このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.12.16

僕が教員を辞めて海外へ行く理由。IELTSスピーキングで8.0を取得した神田智史さん【ユーザーインタビュー#6】

DSC05942

神田 智史(かんだ さとし)

埼玉県立豊岡高校卒業⇒明治大学経営学部公共経営学科卒業⇒明治大学文学部英米学科科目等履修生コース修了。2011年より東京都立高校英語教員として勤務。2016年3月退職。現在はニュージーランドポリテクニックスクール進学へ向け準備。

教員という安定した職を辞め、海外にチャレンジ!

学生時代の悔しい経験をバネに自ら道を切り開くのは、英語職員として5年間勤務した後退職し、現在はニュージーランド留学に向けて準備中の神田智史さん。

英語の先生として働きながら、自らもオンライン英会話を中心に英語学習を続け、IELTS スピーキングセクションで日本人には難しいとされる8.0を取得。

元英語教員という立場から考える英語学習の本質や、継続する秘訣などについてたっぷりお話を聞くことができました。

★ただいま、DMM英会話会員様の中で「学校の先生(小中高、公立私立は問わない)」を探しています!教職についている、という方はこちらよりご連絡頂けますと幸いです。 

無気力学生から一変。変わる決意をした卒業式。

k-s-1

ー 本日はよろしくお願いします。神田さんは2016年の3月まで英語の教員をされていたということなんですが、もともと先生になるのが夢だったのですか?

いえ、高校生くらいまでは何もやりたいことがない無気力な学生だったんですよね。

昔は頑張らないのがかっこいいと勘違いしてて…。授業サボって抜け出して、放課後は何もしないでカラオケで遊ぶみたいなのがかっこいいと思っていたんです。でも高校を卒業するときに、勉強や部活を頑張った仲間が感極まって泣いている姿を見て、何も思い出を残していない僕は悔しかったんですよね。

そのときに、自分がやってきたことは全然かっこいいことじゃないんだっていうのに気づいて、「よし!大学では挽回してやろう!」と思ったんです。
ー 大学では具体的にどのようなことを頑張ったのですか?

勉強はもちろんですけど、サークル活動や学校の文化祭行事、あとは英語が好きだったので英語を使うボランティアをしたり、夏休みや冬休みを利用して短期留学に行ったり海外旅行に行ったりもしましたね。

他にも塾講師のアルバイトをしていたんですけど、1年ぐらいたったときに「これはやりたいことが初めて見つかったぞ!」ということで、本格的に教員の道を目指し始めました。
ー なるほど。塾講師をしていて、「英語教師になりたい」と思わせたものは何だったのですか?

塾での経験を通して、教えることの面白さにも気づけましたし、それよりも、中学高校くらいの下の世代の子たちと交流する中で、彼らが僕から学ぶこともあったと思うし、反対に僕が彼らから学んだり夢をもらうこともあって、影響力のある仕事だなと思えたんです。

10代の頃からぼんやりと何か社会に貢献できるような仕事がしたいと思っていたので、学校の教員なら、授業では好きな英語が教えられますし、それ以外でも学校行事や部活動に携わることができるので「これしかない」と思いましたね。

なぜ教員をやめて留学に?

k-s-abroad

ー たしかにこれまで出会った先生の中で、今の自分に少なからず影響を与えている先生っていますよね。今回なぜ教員を退職されて、ニュージーランドに留学する決意をしたのですか?

20代で海外に挑戦することで、自分自身を成長させることができると思ったのが一つです。

ニュージーランドは英語が公用語で経済も伸びてきていますし、移民や外国人、LGBTとかに対しても寛容な国で、そういったオープンな文化を持つ国に昔から興味があったんですよね。

あと一つは、都立の教育に対しての保守性ですね。正直に言うと、それに関しては働きだして以来ずっと疑問を持っていました。
ー 日本の教育については課題がたくさんあると思います。留学先ではどんな勉強をされるんですか?大学に進学されるのですか?

