カナダではコインランドリーが一般的!?留学前に知っておきたい現地の洗濯事情

こんにちは。
トロント在住のDoga(@DogadogaTv)です。

カナダの何気ない日常生活の中で、我々日本人が実は知っておかないと戸惑ってしまうことの一つが「洗濯」です。なぜなら、カナダではコインランドリー(有料の洗濯機/乾燥機)を使うのが日本より一般的だからです。日本でもコインランドリーのお店はありますが、自家用の洗濯機を使う人がほとんどではないでしょうか。

今回は、カナダにおける洗濯事情を、コインランドリーの一般的な使い方と合わせてご紹介します。

※レートは、1CAドル=87.95円で計算しています(2017年11月時点)。

誰でも自家用洗濯機を持っているわけではない?


具体的な割合は定かではありませんが、カナダでは自家用の洗濯機を持っている人が日本ほど多くはない印象です。特に、アパート暮らしだとほとんどが建物内にあるコインランドリーを使っているのではないでしょうか。もちろん有料ですので、利用の度にお金を支払うこととなります。

「コンドミニアム」と呼ばれる、賃貸ではなく所有型のマンションや、家賃が高めのアパートでは、最初から各部屋に洗濯機と乾燥機が付いているケースも多いようです。また、一軒家に住んでいる人たちも自分専用のものを持っているのが一般的。しかし、古いマンションやアパートには大体ランドリールーム(洗濯部屋)が用意されており、コインランドリーをアパートの居住者と共同利用することがほとんどです。

自宅のベランダで衣服を干している人もいますが、アパートの部屋を他の人とシェアしている人たちは、おそらくほとんどが乾燥機を使っていることでしょう。また、もしそのアパートに専用のコインランドリーがなければ、建物内ではなく、建物外の一般向けコインランドリーのお店で洗濯をしなくてはいけないケースも稀にあるかもしれません。

留学やワーキングホリデーで他人と部屋をシェアする予定の人は、これを機にコインランドリーの使い方を習得しておきましょう!

 

洗濯機と乾燥機の一般的な使い方

洗濯機と乾燥機の種類やモデルはたくさんあるため、利用方法は多少異なりますが、一例として使い方を説明します。

まず、アパートのコインランドリーは、硬貨を払って利用するタイプと専用のランドリーカードを使って利用するタイプの2種類が一般的です。硬貨を払う場合は、直接コイン(25セントしか受け付けていない機械が多い)を機械に挿入し、カードの場合は、事前にクレジットカードやデビットカードでチャージしておいて、洗濯機にこのカードを認識させて使います。


※ランドリーカード

値段はそのアパートによりますが、洗濯機が2.5CAドル〜3CAドル(約220円〜264円)、乾燥機が1.5CAドル〜2.5CAドル(約132円〜210円)くらいの値段設定が多い気がします。年々値段が微妙に上がっていくケースもあるようですよ。

 

洗濯機の使い方の一般的な手順

 

乾燥機の使い方の一般的な手順

 

利用する上での注意点

洗濯機/乾燥機を利用する上で、いくつか注意すべき点があります。

洗濯物を中に入れっぱなしにしない

ランドリールームにある洗濯機や乾燥機の台数には限りがありますので、時間が経ったらできる限りすぐに中から取り出して、次の人が使える状態にしておきましょう。たまに、いつまで経っても中の物を取り出していなかったせいか、洗濯機の外にまとめて放り出されている洗濯物を見たことがあります。移民の多いカナダだと、この辺のマナーの水準はバラバラだったりもするのですが、自分の洗濯物を見ず知らずの人に触られたくなければ、使用後はなるべく早く回収しましょう。

乾燥機を使う場合には素材に注意

乾燥機を使うと縮んでしまう素材には要注意です。特に毛のセーター、ニット、ナイロン、綿などは乾燥機を使うのを避けた方が良いでしょう。もしくは、ラベルを見て、乾燥機の利用可否を確認するのをオススメします。日本にいた頃乾燥機を使う習慣のなかった私は、カナダにきてすぐ乾燥機を使っていくつかTシャツをダメにしてしまった経験があります…

利用後は洗濯機や乾燥機の中を隅々まで確認する

かなり細かい点ですが、利用後、しっかり中の隅々まで確認することをお勧めします。特に、洗濯の場合、靴下のような小さな衣服が濡れて内側の壁に張り付いており、気づかずにそのままにしてしまうことがたまにあるからです。特にドラム型の洗濯機は、その構造上、中の上側や、縁が見えずらいので、靴下の片側だけを失くしてしまうという、とても残念なことも起こりえます。実際に、私もそれで何足か失くしたことも…

乾燥機一杯に入れすぎないようにする

有料なのでつい欲を出してたくさんの衣服を乾燥機に入れがちなのですが、あまりにも一杯だと、十分に乾燥されず、半乾き状態になってしまうので、こちらも注意が必要です。洗濯スケジュールをしっかりと定め、できるだけ溜めすぎないようにすると、この問題は解消されますよ。

 

まとめ

カナダでは、アパート内に共用のコインランドリーがあるのが一般的。専用のランドリールームが用意されており、コインや専用カードを使って利用することがほとんどです。コインランドリーを利用する際に注意すべき点をまとめると以下となります。

<コインランドリー利用上の注意点>

・ 洗濯物を中に入れっぱなしにしない
・ 乾燥機を使う場合には素材に注意
・ 利用後は洗濯機や乾燥機の中の隅々まで確認する
・ 乾燥機一杯に入れすぎないようにする

初めは使い方がわからないかもしれませんが、管理人や同居人も丁寧に教えてくれるはずですので、英語の勉強だと思って、しっかり確認するようにしましょう!