イギリスのフィッシュアンドチップスの歴史とレシピ|DMM World Food Journal

フィッシュアンドチップス

みなさんは「イギリス料理」といったら、どんな食べ物が思い浮かびますか?

多くの人が「フィッシュ・アンド・チップス」と言うかもしれないですね!

それではなぜこれがイギリスを代表とする食べ物となったのか、ご存知ですか?

なかなかそんなところまでは知らない、という人は多いはずです。

そこで今回は、フィッシュ・アンド・チップスの歴史と「これぞまさしく」という伝統的なレシピを紹介します。

筆者も試しに作ってみましたよ! その出来上がりは...記事の後半で!

フィッシュ・アンド・チップスとは

フィッシュアンドチップス

まず、「フィッシュ・アンド・チップス」とはどんな料理なのかを最初に見てみましょう。

フィッシュ・アンド・チップスとは、衣をつけて揚げた魚に、揚げたジャガイモを合わせたイギリスの料理です。主にタラ(cod)やモンツキダラ(haddock)という魚を揚げます。

モンツキダラは、日本ではなかなか見かけることはない魚ですが、タラと同じ種類です。同じ種類といっても違いはしっかりあり、タラのほうが弾力があると言われています。

地域差はあるものの、一般的にフィッシュ・アンド・チップスに使われる調味料は、塩やモルトビネガーです。そしてグリーンピースをつぶした mushy peas(マッシィー ピーズ)を付け合わせにします。

伝統的には、フィッシュ・アンド・チップスは油を吸い取るために新聞紙に包まれて渡されることが多かったのですが、近年は衛生面の観点からこの伝統はなくなってしまったそう。筆者は2006年から2017年の間イギリスに住んでいましたが、その期間中、新聞紙でフィッシュ・アンド・チップスを食べることはありませんでした。

2022年時点で、イギリスにあるフィッシュ・アンド・チップス専門店は10,500件。マクドナルドの店舗数は、イギリス国内で1,300件ほどです。このことからも、フィッシュ・アンド・チップスがどれだけ国民の生活に根づいた食べ物なのか、わかりやすいですね。

金曜日はフィッシュ・アンド・チップスの日!

日本では金曜日は「カレーの日」ということが多いですが、イギリスでは金曜日は「フィッシュ・アンド・チップス」の日です。(ちなみに、日曜日はローストの日。)

これはもともとは宗教的な慣習に基づくもの。経済的な歴史もありますが、シンプルにいうと金曜日は、イエス・キリストが磔(はりつけ)に処せられた日とされているため、カトリック教徒の人たちは金曜日は(温血動物の)肉を食べないのです。そして、冷血動物である魚は断食の日に食べても良いとされていたため、金曜日は魚の日、つまりのちにフィッシュ・アンド・チップスの日として定着したのです。

筆者が通っていたイギリスの大学の学食でも、金曜日は必ずフィッシュ・アンド・チップスがメインメニューとして用意されていました。

どこの国でも、特定の曜日を決まったメニューの日にするんですね!

フィッシュ・アンド・チップスの起源

フィッシュアンドチップス

フィッシュ・アンド・チップスの明確な起源は、残念ながらわかっていないそう。ただ、最初に揚げた魚とフライドポテトが合わさって1つのメニューになったのは1860年で、首都ロンドンかイングランド北西部のランカシャー地方(マンチェスター近郊)だったと言われています。

どちらも「最初にフィッシュ・アンド・チップスを発明した」と言っているので、いまだにこの論争は解決されていないそうです。

ただ、魚を揚げた料理についてはそれ以前から存在しており、17世紀頃にポルトガルかスペインから移住してきたユダヤ人によってロンドンに持ち込まれたと言われています。

さらには、第3代アメリカ合衆国大統領のThomas Jefferson(トーマス・ジェファソン)が、18世紀の終わりに「ユダヤ人スタイルで」揚げた魚を食べたとの記述が残っているうえ、イギリスの国民的作家のCharles Dickens(チャールズ・ディケンズ)作で1837年から1839年の間に執筆された「Oliver Twist」のなかでも、「fried-fish warehouse」という単語が登場しているんです!

