オーストラリア留学の魅力とは?費用目安も人気のプラン別にご紹介!

留学先として人気のオーストラリア。英語語学留学の候補地としてオーストラリアが頭に思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。オーストラリア留学はどんなところが魅力的なのか、オーストラリア留学にかかる費用はどれくらいなのか。

具体的な魅力や注意点と、人気の留学プラン別に留学費用のおおまかな目安を確認していきましょう。

オーストラリア留学の3つの魅力


まずは語学留学先としてのオーストラリアの魅力から見ていきましょう。

グローバルな環境+留学生の受け入れに寛容

オーストラリアは世界中から多くの移民を受け入れている多民族国家であり、政府による留学生の受け入れも積極的に行われています。

多種多様な文化を持つ人が集まっているので、グローバルな視点を持ちやすい環境です。また、オーストラリア人は気さくでオープンマインドな国民性。日本語学習者が30万人ほどもいるなど、親日的な人々が住んでいる、日本人にとっては特にフレンドリーな国と言えるでしょう。

抜群の住みやすさ

オーストラリアは雄大な自然が国土に溢れ、1年を通して過ごしやすい穏やかな気候の国です。治安もよく、自分から危険な場所に出向かないなどの最低限のことに注意していれば、安心して暮らせます。「世界平和度指数2017(*1)」によると、オーストラリアは163カ国中12位(日本は10位)。銃の規制も厳しく、世界でも有数の治安の良い国といえるでしょう。

「世界で最も住みやすい都市2017(*2)」のリサーチ結果では、メルボルンが1位、アデレードが5位、パースが7位。オーストラリアはトップ10に3つの都市がランキングするほどの住みやすい国なのです。

(*1)経済平和研究所(IEP)が発表したリサーチ
(*2)英国・エコノミスト誌の調査部門「エコノミスト・インテルジェンス・ユニット(EIU)」発表したリサーチ

日本との時差がほとんどない

日本・オーストラリア間の時差は、たとえばシドニーとの時差は夏は2時間・冬は1時間というように、アメリカやイギリスなどの他の英語圏の国と比べてもかなり少ないです。海外に滞在していても日本の家族や友人と連絡が取りやすいことは、メリットのひとつです。

オージーイングリッシュで耳を強化

英語でコミュニケーションをする際は、皆が私たちが慣れているアメリカ英語で話すわけではありません。

魅力に溢れるオーストラリアも、実は特有の「オージーイングリッシュ」という訛りがあります。
日本人にはあまり馴染みがないので、不安に感じるかもしれませんが、都市部や語学学校では標準的な英語が使われますのでご安心ください!

その一方で、オージーイングリッシュもさることながら、オーストラリアは多種多様な人種の方々が住んでおり、街中では国の数だけ異なるイントネーションの英語が話されています。
いつも聞きき慣れていない英語を使って過ごすことは、リスニング力を鍛える絶好の機会になるはずです!

オーストラリア留学の費用目安


さて、次は一般的な留学費用の目安を、人気の留学プラン別に見ていきましょう。

オーストラリアで人気の留学プランは「1週間~3ヶ月の短期留学」「1年の長期留学」「ワーキングホリデービザ使用で4ヶ月の語学留学+8ヶ月間の滞在」の3つです。

短期語学留学(2週間:20~25万円)*渡航費別

もっとも人気があるのは、観光ビザを利用した1週間〜3ヶ月の短期語学留学。語学学校の授業で英語を学び、ホームステイ先やシェアハウスに滞在。英語に囲まれた環境で、短い期間に集中して英語を勉強できるのが人気の理由です。

たとえば2週間の留学費用は、渡航費別・学費と滞在費込みで20万~25万円ほど。短期留学の経験は、留学後の英語学習モチベーションアップ・長期留学への足がかりなど、様々な面で活かすことができます。

長期語学留学(1年:200万円〜250万円)

英語力を今後のキャリアに活かしたいなら、じっくりと英語を学ぶことができる1年単位の長期留学がおすすめです。滞在方法は、まず最初はホームステイで、そこに滞在しながらシェアハウス物件を探してシェアハウスに移動、というケースが多いようです。

1年間じっくりと勉強をするなら、学費が150〜170万円、滞在費が70~100万、渡航費・保険等で20~30万円。合計で250~310万位が必要になるでしょう。

オーストラリアは学生ビザでもアルバイトが可能(2週間で40時間まで)ですので、現地でのアルバイトで月10万円×6ヶ月稼ぐとすると、
上記の合計金額から60万円を差し引けるので、おおよそ200万円~250万円程度の事前準備費用で1年間の語学留学+滞在が可能になります。

もっと、より費用を抑えたいなら、下記で紹介する、ワーキングホリデーの制度を活用した語学留学もおすすめです。

ワーキングホリデービザで語学留学+滞在(1年:100万円~160万円)

ワーキングホリデービザを申請・取得した場合は、オーストラリアに1年間滞在できます。そのうちの17週間(4ヶ月間)は語学学校への通学が認められています。4ヶ月間は語学学校に通い、6ヶ月間はフルタイムで仕事をし、2ヶ月間は旅やボランティア活動をするなど、さまざまな体験が可能です。

平均相場は、4ヶ月の学費が60万~70万、1年間の滞在費が70万~100万、そのほか生活費が40万~50万、渡航費・保険等で20~30万円。合計で190万~250万ほど。

現地でのアルバイトで月15万円×6ヶ月稼ぐとすると、上記の合計金額から90万円を差し引けるので、おおよそ100万円~160万円程度の事前準備費用で1年間の語学留学+滞在が可能になります。

まとめ

オーストラリアは留学生受け入れに寛容なお国柄であり、人々はフレンドリーで、治安もグッド。たとえ留学したてで英語があまり話せなかったとしても、あまり不安を感じることなく充実した留学生活を送れる国と言えます。

特に、はじめて留学をする方には魅力の多いオススメの国と言えるでしょう。