【オーストラリア留学】おすすめの都市って?

雄大な国土に豊かな大自然が広がるオーストラリア。治安面でも安心で、学校のレベルが高いことから留学先として常に人気です。

オーストラリアは日本の国土の22倍もの広さがあり、地域ごとに気候も文化も様々です。この記事では、オーストラリアの留学先として人気の都市6つと、それぞれの特性、おすすめのポイントを紹介していきます。

移民が多く、多種多様な文化が混在するオーストラリア。英語の習得はもちろん、多くの人の考えや価値観に触れて刺激を受ける留学生活を送れそうです。

ぜひ自分の興味や求めるものに合った都市を滞在先に選んで、留学生活を充実させてください!

シドニー


オーストラリアのみならず、南半球最大の都市であるシドニー。人口は500万人を突破し、今後も増えていくと予想されています。

オーストラリアの経済・金融の中心地で、オフィス街や銀行本店が林立する商業地域のある一方で、国際的な観光都市でもあります。港に突き出すような景観のシドニー・オペラハウスや、ハーバーブリッジから一望するシドニーの夜景など、都市と自然の織り成す美しい風景が広がっています。

物価や家賃は高いですが、語学学校が多いので、リーズナブルな所も見つかる上、コースの種類も豊富です。自分に合った学校が見つけやすいでしょう。

メルボルン


オーストラリアで二番目に大きな都市メルボルン。

「世界で最も住みやすい都市」に5年連続ランクイン。街中には450以上の公園があることから「公園の都」とも呼ばれ、都市でありながら緑が多く過ごしやすい街です。

カフェ文化が浸透しており、メルボルンの人はおいしいコーヒーが大好き。オーストラリアの語学学校にはバリスタコースがあるところが多く、メルボルンは特にバリスタを目指す人に人気です。

ビクトリア朝の重厚な建築物が残り、博物館や美術館、ギャラリーが数多く存在する、歴史と文化の香りがする街です。オーストラリアで一番ヨーロッパのような雰囲気があります。休日はカフェで読書をしたり、ギャラリー巡りをして過ごしたくなります。

街の規模が大きいので、語学学校の数も多く、値段もリーズナブルな学校が見つかります。シドニーと並ぶ多国籍さです。

ブリスベン


オーストラリア第三の都市。ブリスベン川周辺に栄えた川の街で、公園や街路樹の緑が多いことから「水と緑の都」と呼ばれています。川沿いは、散歩やジョギング、サイクリングをして過ごす人の姿で賑わいを見せています。

ビジネス街の中心部から少し離れると、大自然が広がっています。世界で最も大きくて古いコアラの保護区であるローンパイン・コアラ・サンクチュアリもブリスベンの観光地として人気です。

大都市のシドニーやメルボルンと比べると、物価や家賃が安く、街の規模がほどよいので、勉強に集中したい人によい環境です。

ケアンズ


年間を通して暖かい気候のケアンズ。真っ青な美しい海にサンゴ礁が広がる世界自然遺産・グレートバリアリーフの玄関口です。グレートバリアリーフの小さな島々やリーフに向けて毎日クルーズが出港しており観光地として賑わっています。内陸部は熱帯雨林生い茂る国立公園などがあり、大自然の魅力を思いっきり体感できる場所です。

南国らしいのんびりした雰囲気で人もおおらか。都会より田舎暮らしが好きな人、マリンアクティビティが好きな人に向いている都市です。

パース


「暮らしやすい街」として常に世界トップクラスの人気を誇る街。シティの中心部はコンパクトにまとまっています。観光客も多いですが、周辺に大きな都市もないため、ほどよい賑わいで過ごしやすいです。

郊外へ足を伸ばせば、ワイナリーや美しいビーチ、砂丘や奇岩などのダイナミックな自然が広がっています。週末は郊外へ行き自然を満喫するライフスタイルを楽しむ人が多いようです。

語学学校の数は都市部に比べると劣りますが、授業の質が高いと評判の学校も多く、落ち着いた環境で学びたい人におすすめしたい場所です。

ゴールドコースト

約57キロの美しい海岸線が続くオーストラリア屈指のリゾート地です。サーフィンやダイビングなどマリンスポーツをする人に大人気で、海のあるライフスタイルを送りながら勉強したい人におすすめ。

ゴールドコーストには観光学などのコースで優れた学校があります。また語学だけでなく、スキューバーダイビングやヨガの資格を取りたい人にもふさわしい土地でしょう。

一年のうち300日は晴天と言われており、過ごしやすい場所です。

まとめ

気になる都市はありましたか?

留学先でどんな生活をしたいのか、何を学びたいのか、どんな風景を見たいのか、自分と向き合いながらじっくりと考えて、ふさわしい都市を選んでください。

あなたのオーストラリアでの留学生活が、楽しいものになりますように!