フィリピンの留学期間は何ヶ月がいい?期間ごとの留学効果を解説

フィリピン留学前の方で「どれくらいの期間で英語が身につくか知りたい」「留学期間を何ヶ月にするか迷っている」という方も多いと思います。

一般的に、英会話ができるようになるには「1,000時間以上の勉強が必要」と言われており、留学期間に換算すると約6ヶ月です。1ヶ月~2ヶ月の留学で英会話ができるレベルまで英語を上達させるのは難しく、簡単な英会話ができるようになるまで少なくとも3ヶ月間は留学期間が必要です。

今回は、これから英語を学ぶ方が英会話を身につけるために必要な期間、途中で留学期間を伸ばしたい場合に留学を延長する方法を解説します。

留学期間ごとの留学効果

1週間~2週間

フィリピンの語学学校は、1週間の短期留学ができます。しかし、これから英語を勉強する方は、1週間~2週間の留学で英語はほとんど身につかず、学校やフィリピンの雰囲気に慣れるだけで留学期間を終えてしまいます。

そのため、「フィリピンの生活を体験する」「長期留学前の語学学校の下見」という目的以外では、留学をしてもあまり意味がないでしょう。英語力アップを目的とするのであれば、3ヶ月以上の留学が好ましいです。

ただし、すでに「最低限の日常英会話ができる」という方であれば、短期留学でも英語でコミュニケーションを取る練習になります。忙しくて1週間~2週間しか留学の時間を取れない場合は、普段から英語の勉強をして英語力を高めておくことをオススメします。

1ヶ月~2ヶ月

1ヶ月~2ヶ月の留学では、英会話ができるレベルまで上達するのは難しいです。語学学校の授業や英語で話すことに慣れる程度、アウトプットの上達は感じられるようになりますが、コミュニケーションを取るだけの英語力は身につきません。

自分が伝えたいことを少しずつ相手に伝えられるようになるため、自身の成長を実感しやすい時期です。1ヶ月~2ヶ月で留学を計画すると「もっと留学期間を長く取ればよかった」と感じてしまうため、オススメの留学期間とは言えません。

この頃になると英語の自信がついてくるため、勉強のモチベーションが上がりやすいです。フィリピンの生活にも慣れているはずなので、1ヶ月以上の留学生活ではほとんど不安がなくなります。

3ヶ月

3ヶ月の留学は、「英会話ができるようになりたい」という方に最もオススメです。簡単な英会話ができるようになり、英語でコミュニケーションを取れるようになります。留学前に比べるとTOEICなどの英語試験でもスコアが上がり、確実に上達を実感できます。

しかし、まだ難しい英文は読めなかったり、上手く英語を聞き取れなかったりすることがあるので、完全に英会話ができるというレベルには達しません。「まずは英語を話せるようになりたい」という方は3ヶ月の留学、「海外で暮らすため十分なレベルの英語を身に付けたい」という方は3ヶ月以上の留学をオススメします。

6ヶ月

6ヶ月間フィリピンに留学すると、スムーズに英語が話せるレベルになります。英会話中、言葉に詰まることは少なくなり、リスニングでも聞き取れないことはほとんどなくなります。英会話ができるようになるには、1,000時間以上の勉強時間が必要だと言われています。

語学学校1日の授業時間が8時間だとすると、8時間×20日×6ヶ月=960時間となり、6ヶ月目でおおよそ1,000時間です。海外の大学に進学するために英語を学ぶ方、会社内で英語が必要な方は、6ヶ月間の留学期間が目安になります。

1年

1年間留学すると、ビジネスで使われる言葉や専門的な英単語を覚え、ビジネス英会話や英語のプレゼンができるようになります。就職の面で言えば、外資系の企業に応募できる、日本で英語を使う仕事を探せるくらいの実力が身についています。海外の大学に進学する場合、英語の講義を問題なく受けることができるレベルです。

フィリピン以外の国に住んでも問題なく暮らしていける英語力が身についているため、海外の文化や英語の違いを楽しみに他の国に行ってみるのも良いでしょう。

留学期間の延長

フィリピン留学中に「留学期間を伸ばしたい」という場合、留学期間の延長ができます。ただし、留学を延長する場合には下記の点に注意しなければいけません。

留学期間を延長する際の注意点
  • 語学学校が延長に対応しているか確認する
  • 寮やホテルの部屋に空きがあるか確認する
  • 航空券の帰国日を変更できるか確認する
  • ビザを延長する
  • 語学学校が延長に対応しているか確認する

    語学学校が受講延長を受け付けている場合、学校に申請することで留学を延長可能です。ただし、学校の席が空いていなければ延長を断られる場合があります。

    年末年始、夏休み期間、1月~3月は語学学校が混み合って席が空いていない可能性が高いため、延長を考えている場合には早めに申請しましょう。

    寮やホテルの部屋に空きがあるか確認する

    寮やホテルの部屋に空きがなければ宿泊先がないため、滞在の延長ができません。語学学校が混み合う時期は、同じように寮やホテルも部屋に空きが少なくなります。語学学校の席が空いていれば、寮やホテルにも空きがあると考えて良いでしょう。

    航空券の帰国日を変更できるか確認する

    フィリピンに入国する際には、必ず往復航空券が必要です。そのため、あらかじめ購入している帰国用の航空券の帰国日を変更しなければいけません。通常の航空券は帰国日を変更できませんが、あらかじめオープンチケット(帰国日を変更できる航空券)を購入していれば、留学延長の際に航空券が無駄になりません。

    オープンチケットは航空会社によって有効期限が異なり、「6ヶ月有効」「1年有効」などの航空券があります。航空会社が定めている期間内であれば、自由に搭乗日を変更できます。留学前に留学期間を延長する可能性がある場合は、あらかじめオープンチケットで航空券を購入しておきましょう。

    ビザを延長する

    フィリピンは、30日以内の滞在であればビザが必要ありません。そのため、1ヶ月以内の短期留学では、入国の際にビザを用意しないことがほとんどです。ビザを持っていない方、すでにビザを持っていて延長したい方、どちらも語学学校のスタッフに依頼することでビザの延長や新規発給ができます。

    ビザの手続きは全て語学学校のスタッフが行ってくれますが、自分で依頼しなければいけないので注意が必要です。留学延長の際には、ビザの延長依頼を忘れないようにしましょう。

    まとめ

    フィリピンに留学しても、1週間~1ヶ月程度では英語の上達を感じることはできません。おおよその目安として、3ヶ月で簡単な英会話、6ヶ月でスムーズに英会話ができるようになります。そのため、これから英語を勉強して英会話ができるまで上達したい方には、3ヶ月以上の留学をオススメします。

    短期の留学を計画していて、途中で「留学期間が足りない」と感じた場合、留学期間を延長しましょう。語学学校や宿泊先が混み合っていなければ、難しい手続きなどはなく留学期間を延長できます。