DMM英会話法人向けサービス

平日10:00〜19:0003-5797-8946

DMM英会話 法人プラン 法人セミナーレポート

過去のセミナーレポート一覧
元Google米国本社副社長兼日本法人代表取締役社長、村上憲郎氏に聞く、これからのグローバル人材とは? 2016年10月28日

元Google米国本社副社長兼日本法人代表取締役社長であり、現在は村上憲郎事務所 所長 兼 株式会社エナリス 会長を務める 村上 憲郎氏を迎え、 これからのグローバル人材について、採用や教育を含めてお話をお伺い致しました。

村上憲郎氏 プロフィール
村上憲郎事務所代表 前グーグル日本法人名誉会長 元グーグル米国本社副社長兼グーグル日本法人代表取締役社長

「今まで英語がなくても、日本語だけでしっかり仕事が出来ていたのに、なぜこの期に及んで英語を勉強しないといけないのか」
まずはそんな質問にお答えしたいと思います。
一言で言えば、グローバリゼーションの進展が無視できない程になってきたためです。

ではそもそも、グローバリゼーションとは何か?様々な意見がありますが
私はグローバリゼーションには3つの段階があると考えています。

グローバリゼーションの三段階

第一段階「インターナショナル組織(企業)」

国内で事業を行っているけれど、そろそろ製品を国外でも売っていこう、とか
あるいは、原材料が国内だけでは賄えなくなったので国外に調達に行こう、といった行動を数か国に渡って行っている組織のことをインターナショナル組織と呼んでいます。


第二段階「マルティナショナル組織(企業)」

そろそろ、製品を国外に輸出するだけでなく、国外に販売拠点を構えよう
原材料を調達するのに、調達部門の支部や工場を現地に設けよう
インターナショナル組織から、そのようなアクションへ移った組織が「マルティナショナル組織」となります。


第三段階「トランスナショナル組織(企業)」

マルティナショナルとかなり近いですが、本社機能が複数の国に渡っていること、その国で行うことが最も効率的なことをその国で行う組織、そんな企業をトランスナショナル組織と呼んでいます。
例えて言うなら、Sonyさんとかがそうですね。

この三段階の「トランスナショナル組織(企業)」まで達した組織のことを、「グローバル組織」と呼んでいます。

グローバル人材の三段階

では本題の、「グローバル人材」とは何か?
組織ではなく人材でも同じ三段階を踏むこととなります。


第一段階「インターナショナル人材

日本に留まりながら、必要に応じて国外で活動のできる社員。
ちょっと来週からNYに出張へ行ってくれないか?といわれて、すぐに行けるような人材


第二段階「マルティナショナル人材

海外拠点に数年赴任することをこなせる社員。赴任国の就労ビザを取得し、給料も現地法人から支給され、所得税・社会保障費も赴任国に納める。


第三段階「トランスナショナル人材

人生の各段階ごとに、複数の国へ滞在して育った人材のことを指します。
当然ながら、一例としては、次のような両親の計画と実行が必要です。
日本人でありながら、アメリカで子供を生み、米国籍を取得させ、初等教育まで受けさせて英語の基礎をネイティヴ並に習得させ、日本人としてのアイデンティティを養成するため中等教育は日本へ戻って受けさせ、大学はヨーロッパ、就職はシンガポール、起業するならシリコンバレーなど
人生において複数の国へステップを分けて教育しよう、成長させようという計画です。

我々は日系地球人である

このようにして育ったトランスナショナル人材に国境はありません。
地球全体が一つの国のように考えられる人、言い換えれば「地球人」なのです。
国籍はもちろん維持せざるを得ませんし、日系地球人、韓国系地球人など
引き継いでいる自分の文化的な背景に誇りを持つことも悪いことではありません。
ですが、日本人ではなく日系地球人である。そのような意識を持つことが非常に重要です。
完全なトランスナショナル人材には、大人になった今からではなることは出来ません。
しかし、そのような育ち方をしなかった人でも、日系地球人であるという意識を持つことは今からでも手遅れではありません。
その意識をきちんと持っていれば、グローバル人材なのです。

良い悪いは置いておいて、世界の公用語は英語となりました。
21世紀において何よりも大切なものは英語運用能力であります。
英語運用能力がないと、仕事はもちろん、国外でボランティアや慈善活動を行うにしても、かえって活動の足手まといとなります。

中学校の教科書を頭に入れ、英会話などのインタラクションを行いましょう

では、どのように英語運用能力を養えばいいのか。
中学英語レベルから怪しいです…という人は、まず中学の英語のテキストを探してきましょう。
そして、1日1時間、テキストについているCDを聞きながらCDの音をひたすら真似して音読しましょう。
覚えようなんて考えなくていいです。ひたすらオウム返しで良いのです。
1年も続ければ、繰り返した内容が頭の中で鳴るようになります。
学習開始時の英語レベルなどは関係ありません。

