オーストラリア留学にあると便利な持ち物リスト

オーストラリア留学に必要なものや、あったほうが便利な持ち物をまとめました。留学の準備の参考にしてください。

貴重品・重要書類


入国時に提示が必要になる場合もあるので、飛行機の手荷物で持ち込みます。重要な書類はコピーを取り、別で控えておきましょう。

パスポート

コピーを準備し、パスポートナンバーは手帳やスマホなど、いろいろなところに控えておきましょう。有効期限に注意してください。滞在期間プラス1年位余裕があるといいですね。

航空券

オーストラリアへは、片道の航空券のみでも入国できます。場合によっては審査が厳しくなることがありますが、ビザ有効期限までに出国する意思があり、帰りの航空券を購入する資金があれば大丈夫です。

帰りの日が決まっている短期留学の場合は、往復で航空券を購入しておいた方が安心かもしれません。Eチケットはプリントアウトして控えておきましょう。

ビザ許可証

学生ビザ、ワーホリビザは移民局から届いたビザ発給許可通知書をプリントアウトしておきましょう。入国の際提示する必要があります。3カ月以内の短期留学で学生ビザを取得しない場合は、ETASの申請をしておきましょう。

入学許可証

オーストラリアの場合、学校への入学が正式に許可されると入学許可証としてCOE(Confirmation of Enrolement)が送られてきます。入国時に提示を求められることもあるので、プリントアウトしておきましょう。

海外旅行保険の証書

学生ビザでオーストラリアに留学する場合、OSHC(Overseas Student Health Cover)という保険への加入が義務です。OSHCは携行品補償や損害賠償は対象外なので、海外旅行保険にも加入しておくとよいでしょう。

滞在先の住所、電話番号

滞在先のホテルやホームステイ先などの住所、電話番号、そして現地エージェントの連絡先や担当者の名前など、控えておきましょう。

国際免許証、運転免許証

運転できると行動範囲がぐんと広がります。オーストラリアは国土が広いので車社会でもあります。免許を持っている人は国際免許証を取得しておきましょう。運転時には日本の免許証も一緒に携帯しなければならないので、日本の運転免許証も忘れないでください。

残高証明書

ほぼ提示を求められることはありませんが、入国の際に何かトラブルが発生すると必要な場合があります。日本の銀行窓口で申し込めます。英文表記のものを用意しておきましょう。

現金・クレジットカード類

クレジットカード

オーストラリアではクレジットカード支払いが主流です。VISAかMasterCardを、最低一枚は持って行きましょう。JCBは使えない場所も多いので注意してください。身分証明書の代わりにもなります。

国際キャッシュカード

海外で、日本の口座預金を外貨換算して引き出せるキャッシュカード。1回ごとに手数料がかかりますが、現地支店、提携金融機関のATMで引き出せて便利です。事前に日本の銀行窓口で手続きしておく必要があります。

現金(オーストラリアドル)

高額な現金を持ち歩くのは危険です。当座のお金だけ両替して持って行きましょう。現地の空港でも両替できますが、営業時間に注意してください。

現金(日本円)

日本への帰国時に必要になるので、少し持っておきましょう。

電化製品・電子機器

ノートパソコン

課題作成やレポート提出に使うので、持って行くと勉強がはかどります。語学学校にも共用のパソコンはありますが、自分のノートパソコンがあれば家やカフェなど、どこでも作業ができます。変圧器なしでそのまま外国で使えるタイプかどうか、事前に確認しておきましょう。

スマートフォン

現地でも購入できますが、性能や値段を考えると、日本からSIMフリーかSIMロック解除済みのスマートフォンを持ち込むといいでしょう。

電子辞書

スマホアプリで代用してもいいですが、機能や語彙数など勉強のしやすさを考えると、電子辞書があるといいです。

デジカメ

スマートフォンで撮影できるので特に必要ありませんが、よりキレイに現地の風景や思い出を残すなら、性能のいいデジカメを持って行きたいですね。

変圧器と変換アダプター

オーストラリアの標準電圧は220-240Vです。日本国内用(100V)の電化製品を持って行くなら変圧器が必要です。その場合、プラグの形が日本と異なるOタイプなので、変換アダプターも用意しましょう。

医療用品・衛生用品

常備薬

医薬品の持ち込みは入国時に申告が必要です。個人使用であることが書かれた英語表記の処方箋、もしくは英文診断書を医師に書いてもらう必要があります。持病のある人はかかりつけ医に相談の上、英文の処方箋を書いてもらいましょう。持ち込み可能な量は、最大3カ月服用分までです。

