留学や観光の参考に!フィリピンで毎年行われる伝統的な祭りを月ごとにまとめてみた【保存版】

こんにちは。
セブ在住ライターのそうま(@Soh0806)です。

あけましておめでとうございます。

2018年、皆さんは今年どのような一年を過ごされるのでしょうか?

私は、昨年はどっぷりとフィリピンで生活を送り、フィリピンのことがとっても大好きになれました。今年もフィリピンで過ごすことが大半になりそうです。

今回、そんなフィリピンの魅力を伝えたい! という思いから、フィリピンの1月から12月までのそれぞれの月を代表する祭りを1つずつご紹介します。

フィリピン全土から紹介していますので、今年フィリピンを留学や観光などで訪れるご予定の方は、時期や場所を検討する上で参考にしていただければ幸いです!
 

まずはフィリピンの位置関係を写真でお見せします。

※記事の内容は2018年1月時点での情報です。開催時期や内容は変更されることもあるのでご了承ください。

 

1月:シヌログ・フェスティバル  Sulog Festival【セブ】

フィリピンセブ島を代表する祭りといえば、このシヌログ祭り。セブアノ語で “流れるようなダンス” を意味するシヌログ祭りは、その言葉の通り、セブのメインストリートで民族衣装を着た現地の人たちによる豪快なパレードがおこなわれます。毎年訪れる人は300万人を超えるとか!?

シヌログ・フェスティバルのまとめ

開催期間1月の第3日曜日

場所セブ島・オスメニアサークル周辺の大通り

祭りの概要サントニーニョ(幼きイエスの聖像)を祝うための祭り

 

 

2月:フラワー・フェスティバル  Flower Festival【バギオ】

フィリピンの避暑地として有名な高原都市バギオのお祭りです。多種多様な花と先住民族の伝統文化を紹介するパレードがメインに展開されていきますが、日本の新撰組(!)やピカチュウ(!)なども出演するという、謎のコンセプトにも包まれているというのはここだけの話。

フラワー・フェスティバルのまとめ

開催期間2月中旬〜2月下旬

場所バギオ大聖堂近くのSMモール付近から

祭りの概要バギオ先住民族の伝統文化を祝うための祭り

 

3月:カムラン・フェスティバル Kaamulan Festival【ミンダナオ】

ミンダナオ島のブギドノン州には元来、山岳先住民族(ブギノドン族)が生活していますが、彼らとの交流や文化を継承するために、この祭りが毎年おこなわれています。この時に先住民族が披露する伝統舞踊は、とても迫力があり見応えバッチリです。

カムラン・フェスティバルのまとめ

開催期間3月1日〜14日

場所ブキドノン州の州都マライバライ

祭りの概要ブギノドン族の文化を継承するための祭り

 

4月:ホーリーウィーク  Holyweek【フィリピン全土】

ホーリーウィークとは、イエスキリストが処刑されて3日目の日曜日に復活したことを祝う(イースター)ための期間のことです。その日曜日の前の3日間にはこのような意味があるそうです。

  • 木曜日 (Holy Thursday):最後の晩餐の日
  • 金曜日 (Good Friday):キリストが亡くなった日
  • 土曜日(Black Saturday):キリストが葬られた日

ホーリーウィークの間、学校や会社はもちろんのこと、地元のスーパーから大きなショッピングモールまでお休みとなり、国を上げて祝うとても大事な期間となります。

ホーリーウィークのまとめ

開催期間3月下旬〜4月上旬の4日間

場所フィリピン全土の教会、家庭で礼拝を行う

祭りの概要イエスキリストの復活を祝うための祭り

 

5月:アリワン・フェスティバル Aliwan Festival【マニラ】

様々な文化と遺産を紹介するフィリピン全体の祭りを集めた行事で、フィリピン各地で開催される祭りの競技コンテストもおこなわれています。地元のマニラ放送局がスポンサーになっており、かなりの大きな規模となっています。

アリワン・フェスティバルのまとめ

開催期間4月か5月

場所メトロマニラのパサイシティ

祭りの概要フィリピン全土の文化・遺産を紹介するための祭り

 

 

6月:聖ヨハネ水かけ祭り Feast of St. John the Baptist【マニラ】

6月24日はセントジョンの日、聖ヨハネ水かけ祭りがあります。マニラにあるサンファン町では、町をあげて水を掛け合い、バタンガス州バラヤンではレチョン(子豚の丸焼き)のパレードが催されます。仮装した何十体ものレチョンを見ることができるのはこの時だけです!

