セブ留学生の口コミを集めてみた!セブに来たら行って欲しい人気クラブ3選

こんにちは。
セブに来てクラブにハマってしまいました、そうま(@Soh0806)です。

フィリピン・セブ島の人たちの気質は、陽気で楽観的。そのため、『飲んで踊って楽しく休みを過ごそう!』という人たちがたくさんいます。そんな彼らが愛してやまないのがクラブです。

日本ではクラブなどまったく縁のなかった私ですが、セブに来てクラブを好きになるとは夢にも思いませんでした(笑)。

私自身が行った経験と、まわりの留学生の友人からの口コミも集めて、特にオススメできるセブのクラブ3選とクラブでの過ごし方をご紹介します。

※ 1ペソ=2.3円で計算しています。

 

クラブに行く前に抑えておきたいポイント4つ

⑴料金について

クラブには、エントランス料と都度注文するドリンク料、テーブル席やVIP席のチャージ料があります。

それぞれ金額はクラブによって異なりますが、チャージ料については、ドリンクや食事などの飲食代金が含まれています。

たとえば、4000ペソのテーブルをチャージすれば、その金額分のオーダーをすることができます。もしある程度人数がいて、お酒や食べ物もオーダーする予定なら、チャージ料を支払って席を確保しておくと良いでしょう。

また、お金に余裕があれば、VIP席を確保しておけばDJサイドの最前列なので盛り上がりますし、踊りに行くときに移動する手間を省くことができます。

<ココはチェック!>
席は予約できます! もし大人数で行くなら、事前に電話してテーブル席orVIP席をあらかじめ確保しておきましょう。各Facebookページからもメッセージで予約できますよ。もちろん英語になりますが、頑張ってトライしてみてください!

 

⑵時間帯の目安

一番盛り上がる時間帯は、深夜23時〜2時頃です。留学生は門限がある学校だとアウトですね...。

クラブによっては、夜8時から開いているところもありますが、ほとんど人はいなくガラッとしています。なので、夕方に少し仮眠して夜23時頃に寮やホテルを出発すれば、ベストな時間帯に行くことができます!

 

⑶ドレスコードについて

基本的に、サンダル、短パン、タンクトップ、ボロボロな服装はNGです。セブの日常的なラフな服装では入れません。女性はワンピース、男性はロングパンツなど、それなりにオシャレして行きましょう!(エントランス料無料なクラブだと、ドレスコードがない所もあります)

<ココはチェック!>
エントランスにいるガードマンに、全力で「今回だけ、見逃して!」と頼み込めば、通してくれる場合があります(英語で I'm sorry, please forgive me./ゴメン、許して! と伝える)。

しかし、最近は規制が厳しくなっていて、わざわざ近くで洋服を買う羽目になった友人もいたので、事前に準備しておくと良いでしょう。

 

⑷貴重品の管理にはくれぐれもご注意を

クラブには、極力軽装備で。大きなカバンは持って行ってはいけません。私は留学最後の月にクラブで財布を盗まれ大変な思いをしました(これから紹介するクラブではありません)。

最小限の荷物に抑えるために、必要な現金だけ持って行く。財布や携帯もすられる可能性があるので寮に置いておくなどの対策をしておきましょう。グループで行く場合は、代表して誰かに貴重品を持ってもらう、お金はまとめて1人が払い、後日清算するなどしておくと、クラブ内でも安心して過ごすことができます。

また、優しく、お金を持っている日本人は特にモテます。ナンパの延長で、くれぐれも外にはついて行かないように…。

では、おすすめクラブ3つを紹介します!

 

 

セブで一番人気のクラブ!?新ジュリアナの『OQTAGON/オクタゴン』

オクタゴンは2017年5月にできた新しいクラブで、施設も綺麗で広さも十分あります。かつてセブの有名な歓楽街・マンゴーストリートにあったクラブ「ジュリアナ」が移転し生まれ変わったのがオクタゴンです。

音響・演出などとても質の良いものが提供されています。また、セブのみならず海外からもDJを招待し定期的にイベントを開催しています。

OQTAGONの場所

場所はわかりづらいですが、マクタン方面、SMモールの近く、通りにジョリビーなどがあります。最近ではオクタゴンの認知度は上がっているので、ほとんどのタクシードライバーに「オクタゴン」と伝えれば連れて行ってくれます。

 OQTAGONの特徴

施設

できたばかりなので、ステージ、テーブル、トイレなども非常に清潔です。ダンスフロアもスペースが十分に確保されているので、踊りやすく、たくさんの人たちと一緒に楽しむことができます。

客層

韓国人オーナーのため、6〜7割が韓国人。あとは日本人、欧米人、フィリピン人。

価格帯

テーブル席(1500ペソ)はなるべくダンスフロアに近い場所をとっておくと良いです。また、事前予約をすればバースデーサプライズ演出もしてくれます。

VIP席(平日4000ペソ、週末は6000ペソ)はゆったりとしたソファー席を確保できますが、値段は少々高めなので、大人数で行くときなどに検討しましょう。

総評

オクタゴンは、今やセブ1の人気を誇るスーパークラブ! 箱の大きさ・演出・音の質・曲選・価格帯・安全面でも安心して利用することができます。最近では外国人だけでなくフィリピン人も利用するようになってきていて、セブ全土での認知度が上がり連日たくさんのお客さんで賑わっています。

OQTAGONの店舗情報

営業時間:21:00〜7:00(毎日営業)

場所:6014 マンダウエ Meerea High Street, Ouano Avenue, North Reclamation Area
アクセスタクシーでSMモール付近にあるオクタゴンへ直接行く

