ゲーム感覚で語彙を増強。TOEIC670点 → 950点までの道のりと今後の目標【ユーザーインタビュー Vol.15】

「TOEIC でようやく900点を達成しました!」

ある日、とある iKnow! ユーザーさんから嬉しいご報告を頂きました。過去にも一度ご紹介したことのあるユーザー chara さんは、iKnow! を中心に独学で TOEIC 対策を進め、2013年に670点だった TOEIC スコアを950点までスコアアップさせました。

現在はフィリピンにて日本語教師として活躍する chara さん。そんな彼女に出国直前の10月に、これまでの英語学習法や iKnow! の魅力、さらには今後の目標についてお話を伺うことができました。

『iKnow!』:脳の記憶メカニズムに沿って、記憶が定着するベストなタイミングで問題を出してくれる英単語学習アプリ。いつでもどこでも、「覚える・身につく・忘れない」英語学習方法をゲーム感覚で実践できる。DMM英会話の有料会員であれば、無料で利用可能。

 

英語力を測る尺度として TOEIC 対策をスタート

ー 今日はよろしくお願いします。はじめに、chara さんの簡単な自己紹介をお願いします。

ごく普通の一般人です(笑)。
前職は国際交流関係の団体に勤めていて、世界で日本語を教える仕事にも一部関わっていました。

その後、自身も日本語教師になりまして、10月末からフィリピンに渡り、現地の方に日本語を教えます。

 
ー ということは、その団体にいる時に英語に触れる機会があって、英語学習をスタートされたのでしょうか?

実は、その団体に勤める前に、趣味で英語の再勉強を始めていました。次第に英語が楽しくなってきて「英語を使える仕事を」と思い、その後、国際交流関係の団体に転職することにしたんです。

もともと学生時代は機械工学が専攻で、電機メーカーの研究所に勤めていました。当時は英語に触れる機会は少ない方だったと思います。

 
ー 理系だったんですね!
ちなみに、英語学習をスタートした時の英語力はどれくらいだったのでしょうか?

英語の再勉強を始めたときの TOEIC スコアは600点台、2014年に iKnow! を使い始めた頃は700点を超えたところでした。

 
ー それが今では950点だなんて、すごいですよね!
英語学習を再び始められてからは、TOEIC 対策が中心だったのでしょうか?

はい。ネットで「このメソッドでやったらこれくらい TOEIC スコアが伸びた」というページをよく見かけていたので、英語上達の尺度として TOEIC を使うことにしました。そこから「英語喋れたらいいなぁ」「もっと使えたらないいなぁ」と思うようになり、より勉強するようになりましたね。

また、4年ほど前から使っている オンラインで英会話の習熟度合いを測るにはどうしたらいいんだろうと思った時に、当時は TOEIC しか思い浮かばなかったので、TOEIC 対策を始めたという流れです。

※TOEICスコアの推移 2013年11月 670点 → 2017年6月 950点

 
ー 今後も TOEIC 学習は続けていくのですか?

そうですね。満点を目指してさらなるスコアアップを狙っていきたいです。TOEIC スコアが全てではないというのは理解しているんですけど、TOEIC にハマってしまって。なんだかスコアを上げることが義務みたいな感じになってしまっているんですよ(笑)。

 

ゲーム感覚で楽しく続けられる! iKnow! の魅力とは?

ー 英語教材は iKnow! とオンライン英会話以外にも何か使っていたのですか?

その2つだけですね。周りが勧めてくれる単語帳を試してみてもどうも長続きしなくて……。

iKnow! は単語力強化、オンライン英会話は会話力強化、という組み合わせで学習を進めていきました。

 
ー 具体的に iKnow! のどんなところが良かったのでしょうか?

楽しいので自然と毎日続けられるところですね。やることが全く苦ではなくて、電車の中でもゲーム感覚で気軽に英単語を覚えられます。

『TOEICコース』を中心に使っていましたが、スコアに合わせて『800点コース』『900点コース』と進めていくうちに、「あ、iKnow! で出会った単語が TOEIC の本番にもたくさん出る!」と気づけるようになり、ますます面白く感じるようになりました。

 
ー どんな人に iKnow! はオススメだと思いますか?