コンタクトレンズとケア製品

コンタクトレンズは現地でも買える上、通販でも購入できます。ケア製品も現地のドラッグストアで購入できます。当座の分だけ用意しておくといいでしょう。

化粧品

現地調達でも充分ですが、日本製の化粧品はオーストラリアで購入すると高くつきます。日本製の愛用ブランドなどあったら持って行くといいでしょう。オーストラリアは日本と比べると湿気が少なく乾燥しているので、保湿成分の入ったものがおすすめです。

日焼け止め

紫外線の強いオーストラリアでは、日焼け止めが必須です。現地調達でもいいですが、肌の弱い人は使い慣れたものが安心ですね。

マスク

オーストラリアではマスクを使う人が少なく、街中でもほとんど売っていません。よく使う人は持って行くといいでしょう。

勉強道具

文房具

現地でも調達できますが、すべて揃えようとすると意外と高くつきます。ふだん使っているものをそのまま持って行くとよいでしょう。ノートやボールペン、蛍光ペン、シャープペン、付箋、修正テープ、はさみなど文具一式をケースに入れておきましょう。

日本語の英語参考書

現地で調達できないものとして、日本語の英語参考書があります。細かい文法の理解などの助けになります。

生活用品編

歯ブラシ、歯磨き粉

オーストラリアの歯ブラシはサイズが大きいです。ヘッドが小さく繊細な歯ブラシに使い慣れている人は、日本から持って行きましょう。

シャンプー、石鹸

現地でも調達できますが、使い慣れたものがいい人は持参しましょう。

洗濯ネット

オーストラリアの洗濯機はパワーが強力で、衣類が傷みやすいです。洗濯ネットをいくつか持って行きましょう。

生理用品

現地でも種類が豊富にそろっています。肌が弱くて不安な人は使い慣れたものを少し持って行き、以降は送ってもらうか、現地で自分に合うものを探すと良いでしょう。

ポケットティッシュ

現地でも購入できますが高くつきます。持ち歩くのに便利なので、持って行くと重宝します。

つめ切り

現地でも買えますが、はさみタイプのものが多いので、日本から持って行った方がいいでしょう。

衣類


オーストラリアは熱帯雨林気候から温帯性気候まで、エリアによって気候が異なります。滞在先や行く時期を考えて、持って行く服を選びましょう。洗濯で痛むので、あまり高価なものは持って行かない方がよさそうです。流行や現地でのスタイルもあるので、最低限持って行けばいいでしょう。

下着

特に女性の方、現地でサイズの合うブラジャーを見つけるのは難しいです。日本で買ったものを持参しましょう。

タイツ、ストッキング

フォーマルな場で必要になることもあります。日本製が質・値段共に良いので、少し持って行くといいでしょう。

ビーチサンダル

海で使うだけでなく、シャワーを浴びるときに履くという意見もありました。スリッパ代わりとして室内履きにも使えます。

水着

現地でも購入できますが、ワイヤー入りの水着などが良ければ現地ではあまり売られていないので、日本で用意しておきましょう。

帽子、サングラス

陽射しが強いので、紫外線対策に持って行きましょう。現地の物は合うサイズが見つかりにくいので、愛用品を持参するか、持っていない人は日本で合うものを探して買っておくといいでしょう。

足の小さい人は特に、現地では合うサイズが見つけにくいのでご注意を。歩きやすいスニーカーとサンダルがあれば充分です。日本と比べてハイヒールを履く人はあまり多くありません。

上着(カーディガン、パーカーなど)

夏場でも涼しい日や、クーラーが効きすぎていることがあります。羽織って調節できるものがあるといいでしょう。

Tシャツ(長袖、半袖両方)

Tシャツを数着持っていき、使い古したら捨てて帰れば身軽です。足りないものは現地で買い足しましょう。

ジャケット、コート

南国のイメージが強いオーストラリアですが、エリアや時期によっては寒いこともあります。自分の行く場所・時期を確認して必要であれば持って行きましょう。

その他

日本食

大きな都市では日本食も買えますが、インスタント味噌汁、緑茶のティーパックなど、少し持って行くと、食べ慣れた味にホッとします。

折り紙

鶴を折ってプレゼントすると喜ばれ、コミュニケーションのきっかけにもなります。和紙や和柄の入った日本らしいものがよさそうです。鶴以外にもいろいろな折り方をマスターしておくと楽しいですね。

筆ペン

これで、知り合った人の名前を漢字で書いてあげるととても喜ばれます。ボールペンで書いてもいいですが、やはり筆ペンで書くと日本らしさが違います。日本の漢字を紹介するきっかけにもなるでしょう。

おわりに

オーストラリア留学に持参するべき持ち物をお伝えしてきましたが、留学のエリアや目的によって、必要なものは変わります。こちらの持ち物リストを参考に、自分の留学生活をイメージしながら必要なものを考えてみましょう。

しっかり準備して、楽しい留学生活を送ってくださいね!