またフライドポテトについては、ベルギーからの移民によって1830年代にイギリスに持ち込まれたそう。

この頃には1つの料理として確立されていたことがわかりますね。

そして、この頃のイギリスでは「産業革命」が起こっていました。産業革命によって漁業が効率的に行われるようになり、北海で水揚げされた白身魚が大量に手に入るようになったのです。白身魚が安く入手できるようになったことで、栄養価も高いフィッシュ・アンド・チップスは国民の生活に寄り添う料理になりました。

イギリス人にとって、とてつもなく重要な存在だったフィッシュ・アンド・チップスは、第一次世界大戦のときにも配給されるように手配され、これによってイギリスが勝利することができたとまで言われています。

第二次世界大戦のときにも配給を止めることはなく、第61代首相のWinston Churchill(ウィンストン・チャーチル)は、フィッシュ・アンド・チップスのことを good companion(良友)と呼んだそうですよ。

フィッシュ・アンド・チップス店で使う英語表現

ここでは、実際にイギリスのフィッシュ・アンド・チップス店に訪れた際に使える例文をご紹介していきます!

Shall we stop at the chippy around the corner? 
「角にあるフィッシュ・アンド・チップスショップに寄って行こうか?」

※chippyとは特に北アイルランドのUlsterという街発祥のスラングで、フィッシュ・アンド・チップスのお店のことです。

Would you like it with vinegar? 
「お酢はかけますか?」
Can I have one fish and chips with salt and vinegar, and one fish and chips with just vinegar?
「フィッシュ・アンド・チップスを1つは酢と塩で、もう1つは酢のみでお願いできますか?」
Could you add some mushy peas as well? 
「マッシュドピーズ(グリーンピースのマッシュ)も追加していただけますか?」

そして、フィッシュ・アンド・チップス店ではチップス(フライドポテト)は「scoop(スクープ)」という単位で計られます。一般的に1スクープが2人分です。

How much is a scoop of chips?
「1スクープはいくらですか?」
Can I just get half a scoop of chips please?
「ハーフ・スクープだけでお願いします」

これぞ伝統!フィッシュ・アンド・チップスのレシピ

今回は、イギリスの国営放送BBCが提供しているフィッシュ・アンド・チップスのレシピを参考にします。

【材料】(分量は2人分)

  • ひまわり油|1リットル
  • タラの切り身(約150g)|2枚
  • マリス・パイパー(イギリスでもっとも食べられているジャガイモの品種。日本では手に入らないので、男爵いもを使用するといいでしょう)
  • モルトビネガー|大さじ1
  • 小麦粉|75g
  • コーンスターチ|25g
  • ターメリック|1つまみ
  • ラガービール(炭酸水も可)|125g
  • キュウリのピクルス|4つ
  • ケイパー|大さじ1
  • エシャロット|1つ(玉ねぎ・ニンニクで代用可)
  • 刻みパセリ|適量
  • マヨネーズ|大さじ5

DMM英会話スタッフが作ってみた

今回フィッシュ・アンド・チップス作りに挑戦するのは、この記事の筆者、Mizuhoです。10年強もイギリスに住んでいたので、フィッシュ・アンド・チップスは、ソウルフードも同じ。「できないわけがない!」と意気込んで料理に取り掛かりました。

STEP 1

Cut the potatoes into chips and soak them in cold water for 5 minutes, then wash until the water runs clear. Place into a pan of cold water with a pinch of salt and 1 tablespoon of vinegar. Bring to a boil, then turn down the heat and simmer gently for 10 to 12 minutes until cooked through but not falling apart. Gently drain, then place the chips on a tray in a single layer and chill until needed. This can be prepared a day in advance.

