り組み、英語力の向上に日々精進したいと思います。