フィリピン留学にクレジットカードを持って行くメリットと注意点を解説

フィリピン留学前には、「フィリピンでクレジットカードは使える?」「クレジットカードを持っていないと困る?」という疑問があると思います。

フィリピンではホテルやショッピングモールなどでクレジットカードが使えます。ただし、小さなお店ではクレジットカード決済に対応していないことが多いため、クレジットカードと現金の両方も持って行くようにしましょう。

フィリピン留学の際にクレジットカードを持って行くと、現地通貨の引き落としができたり、ケガや病気に遭った際に補償される海外旅行保険が付いていたりするため、クレジットカードを持って行った方が良いです。

今回は、フィリピン留学にクレジットカードを持って行くメリットと注意点を解説して、おすすめのクレジットカードを紹介します。

フィリピン留学にクレジットカードを持って行くメリット

海外キャッシングで現金を引き出せる

クレジットカードには海外のATMで現金を引き出せる「海外キャッシング機能」があります。海外キャッシングは下記のマークが記載されているATMで利用できます。

  • VISA
  • PLUS
  • Cirrus

フィリピン留学には、食費、交通費、娯楽費で1ヶ月に約4万円の生活費がかかります。フィリピンでの食費は1食あたり約200円~500円(月30,000円)、週末に買い物したり海でダイビング(1回あたり約5,000円)をしたり、生活費は月4万円で想定しておくと良いでしょう。

他にも急な出費が発生する可能性を考えると、ATMですぐに現金を引き出せるクレジットカードを持っておくと安心です。

海外キャッシングは手数料が安い

海外キャッシングの他にも、現地通貨を手に入れる方法として「国際キャッシュカードでの引き落とし」「空港や銀行での両替」があります。クレジットカードの海外キャッシングは、支払日までの日数分に金利がかかりますが、国際キャッシュカードと比較して手数料が安いです。

現金入手方法両替
海外キャッシング191円(30日後に返済)
国際キャッシュカード約500円

海外キャッシングはお金を借りるサービスなので返済するまで金利手数料がかかります。一般的なクレジットカードの海外キャッシング手数料は年率18.0%です。例えば年率18.0%のクレジットカードで10,000円を引き出した場合、手数料は191円です。
※引き出し日から30日後に返済した場合

国際キャッシュカードで10,000円引き出した際の手数料は約500円(引き出し金額の5%程度)です。海外キャッシングは国際キャッシュカードよりも手数料が安いことがわかります。

さらに、海外キャッシングは為替レートが優遇されています。空港やホテルの両替では為替レートが悪く、現地での両替よりお得になることもあります。

海外旅行保険が付帯している

クレジットカードによっては海外で病気やケガに遭った際の医療費が補償される「海外旅行保険」が付帯されています。旅行だけではなく留学時にも適用され、一般的に海外旅行保険では下記の表の6つが補償されます。

補償内容補償の説明
障害死亡・後遺障害偶発的な事故が原因で死亡した場合、もしくは後遺障害が発生した場合に補償される
傷害治療費用ケガによる手術費や入院費、病院までの交通費が補償される
疾病治療費用病気による手術費や入院費、病院までの交通費が補償される
損害責任偶発的な事故で他人の持ち物を壊したときに補償される
救援者費用旅行者の病気に駆けつける家族の交通費、遭難などの捜索にかかる費用が補償される
携行品損害所持品が盗難に遭ったり、故障したりしたときに補償される

フィリピンでは下記のような感染症やウイルスがあるため、海外旅行保険はあった方が良いです。病気にかかった際には「疾病治療費用」で手術費や入院費が補償されます。

  • 食中毒
  • デング熱
  • コレラ
  • マラリア

海外旅行保険はクレジットカードを持っているだけで適用される「自動付帯」と、留学や旅行時の航空券をクレジットカードで購入することで適用される「利用付帯」があります。何も気にすることなく留学中に保険が適用される自動付帯のクレジットカードを作ると良いでしょう。

ほとんどのクレジットカードでは出国してから90日間が海外旅行保険の適用期間となっています。一度帰国すると保険の適用期間がリセットされて再度90日間適用されるため、フィリピンでの滞在期間が90日を超えるようであれば一度帰国することで永続的に補償を受けられます。

クレジットカードの付帯保険の他にも、保険会社が提供している海外旅行保険もあります。保険会社の海外旅行保険は半年や1年などの長期プランがあるため、90日以上の長期留学で途中帰国が難しい場合は保険会社の海外旅行保険に加入しましょう。

