英語で音楽について話そう! 楽譜の読み方&音楽用語 in English♪

私たちの生活の一部となっている、音楽。 最近では、街を歩けばお店からBGMが聞こえてきたり、ストリートミュージシャンの演奏が常に聞こえてきます。電車の中を見渡してみると、たくさんの人がイヤフォンをつけています。 学生は学校で音楽の授業があったり、現代人が音楽に触れない日はないといっても過言ではないでしょう。そんな中、みなさんが英語で音楽についてお話しする機会もきっとあるはず。 音楽は世界共通言語だから音楽用語も一緒なのかな? 似ているのかな? と思う方もいると思いますが、実は私たちは「日本ならではの呼び方」で音楽用語を使っていることが多いです。 今回は日本語では知っているけれど、英語では意外と知らない「音楽用語」をいくつかご紹介いたします!   英語で楽譜を読んでみよう! 英語の「ドレミ」 日本で音階を言う際、一般的には【ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド】が使われていると思います。元々この言い方はイタリア語からきています。日本語では、【ハ・ニ・ホ・ヘ・ト・イ・ロ・ハ】も使われます。 それでは英語ではどのように表すのでしょうか? 英語で音階を言う際は【C・D・E・F・G・A・B・C】が使われます。 クラシック音楽をする際には、【ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド】が世界中で一般的に使われ、ポップス、またはジャズ音楽をする際には世界中で【C・D・E・F・G・A・B・C】が一般的に使われます。   ト音記号 “G clef” または “treble clef” が使われます。 ト音記号を見てみると、五線譜上でソ(G)の音のところから記号が書き始められているので “G clef” と言われます。 ヘ音記号 “F clef” または “bass clef” が使われます。 ト音記号と同じ理屈で、ヘ音記号は五線譜上でファ(F)の音のところから記号が書き始められているため “F clef” と言われます。   よく使う音楽用語 四分音符〜全音符など、同じ英語でもアメリカ英語とイギリス英語で音楽用語が大きく異なる場合があります。 日本語 英語 読み方 ト音記号 treble clef トレブルクレフ ヘ音記号 bass clef ベースクレフ 四分音符 quarter note(*1)(米) crotchet(英) クォーターノート … Continue reading 英語で音楽について話そう! 楽譜の読み方&音楽用語 in English♪