ニュージーランドには日本やアメリカにはないポリテクニックスクールっていう大学や大学院に行くまでの準備をするコースがあるので、そこに進学する予定です。

卒業後は、マーケティングに関する仕事、もしくは大学院に進みたいとおもっています!

毎日25分を続けることは誰でもできる。

k-s-online

ー 次にDMM英会話を始めたきっかけや、活用法について教えてください。

オンライン英会話自体はもう6〜7年続けています。

始めた当初はフィリピン人講師相手に話すオンライン英会話しかなかったのですが、海外に行くと、やっぱりその土地土地でアクセントも違うし、文化やライフスタイルも違うと思うので、色々な国の英語のアクセントを学んで、どういう生活をしているのか聞いてみたかったんですよね。

そういうときに世界中の講師と話せるDMM英会話に出会って、そこから約3年半くらい毎日レッスンを受けるようにしています。
ー オンライン英会話を始めたのは、やっぱりスピーキングを伸ばしたかったからですか?

スピーキングを伸ばしたい、というよりは趣味に近いですね。話すことがもともと好きですし、スピーキングがうまくなれば必然的にリーディングもリスニングも伸びていくと思っています。

勉強だと思ってやっていないのが、オンライン英会話を長く続けられている理由だと思いますね。
ー 継続できない人が多い中、学習者のみなさんが気になるのがモチベーションの維持だと思います。神田さんはどのようにしてライフスタイルの中にオンライン英会話を取り入れているんですか?

そうですねー。DMM英会話は基本的に24時間利用できて、場所を選ばずにどこでもレッスンを受けられるので、どんなに忙しい人でも毎日1レッスンは受けられると思います。

僕の場合は夜にレッスンを受けることが多いですけど、空港での待ち時間に Wi-Fi を使って話したこともありますし、「絶対に何時からどこで受ける」というようにルーティン化しない方がいいのかもしれないですね。もちろんこれは人によると思いますが、一番大事なのは「とりあえず続けること」なので、間違いなく。

スポーツと同じで1日休んでしまうと、感覚を取り戻すのに2日くらいかかるんですよ。なので、そこは継続してひたすらやっていました。1日に10時間とか詰め込むんじゃなくて、毎日1レッスン25分を1ヶ月続けるのは誰でも可能だと思うんですよね。無理せず楽しくっていうのを心がけてみてください。

短期間で IELTS スピーキングが伸びたワケ。

k-s-ielts2

ー 神田さんは IELTS のスピーキングセクションで、ネイティブか帰国子女じゃない限り難しいと言われているスコア 8.0 を取られたということですが、DMM英会話がどのように役立ったのかを聞かせてください。

IELTS 指導の上手なセルビアの先生がいて、その方には本当にお世話になりましたね!

IELTS のスクールに通うとなると数十万かかってしまうのですが、その先生は Skype 上でうまくインタビュー形式の練習をしてくれたりとか、スピーキングのコツなんかも教えてくれたおかげで、3~4ヶ月という短期間でスピーキングがずば抜けてよくなりました。本当に感謝しています!

IELTS-certificate
※IELTSスピーキングセクションで8.0を取得した際のサーティフィケイト

ー コツというと具体的に?

これは IELTS だけじゃなくて、英会話全般に言えることなんですけど、綺麗で完璧な英語を話す必要はなくて、文法のミスや発音を気にせずどんどん話すこと、そういう英語力よりも態度とか積極的なアプローチの方が重要なんですよね。

IELTS の面接官も人間だから何十人も面接していたら飽きてくるらしく、ユーモアや冗談を交えて「こいつ面白そうだな」って思わせることが重要だよって先生が教えてくれたので、実行してみたんです。そしたら本当にいいスコアが返ってきたので、英語力じゃなくてそういう積極的な態度が評価されたんじゃないのかと思います。スコアを見たときは本当に嬉しかったですね。

あとは普段のレッスンから、医療の話とか深い人生の話とか、先生と色んなトピックについて話す練習をしていたので、それも試験本番で生きたと思います。どんな話題をふられても、それなりの話ができるようになっていたので、自信を持つことができましたね!