そして、中学のテキストが全て頭の中で鳴るようになれば、インターナショナル人材として必要な基本的な英語力が既に身についています。
この勉強法ではインタラクションが一切ないのでそれこそDMM英会話とか、実際の対話を行うのも、一人で出張へ行って帰ってくる力を身につけるために効果的ですね。

そして、高校レベル、大学レベルへと学習レベルを上げていくと次第に 「英語を勉強する」のではなく「英語で勉強する」段階へ移行します。
大学レベルの学問を「英語で勉強」し、その内容が頭の中で鳴るようになれば、もう英語はネイティブレベルであると言えます。

正直なところ、私の英語力は英検2級と準1級の間くらいです。謙遜はしていません。
それくらいのレベルでもGoogle米国本社の副社長が務まるんです。
ですので、マルティナショナルと定義した方々に必要な英語レベルは英検2級と準1級の間くらいである、と私の経験から言うことが出来ます。

グローバル採用のルール

最後に、グローバル採用のルールに関してお話致します。
グローバル採用を始める、すでに始めている企業も多いとは思いますが、絶対に意識しなくてはいけないことは
「年齢・性別・国籍・思想・家族構成など、個人の能力以外のことを聞いてはならない」

面接で聞いてはならないことを聞き、たとえそれが理由でなくとも、結果として落としたとなればアメリカでは1億円レベルの訴訟となります。
日本がグローバル採用を始めた時に、日本企業が軒並み1億円取られていくのではないかと非常に心配しています。
一体あなたは何ができるのか?」という部分、つまり能力を徹底して聞く面接を心がけてください。

このような面接に備えて、グローバル人材は、常に自分には何が出来るのかを点検しています。「出来ることリスト」を、日々増やし続けているのです。

終身雇用は既に崩壊しかけている

今の会社は次のステップへの踏み台です。
そんな会社への忠誠心がない社員はいらない!と思う人事の方もいるかもしれませんが、終身雇用はすでに崩壊しかけています。
先程も申し上げたとおり、グローバル人材は常に出来ることリストを増やそうとしています。
そのために自分の足腰を鍛えようと、必死で会社という神輿を担いでいるのです。
でないと、転職時の職務経歴書に「こういうことに関わって、こんな成果をあげました」と書けないですからね。
そんな社員が多くいる企業が、今後国際競争で生き残っていく企業へと成長していきます。

逆にいえば、今の会社に終身雇用されることだけを目指して、ひたすら忠誠を誓っているような社員は神輿を担ぐふりをしてぶら下がっているだけかもしれないのです。

人事担当者の皆さん、是非グローバルな人材の採用、そして教育に励んでください。 この度はありがとうございました。

-質疑応答-

Q:先程自分の英語レベルは英検2級と準1級の間であると仰っていましたが、それくらいのレベルでも英語を使って働くことができるのでしょうか?

A:英語での会議では、聞き取れなかった部分を再確認する”憲郎タイム”を設けていました(笑)
完全に分からなくても良いのです。
米国で育った子供達には未だに、「お父さんはLとRの聞き分けができていないし、発音もできてない」と指摘されます。「そんなとんでもない英語が通じているから不思議だ」と(笑)
けれどもそんな甘えももう通じない時代になってきました。
でもそんなこと言ったら社員さんも凹んでしまうと思うので、まずは中学校の教材が頭で鳴るようになればいいよ、と励ましてあげてください。



Q:人事で採用担当をしています。英語力以外に人を採用する上で見るべきところを教えてください。

A:最近、個性的な人を雇え!なんて言われますよね、それなら「まるで喪服のような真っ黒なリクルートスーツを着た奴は取るな!」とでも言わない限り、古い考えの人達は変わってくれません。
とんでもないような服を着て来た人のほうが、個性的で良いと思いましょう。



Q:エナリスの会長を務められているとのことですが、社員に対して国際人材になるための取り組み等は行っていますか?

A:エナリスは現在、東京オリンピックの先の第四次産業革命に繋がる電力システム改革を目指しています。
まだまだ国内で成長していく企業ですが、2020年代にエナリスが海外に出る時、その時の競争相手はAppleやGoogleであると社員たちに話をしています。
未だ5年あるので、とりあえずは、先程お話したとおり、中学の教科書をしっかり頭に入れなさいと伝えています。

次回セミナー詳細はこちら
過去のセミナーレポート一覧