クレジットカードは現金を持ち歩くよりも安全

現金を持ち歩いて財布を盗まれてしまった場合、フィリピンでは警察に被害届を出しても財布が返ってくる可能性は低く、泣き寝入りするしかありません。

クレジットカードなら紛失したときにカード会社に連絡することで利用停止にできます。万が一、不正利用された場合にもクレジットカードの「盗難保険」で補償されるため、クレジットカードと現金を併せて持つ方が現金のみを持ち歩くよりも安全だと言えます。

クレジットカードを紛失した際にすぐ連絡できるよう、クレジットカード裏面に記載されているカード会社の電話番号を事前にメモしておきましょう。

フィリピンでクレジットカードを使う際の注意点

クレジットカード決済に対応していないお店もある

フィリピンの小さいお店ではクレジットカード決済に対応していないことが多いです。また、一定額以上の支払いでのみクレジットカード決済できるお店もあるため、現金は常に持ち歩きましょう。クレジットカードが使えなかったときのために、現金で2,000ペソ(約4,000円)程度を持っておけば、飲食店や小さな買い物の支払いで困ることはないです。

フィリピンではクレジットカード支払いの際、パスポートなどの身分証明書の提出を求められることがあります。また、決済時はサインではなくPINコード(クレジットカードの暗証番号)の入力を求められる場合があるので、留学前には暗証番号を確認しておきましょう。

クレジットカード決済後はレシートを必ずチェックする

店員のミスなどにより、商品を1つ購入したのに2つ分の金額で決済(二重請求)されることがあります。クレジットカードで支払いをしたらレシートを確認して金額が正しいか必ずチェックしましょう。

クレジットカードで支払いをしたレシートは捨てずに保管しておくことで、後で間違った請求が届いたとしても支払額を証明できます。後々のトラブルを回避するためにレシートは保管しておきましょう。

ATMのクレジットカード吸い込みに注意

海外キャッシング時にATMにクレジットカードを挿入後、クレジットカードが返却されない「クレジットカード吸い込み」が起こることがあります。吸い込みの原因はATMの故障、セキュリティの関係で数秒以上カード受け取りがない、などです。

クレジットカードがATMに吸い込まれてしまったらATMから離れないようにして、ATMに書かれている連絡先に電話をしましょう。吸い込まれたクレジットカードの取り出しが完了したら返却されますが、取り出しに数日かかる場合もあります。

海外キャッシングを利用する際は、下記のクレジットカード吸い込み対策を覚えておきましょう。

  • キャッシング完了後はクレジットカードを素早く受け取る
  • 銀行員がいる銀行ATMを利用する
  • クレジットカード発行会社等のサポートが期待できる昼間にキャッシングをする
  • 故障の可能性がある古いATMは利用しない

フィリピン留学におすすめのクレジットカード

フィリピンに留学する方でクレジットカードを持っていない方には、エポスカードがおすすめです。エポスカードはフィリピン留学に適した下記の特徴があります。

  • 海外旅行保険が自動付帯
  • 海外キャッシングで現地通貨を引き落とし可能
  • VISAの国際ブランドでフィリピンでも使えるお店が多い
  • 高校生を除く18歳以上なら申込みが可能(大学生可)
  • 年会費無料

海外旅行保険はケガの際に補償される傷害治療費用と、病気の際に補償される疾病治療費用が最も重要です。エポスカードは傷害治療費用が最高200万円補償、疾病治療費用が最高270万円補償なので、留学中にケガをしたり病気にかかったりしても十分補える補償額となっています。

エポスカードの海外キャッシングでは「VISA」もしくは「PLUS」のマークが描かれているフィリピンのATMで現地通貨を引き出せます。

フィリピンではVISAとMastercardの加盟店が多く、JCBのクレジットカードは対応していないお店もあります。世界で最も加盟店が多いVISAのクレジットカードであれば、フィリピンのホテルやショッピングモールでも対応しているお店が多いです。

まとめ

今回紹介した「留学先で急に現地通貨が必要になる」「病気やケガに遭ったりする」などを考えて不安になる方もいると思います。日本国内で発行したクレジットカードを持って行くことで、こういったトラブルがあった時にもすぐ対応できる可能性が高くなります。

「普段は現金支払いなのでクレジットカードを持っていない」という方は、フィリピン留学を機会にクレジットカードを作ってみるのも良い経験になると思います。

留学前には留学先に適したクレジットカードを準備し、留学中は盗難や紛失に十分注意してください。