聖ヨハネ水かけ祭りのまとめ

開催期間6月24日

場所マニラにあるサンファン町、バタンガス州バラヤン

祭りの概要聖ヨハネがキリストを洗礼したことを祝うための祭り

 

 

7月:サンゴゴフェスティバル San Dugo Festival【ボホール】

16世紀半ばにスペインがフィリピンを植民地にした初期頃、ボホール島の首長と友好条約を結んだことにちなんだお祭りです。伝統的なストリートダンスやパレード、地元の劇団による演技が、ボホール島のタビララン市でおこなわれています。

サンゴゴフェスティバルのまとめ

開催期間7月下旬

場所ボホール島のタビララン市

祭りの概要ボホールの首長とスペインの友好条約を祝うための祭り

 

8月:カダヤワン・フェスティバル Kadayawan Festival【ダバオ】

カダヤワンフェスティバルは、季節に採れる果物やランの花の収穫を祝うお祭りです。ダバオでよく採れるフルーツや花のトレードフェアが開催され、民族・市民・軍人までが参加する盛大なパレードが見ものです。

カダヤワン・フェスティバルのまとめ

開催期間8月の第3週目

場所フィリピンのダバオ市

祭りの概要果物や花の収穫を祝うための祭り

 

 

 9月:ペニャフランシア・フェスティバル Penafrancia Festival【ルソン】

ルソン島南部にあるナガ市でおこなわれるこの祭りでは、現地の人たちがペニャフランシアの聖母像を教会から担ぎ、船でパレードをします。この聖母像は、シャツやキーホルダーなどのお土産品としても売られているほど、町の代名詞となっています。

ペニャフランシア・フェスティバルのまとめ

開催期間9月の第3週

場所ルソン島、南カマリネス州のナガ市

祭りの概要マリア像のひとつ、ペニャフランシアを祝うための祭り

 

 

10月:マスカラ・フェスティバル Masskara Festival【ネグロス】

ネグロス島のバコロド市で行われるストリートダンスフェスティバル。豪快で奇抜な衣装とマスクが特徴的です。フードフェアやマスクコンテストなどが開催され、ラテンの音楽に合わせて踊るクライマックスのパレードが見ものだとか。

マスカラ・フェスティバルのまとめ

開催期間10月の第3週

場所ネグロス島のバコロド市

祭りの概要常に笑顔(マスカラの意味)でいられることを願う祭り

 

 

11月:カブカバン・フェスティバル Kabkaban Festival【セブ】

カブカバンとはその地域で生息する草種のことで、祭りでは悪運や悪霊を追い払う道具としてパレードで使われています。大々的なパレードからズンバパーティー、ファッションショーなどが2日間行われます。

カブカバン・フェスティバルのまとめ

開催期間11月の24日〜25日

場所セブ東南部のカルカル市

祭りの概要周囲の悪霊を追い払うための祭り

 

 

12月:パスクハン(クリスマス) Paskuhan【フィリピン全土】

パスクハンはフィリピン最大の行事、クリスマスのことです。上記の写真はタガログ語で”パロル”といい、クリスマスで使用するフィリピン独自のランタンのこと。フィリピンでは、16日から24日までの9日間の早朝3時から5時にかけて、教会でミサ(礼拝)が行われています。

パスクハン(クリスマス)のまとめ

開催期間12月16日〜25日

場所フィリピン全土の教会、家族で礼拝を行う

祭りの概要イエスキリストの誕生を祝うための祭り

 

フィリピンの伝統的な祭りから、2018年は新しいフィリピンを発見!

フィリピン全土では、多種多様な祭りが各月で開催されています。

もし気になる祭りがあったら、その開催時期に合わせてフィリピンへ一度訪れてみてはいかがでしょう?

これまで行ったことがある方も、今まで知らなかった伝統的な祭りの体験から新しいフィリピンの側面を知る機会になるかもしれません。それがまた旅の醍醐味ですよね〜。

それでは2018年、ステキな一年にしてくださいね。