価格エントランス料:男性200P、女性100P テーブル席:1500P VIP席:平日4000P 土日6000P

FBページ:https://www.facebook.com/oqtagonph/

 

 

上流なフィリピン人が集う『LIV SUPER CLUB/リブスーパークラブ』

LIV SUPER CLUB/リブスーパークラブ(以下リブ)は、高級感あるクラブで、フィリピン人のなかでも中流階級以上が多く利用しています。その点、セブではじめてクラブに挑戦する方も安心して利用できると思います。

リブはこれまでセブ1の人気と知名度を誇るクラブでしたが、最近ではオクタゴンの影響で少しずつお客さんの数が減っています…。

とはいえ、熱烈なファンや、リブ独特のイベントの開催により、多くの外国人やフィリピン人に愛されていることは変わりません。

LIVの場所

パークモールの裏側にあるシティタイムズスクエア内に位置しています。近くにはレストラン・マッサージ・カラオケなどもあるので、クラブに飽きたらすぐに移動することもできます。

LIVの特徴

施設

2014年にオープンしたばかりなので、全体としてはまだまだ綺麗な状態です。ただトイレは結構汚かった…(アリが便器についていたり、鏡が水アカでぜんぜん見えない)。

また、リブの特徴としてダンスフロアが異常に狭いというのがあります。たくさんの人と一緒に踊りたい、という人には向かないかもしれません。逆に言えば、踊りが苦手な人でもまわりの勢いに任せて飛び跳ねるだけで済むので、それなりに楽しむことができます。ただ、背の低い人は要注意。窒息死しかねません(笑)。適度に休憩をはさみましょう。

客層

リッチなフィリピン人・欧米人が6割くらい。韓国人・日本人が残りを占める。

価格帯

VIP席は8人がけで5000ペソ。テーブル席は2500ペソ〜。4人がけになっていますが、それ以上の人数でも利用できます。リブでもバースデーサプライズ演出があるようです。

またエントランス料が土曜日は300ペソとなっていて、ほかのクラブよりも高く設定されています(これでも700円程度ですが)。

総評

オクタゴンと比べ、リブはダンスフロアのスペースが狭い、金額が100ペソ高い、しかもワンドリンクサービスもないのでコスパとしてはそんなに良くないと思います。

しかしクラブに行き慣れた人たちが言うには、リブは光の演出やDJの腕、音の質がオクタゴンよりも良いらしいです。正直、素人の私は全然わかりません(笑)。そういう意味では、リブは本格派のお客さん向けと言えるでしょう。

LIVの店舗情報

営業時間:20:30〜5:00(水曜日〜土曜日のみ営業)

場所:6014 マンダウエCity Time Square, A108, Mandaue City
アクセスタクシーでパークモール付近、シティスクエアにあるリブへ

価格エントランス料:土曜300P、金曜200P、それ以外はフリー テーブル席:2500P VIP席:5000P

FBページ:https://www.facebook.com/LIVSuperClubPH/

 

 

地元人で人気沸騰中の『ICON/アイコン』

オクタゴン同様、韓国人オーナーのクラブです。留学生・観光客・地元のフィリピン人をターゲットにプロモーションを数多く展開し、2016年のオープン以来、着実に人気が高まっています。

価格帯も非常にリーズナブルで、地元の人たちが利用しやすい配慮がなされています。現地の友達をゲットするならアイコンがおすすめです!

ICONの場所

アイコンはマボロという地域に位置し、アヤラモール、ITパーク、キャッスルピーク、サロッサホテルの近くにありアクセス面が非常に便利です。特に留学生は利用しやすいクラブかと思います。

ただ、周辺は人通りが少なく深夜営業しているお店などもほぼないので、夜はくれぐれも気をつけてください。

ICONの特徴

施設

昨年オープンしたばかりなので、施設自体はまだまだ綺麗です。また、オクタゴンとリブが縦長の造りなのに対してアイコンは横長です。ダンスフロアもかなり広く、テーブル席がすぐ近くにあるので、どの席でも踊りやすい構造になっています。ちなみにニ階もあり、そこでも踊るスペースが確保されています。

客層

フィリピン人・韓国人・日本人・欧米人バランスよくいる印象です。

価格帯

エントランス料が100ペソと安いです! VIP席は4000ペソ、テーブル席は2人利用で750ペソです。基本4人利用で1500ペソというのが多いので、2人で行っても手軽に利用できるのはありがたいですね。

総評

多国籍な客層で賑わうアイコンは、価格帯も安いので気軽な気持ちでサクッと楽しみたい時にぴったりなクラブかと思います。近くに日本人が多くいるコンドミニアム・ホテルもあるせいか、スタッフも日本人慣れしています(結構日本語話してきます)。

Facebookページをフォローしておくと、お得なプロモ情報・クーポンなども配信されるので行く前にはチェックしておくといいですよ♪

ICONの店舗情報

営業時間:20:00〜5:00(毎日営業)

場所:6000 セブ lot 6. f cabahug st. brgy. kasambagan mabolo cebu city
アクセスタクシーでキャッスルピーク付近にあるアイコンへ、ジプニーも可能

価格エントランス料:100P テーブル席:1500P VIP席:3000P

FBページ:https://www.facebook.com/ClubICONCebu/

 

まとめ

以上、セブ島で特にオススメのクラブ3選でした。どれもハズレなし! 全制覇して楽しいセブのナイトライフを送ってください♪

基本的にグループで行動すれば危ない目にはあいませんが、飲み過ぎ&浮かれ過ぎにはくれぐれも注意して楽しんでくださいね。