カナダの学生寮っていくら?留学前に押さえておきたい費用と注意点

念願叶ったカナダ留学。さまざまな国籍の友人を作ってカナダでの学生生活を満喫したい!と思う方は多いとおもいます。寝食を共にする学生寮であれば、学校で会うだけの関係よりももっと親しくなれるはずです。ここでは、カナダ留学でかかる寮の費用とその種類などをご紹介します。

学生寮の費用

カナダ留学でも人気のある都市別に紹介します。また、寮の費用には基本光熱費、水道代、インターネット代が含まれています。

1か月あたりの目安:食事無しの場合
バンクーバー

個室:1,000カナダドル〜
シェア:600カナダドル〜

カルガリー

個室:970カナダドル〜
シェア:750カナダドル〜

トロント

個室:800カナダドル〜
シェア:600カナダドル〜

モントリオール

個室:950カナダドル〜
シェア:675カナダドル〜

これらの金額はあくまでも目安です。価格の差は寮にもよりますし、エリアや留学する時期によってもだいぶ変わってきます。また、一人部屋かシェアか、食事付きか無しかでもその費用は変わってきますので、最新の情報を得るためにも、詳しくはエージェントか学校へ問い合わせるのがベターです。

学生寮の種類

ベッドルームスイートと呼ばれる、一人暮らしのアパートやマンションのようなもの。タウンハウスと呼ばれる、玄関だけは共有で、その他の部分はそれぞれ個室のもの。ドミトリーと呼ばれる、食堂やトイレ・バスルームなどが共有のもの。それから、比較的簡素な必要最低限のものだけがそろったホステル形式のレジデンス、ジムやプールが併設されたラグジュアリーなホテルタイプの寮など、カナダにはいろいろな種類の学生寮があります。

学生寮の申し込み方法

申し込み方法は、留学エージェントや現地エージェントに手配をお願いする方法と、自身が通う学校に直接問い合わせて申し込む方法があります。留学のハイシーズンになると人気のある学生寮はすぐに埋まってしまうこともあります。通う学校が決まったら早めに空きを確認しましょう。寮によっては、入居の際にキーデポジット(一時預かり金)やクリーニング代がかかる場合があります。

規則について

大まかなルール(ゴミや共用部分について)はあるかもしれませんが、細かな規則や門限はほぼないと考えて良いでしょう。ただし、友人や家族など寮に滞在していない人の訪問や飲酒・喫煙などの規則を設定しているところもありますので、事前に確認しておきましょう。

寮生活で注意するべきこと

細かいことを挙げればいろいろとありますが、日本に住んでいるときの感覚を変えた方が良いという意味で、重要なのは以下の2点です。

1. 鍵や貴重品などの管理

シェアメイトがどんなに良い人であっても、鍵や貴重品の取り扱いには十分に注意をしましょう。自分がその場を離れるときには、鍵のかかる場所に保管するか、携帯するクセをつけましょう。

2. 自分の意見をはっきりと伝える

海外では自分が何者でどんな考えをもっているのか、を主張することが重要です。また、回りくどい言い方やなんとなくの伝え方では、相手にしっかり伝えることはなかなか難しいものです。気まずくなるかもしれないと臆せずに、自分の意見をはっきりと伝えましょう。少しはっきり言いすぎたかな? とこちらが思っていても、相手は全く気にしていないケースが多いので安心してください。

最後に

さまざまな人種や国籍の人と同じ空間で過ごすことになるので、日本ではまかり通っていたことが通じない、どうしてこういう事が起こるのかわからない、といった事態は大小問わず経験する可能性はあります。

例えば、匂いのきつい食事をとるのが習慣なルームメイトのため、部屋にその匂いが常に充満している。相手のことを思いやる、または空気を察することをしてもらえず、嫌な気持ちになった。気にする騒音の度合いが異なりすぎて、何度言ってもわかってくれない。など、スムーズにいかないこともあるかもしれません。

嫌な思いもするかもしれませんが、その分かけがえのない仲間に出会う可能性が高いのが寮生活の魅力です。せっかく飛び込んだ新しい世界、自分らしく堂々とコミュニケーションを取り、充実した寮生活を送ってください。