自動詞と他動詞を理解して、もうワンランク上の英語力を身につけよう

英語の「自動詞」と「他動詞」。「学校で習ったけどよく覚えていない」という方もけっこう多いのではないでしょうか。かくいう僕も、「動詞はとりあえず単語数をこなせばいいでしょ? そんな細かいことはあと」と、特に意識せずに英語学習を進めていました。 実際のところ日常会話で自動詞と他動詞を間違えて使っても、ネイティブの人はこちらの言いたいことはある程度理解してくれます。 ところがあるとき、自動詞と他動詞をしっかり理解することで、より正確に、より自然な英語の文章を作り伝えられることを知り、それからは両者を意識するようになりました。 そこで、自動詞と他動詞を間違えた時、ネイティブの人たちがどんな風に違和感を覚えるかを説明しつつ、自動詞と他動詞の違いを解説します。 今回は、ぜひ辞書を片手に読み進めてみてください。   自動詞と他動詞の前に知っておきたい目的語と前置詞 自動詞と他動詞の違いを知る前に、まず知っておきたいことがあります。 それは「目的語」と「前置詞」とは何かです。この2つをしっかり理解していないと自動詞と他動詞の違いを理解したり、使い分けることはできません。 目的語とは何か まず目的語とは「動詞の目的となる言葉」、つまり日本語の「何」「誰」にあたる言葉です。 例をあげれば、 "I watched a movie(私は映画を観た)" の "a movie" や、 "the dog is approaching you(その犬はあなたに近づいている)" の "you" が目的語です。 ちなみに「どこへ」「いつ」「どのくらい」などは目的語ではなく、副詞と呼ばれる修飾語です。 前置詞とは何か 前置詞とは、言葉と言葉を繋ぐ役割を持った接着剤のような言葉です。多少日本語と英語でニュアンスは違いますが、日本語の「て・に・を・は」に近い役割で動詞と目的語をつないでいます。 例えば "I live in Tokyo(私は東京に住んでいます)" の "in" は、「〜に」という意味で "I live" と "Tokyo" を繋いでます。 "I saw your mobile phone on the table(あなたの携帯電話を机の上で見ました)" の "on" … Continue reading 自動詞と他動詞を理解して、もうワンランク上の英語力を身につけよう