 

英語の授業がきっかけで生徒が留学に。

k-s-class

ー 神田さんが英語の授業をしていく上で、DMM英会話が役に立ったことはありますか?

はい。様々ある英語の授業の中で少人数の英会話の授業があったのですが、そのときにスマホをプロジェクターに繋げて画面を黒板に投影させて、生徒たちも参加して一緒にオンラインレッスンを受けたことがあって、それはとても好評でしたね!

まず50分授業の前半を使って、「こういう表現を使うんだよ」というのをプリントを配って練習しておくんです。そして授業の後半で「じゃあそれを実践してみよう!」ということで、前もって打ち合わせしていたオンラインの講師と話す時間を生徒一人一人に与えてあげて、マイクとスピーカーを使って実際に英語を使ってコミュニケーションをとる授業をやりました。
ー すごい!臨場感があって楽しそうですね!私もそんな授業を受けてみたかったです!

そうですね。やっぱり僕と英語で話すのと外国人と話すのとでは全然違うと思いますし、外国の人と話した経験ってほとんど皆無だと思うので、すごい喜んでいましたね(笑)。

「英語が通じた」「英語で外国の人とコミュニケーションが取れた」という経験が何よりも英語学習のモチベーションにつながると思いますし、「もっと英語勉強しなきゃ」って感想を書いてくれる生徒も多かったので、大成功でした!
ー それをきっかけに海外や留学に興味を持ってくれた生徒さんもいるんじゃないですか?

実際に私のクラスから2人留学に興味を持ってくれて、一人はオーストラリアに行っていますし、もう一人は来年からアメリカに行くのが決まっています。

常々、英語の先生だけでなく担任としても「海外に行った方がいいよ」、「英語ができれば評価されるし、世界中の人と話せるし損はないよ」ということを生徒に言っていたので、それがいい刺激になったのかなと思います。

 

ゼロからのスタート。影響力のある人間に。

k-s-vison-hope

ー それでは今後のビジョンについて教えてください。

まずはニュージーランドでもう一度マーケティングを勉強して、その後は語学を生かしながら、今度需要がありそうな貿易業や日本の食べ物のプロモーション等に携われればと思っています。

それ以外では、教員として培った「人前で話す力、何かの魅力を伝える力」っていうのは必ず生きると思うので、講師として人前で話したりして、人にきっかけや勇気を与えられるような影響力のある人間になりたいですね。

そのためにもまずは海外で本気で頑張らないといけません。海外では英語を話せるのが当たり前ですから、またゼロからのスタートです。そこでいかに自分の魅力を発揮していけるかというのが大切だと思っています。
ー それでは最後に英語学習者やDMM英会話ユーザーへ向けて一言お願いいたします。

社会人の方も主婦の方も学生の方も、どんなに忙しくても、とにかく継続して勉強することが必要だと思います。

あとは、楽しむことですね!

1年、2年もすれば必ず楽しく英会話ができるようになると思うので、楽しみながら継続することを意識してみてください!

 

おわりに

いかがでしたか。

生徒に英語の楽しさ、英語の面白さを伝えながらも、誰よりも自分自身が英語を楽しむ。そうした姿勢や背中に、生徒さんは何かを感じとってくれたのかもしれませんね!

英語は一朝一夕に習得できるものではありませんが、継続する過程を楽しむことができれば、その道は決して苦しいものではないはずです。まずは毎日少しずつでいいので英語に触れてみてはいかがでしょうか。そして英語を使ってコミュニケーションをとってみましょう。

DMM英会話では無料の体験レッスンを受けることもできますので、英語習得への小さなきっかけとしてみてくださいね!


★ただいま、DMM英会話会員様の中で「学校の先生(小中高、公立私立は問わない)」を探しています!教職についている、という方はこちらよりご連絡頂けますと幸いです。

関連リンク

 

1レッスン124円で英会話!DMM英会話

関連記事一覧 この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

新着記事を見る