ジャガイモはチップ状に切り、冷水に5分ほど浸し、水が透明になるまで洗う。冷水を張った鍋に入れ、塩ひとつまみと酢大さじ1を加える。沸騰したら火を弱め、10〜12分ほど煮込みます(煮崩れしない程度に)。水気を切り、トレイに並べ、必要なときまで冷やす。前日に準備することもできます。

切ったジャガイモ
火が均等に通るように、サイズを合わせてカットしました。

STEP 2

To make the tartar sauce, chop the cornichons, capers and shallot (finely chop if you prefer a smooth sauce), then combine them with the parsley, mayo and a pinch of salt. This can be kept chilled for up to 24 hours.

タルタルソースを作るには、ピクルス、ケーパー、エシャロットを刻み(滑らかなソースがお好みなら細かく刻む)、パセリ、マヨネーズ、塩ひとつまみと合わせる。24時間まで冷やしておくことができます。

タルタルソース

STEP 3

When you’re ready to fry, prepare the batter. Pour the flour and turmeric into a bowl with a pinch of salt, add the beer or soda water, then mix quickly until everything becomes creamy. Be careful not to mix it too much — a few lumps are fine. Keep this mix chilled.

揚げる準備ができたら、衣の準備をします。小麦粉とターメリックをボウルに入れ、塩をひとつまみ入れ、ビールまたは炭酸水を加え、全体がクリーム状になるまでさっくりと混ぜる。混ぜすぎに注意し、多少のダマがあってもよい。このミックスは冷やしておく。

衣

STEP 4

Pour the oil into a deep, wide pan like a wok, or heat a deep-fat fryer to 180 C. If using a pan or wok, ensure that it is no more than two-thirds full of oil. Test that the oil is up to temperature by adding a drop of batter. If it begins to fry the oil is hot enough, then use a slotted spoon to slowly add in the chips. Fry for 8 to 10 minutes, gently stirring occasionally until the chips are golden brown and crisp. Transfer them to kitchen paper(*) to drain.

中華鍋のような深くて広い鍋に油を注ぐか、揚げ鍋を180℃に加熱する。鍋や中華鍋を使用する場合は、油が3分の2以下になるようにする。衣を一滴垂らして、油の温度が上がっていることを確認する。揚がり始めたら、油は十分に熱いので、スプーンを使ってチップスをゆっくりと入れる。8~10分、時々軽くかき混ぜながら、チップスがきつね色になり、カリカリになるまで揚げる。キッチンペーパーに移し、水気を切る。

*イギリスではキッチンペーパーという表現が使われますが、アメリカ英語では「paper towel(ペーパータオル)」というのが一般的です。

揚げたポテト

STEP 5

Put a little flour into a dish, then bring the oil you used to cook the chips up to 185 C. If you don't have a thermometer, heat the oil until a drop of batter fries in less than a minute. Working quickly, coat the fish in flour, then dredge it through the batter. Hold the fillet above the batter to let the excess drip back into the bowl, then carefully lower it into the oil. Next, roll the fillet in flour and dip in batter a second time, if you want a crunchier coating. Fry the fish for about 4 minutes, turning once, until it turns a deep golden brown. Allow the fish to drain on some kitchen paper for a minute, then serve with the chips, tartar sauce, and plenty of salt and vinegar.

温度計がない場合は、一滴の衣が1分以内に揚がるまで油を加熱する。手早く、魚に小麦粉をつけ、衣にくぐらせる。衣の上に身を置いて、余分な衣をボウルに落とし、慎重に油の中に落とす。よりカリカリに仕上げたい場合は、小麦粉をまぶし、もう一度衣をつける。4分ほど揚げ、1度返し、濃いきつね色になるまで揚げる。キッチンペーパーの上で1分ほど水気を取り、チップス、タルタルソース、塩と酢をたっぷりかけてお召し上がりください。

挙げている魚
油は多いほうがいいよう。少なめにしたら、衣がうまく揚がらなかったです。
皿に盛り付けたフィッシュアンドチップス
完成!

イギリスといえば、フィッシュ・アンド・チップス!

最近では、日本でもフィッシュ・アンド・チップスのお店がみられるようになってきました。

みなさんも、金曜日にはぜひフィッシュ・アンド・チップスをビールとともに堪能してはいかがでしょうか?

英語はもちろん、世界は料理でも楽しむことができますよ!