単語帳で勉強するのが苦手な人にはオススメですね。英単語が持つイメージと共に覚える人も多いと思うんですが、iKnow! はユニークな写真も一緒に出てくるので視覚的にもすごく効果的です。それと、ネイティブ発音が収録されているので、音がなんとなく頭の中に残っているんですよね。

もちろん、音だけで覚えてしまうと、どうしてもスペルはあやふやになってしまいがちだと思います。私は「s」-「c」や「e」-「i」が苦手なのですが、iKnow! はスペル問題もあり、ここで容赦なく「×」をつけられます。すると悔しい思いをするので、スペリングも自然と覚えることができるんですよ。あと、過去に間違えた問題を iKnow! が覚えてくれているので、ズボラな私でもしっかりと復習することができるんです。

あと、ゲームが好きな人にもぜひオススメしたいですね。クイズ形式なので飽きずに楽しく続けられますよ!

 
ー chara さんは主にスマホで学習されているのですか?

はい。でも最近、PCでも使えるということを知ったんですよ(笑)。

PC版だとタイピングもしやすいですし、機能も多いです。知った時には「なんて便利なんだ」と思いましたね。

 

次なる目標は正確さの追求と TOEIC 満点

ー ちなみに、今でも日常的に英語は勉強されているんですか?

今は日本語教育の勉強が忙しくなったのですが、英語も細々と続けていますよ。とある英語学習グループに参加していて、そこでは TOEIC 満点を目指して試験問題を解いたり、『多読チャレンジクラブ』というところでは多読にも挑戦しています。

やっぱり、学習仲間がいると違いますね。どんなレベルでも、TOEICで良いスコアを出した時はお互い讃え合えますし、自分自身が立てた学習目標を達成するために頑張って自分を追い込める環境というのは素晴らしいと思います。

 
ー 同じ目的・目標を持った仲間って大切ですよね!
今後の英語学習について、こうして行きたい!というようなビジョンはありますか?

次は「英語の正確さ」を追求したいですね。今でもなんとなく相手に通じる英語を話すことができますし、英会話の先生からも大丈夫だって言ってもらってるんですが、「仕事で使えるか」と聞かれれば、まだまだなので。

面と向かって話す場合は、ジェスチャーも組み合わせてノリでなんとかいけますが、深い話だとどうしても正確な英語じゃないと伝わらないんですよね。なので、「流暢さ」というよりは「正確さ」を追求していきたいです。

あと、単語力も上げていきたいですね。TOEIC の試験を受けると知らない単語が10個くらいあることも多くて……。文章のレベルが難しくなってくると、それに応じて登場する単語も難しくなってきますので、今後もボキャブラリーは身につけていく必要があるかなと思っています。

 
ー 毎日の英語学習の中で、モチベーションが下がってしまった時などはどうされていますか?

先ほどの英語学習グループの仲間も助けになりますし、iKnow! の「連続学習日数」を表示してくれる機能も良いですよね! サボって1日空けちゃうと「あ、またやっちゃった」ってショックを受けるんです(笑)。

あとはやっぱり意地ですよね。「毎日ちょっとはやる」と決めて、たとえキツイ日でも iKnow! を数分やる。そうした「ちょっとでもやったぞ」という積み重ねが大事だと思います。

 
ー それでは最後に、TOEIC 学習者含め、英語を勉強しているみなさんに一言メッセージをお願いいたします。

どんなステージへ進んでもボキャブラリーは大切です。

iKnow! であれば、ゲーム感覚で楽しみながら、段階的に新しい単語を身につけられるのでぜひやってみてくださいね!

 
ー ありがとうございました。

 

おわりに

まるでゲームのようにハマり、楽しみながら英単語を身につけられたという chara さん。

iKnow! で学んだ単語が TOEIC 本試験にも出てくるのを実感すると、ますます学習が面白くなっていった、というセリフが印象的でした。

そして、やはり何事も長く続ける上では「楽しみながら」という要素が大切なのだと気付かされました。日本へ戻ってきたら、ぜひ次はTOEIC満点を実現してくださいね!

 

iOSアプリをお使いの皆さんに朗報!デザインと一部機能が一新します!

iKnow! を iPhone / iPadからアプリでお使いのみなさ〜ん!

12月中に大きなアップデートがあり、デザインや機能が新しくなります!詳しくはまたブログにて解説いたしますので、お楽しみに!
順次、Androidアプリの方もアップデートを計画しています。PCからのユーザー様は、しばらくはそのままでお待ち下さいね・・・!

 

DMM英会話有料会員なら iKnow! が無料!

英単語学習アプリ iKnow! は、DMM英会話の有料会員であれば無料で使用することが可能です。

「iKnow! を知らなかった! 使ったことがなかった」という方もぜひ、日々の単語学習として iKnow! を使ってみてくださいね!

https://iknow.jp/