返済のいらない奨学金も?カナダ留学で申し込みできる奨学金を紹介します

カナダの留学には、学費、生活費、渡航費がかかり、短期の留学でも費用は高額です。「予算がないから留学はちょっと……」と、経済的な理由で留学をあきらめる前に、まずは奨学金を検討しましょう。

奨学金の返済は、留学が終わってからとなるため、留学期間中は返済の心配はいりません。また、返済しなくても良い奨学金もあるので、条件を満たせるなら積極的に申し込むことをオススメします。

今回は、留学者向け奨学金の申し込み資格の解説と、カナダ留学の際に申し込める奨学金を紹介します。

留学者向け奨学金の申し込み資格

奨学金の申し込み資格は、申し込む先の機関によって異なります。留学者向けの奨学金を申し込むにあたり、申し込み資格や審査基準となるポイントを解説します。

学力

奨学金によっては、留学前の語学力やカナダ留学中の成績が一定以上の方のみ、申し込みできます。留学中の成績が悪いと、途中で奨学金を受けられなくなるので注意しましょう。

身分・学歴

奨学金は「大学在籍中の方限定」「大学の博士課程修了者限定」など、現在の身分や学歴が申し込み条件となっているものがほとんどです。また、学生の期間中に申し込むと、奨学金審査が有利になります。

奨学金を選ぶ際には、自身の身分や学歴でも申し込めるか必ず確認しましょう。

留学先の学校

奨学金の多くは「カナダの大学留学のみ申し込み可能」です。そのため、語学学校への留学では、利用できる奨学金制度が限られます。

語学学校へ留学を希望している方は、語学留学でも申し込める下記の奨学金やローンを利用しましょう。

  • トビタテ!留学JAPAN
  • iae奨学金
  • 国の教育ローン

世帯収入の制限

経済的な理由で、留学が難しい方を対象とした奨学金では、世帯収入が一定以下の場合にのみ申し込めます。世帯収入の制限がある奨学金は、申し込み時に世帯所得証明書の提出が必要です。

奨学金返済の種類

奨学金は、お金を返済しなくてよい「給付型」、返済が必要な「貸与型」の2種類があります。

給付型は「修士や博士の学位取得を目指す方限定」のように、申し込み条件が厳しく、貸与型は「国内の学校を卒業予定の方」など、給付型に比べると申し込みの条件は低くなっています。

また、借りたお金に利息をつけて返済する有利子奨学金と、利息がつかない無利子奨学金もあります。貸与型の奨学金は、返済額や返済期間を確認した上で申し込みましょう。

カナダ留学で申し込める奨学金


カナダ留学で申し込める奨学金を紹介します。

トビタテ!留学JAPAN

トビタテ!留学JAPANは、文部科学省が展開している学生限定の給付型奨学金です。留学の促進を目的としている奨学金制度で、大学留学だけではなく語学学校の留学でも申し込めます。

下記の表のように、給付額が多いのが特徴です。

表:トビタテ!留学JAPANの給付額例

項目給付額
留学準備金約25万円
授業料約30万円
月々の生活費約15万円(毎月)

※時期によって給付額は異なる。

奨学金の給付を受けるには、書類審査と面接審査、グループディスカッション(プレゼン)試験の合格が条件です。申し込みに成績制限はなく、30歳以下の学生なら誰でも申し込めます。

日本学生支援機構の奨学金

日本学生支援機構(JASSO)は、奨学金事業や留学支援を行っている独立行政法人です。下記の表のとおり、留学者向け奨学金制度が5種類あり、カナダの大学留学に利用できます。

表:日本学生支援機構の奨学金

日本学生支援機構の奨学金給付の種類給付額
海外留学支援制度
(学部学位取得型)
給付型約10万円
(毎月)
海外留学支援制度
(大学院学位取得型)※1
給付型約10万円
(毎月)
海外留学支援制度
(協定派遣)※2
給付型約8万円
(毎月)
第二種奨学金
(海外)※3
貸与型
(有利子)
3万円~15万円
(毎月)
第二種奨学金
(短期留学)※3
貸与型
(有利子)
3万円~15万円
(毎月)

海外留学支援制度(学部学位取得型・大学院学位取得型)は、大学の学位や博士取得を目指す方が申し込める奨学金です。
海外留学支援制度(協定派遣)は、交換留学で費用が必要な際に申し込める奨学金です。
第二種奨学金(海外・短期留学)は、国内大学に在籍している学生が申し込める奨学金です。利息は、奨学金が振り込まれた月ごとに異なる利率(上限年率3%)で計算されます。

iae奨学金

iae奨学金は、留学エージェント「iae留学ネット」のプログラムから留学を申し込んだ際に、最大30万円給付される給付型奨学金です。学生限定の奨学金なので、社会人の方は給付を受けられません。

一般的に奨学金の給付を受けるには、世帯の所得証明書や学校の成績証明書などの提出が必要ですが、iae奨学金は書類提出が不要です。また、大学留学だけではなく、語学留学で奨学金を受けられます。

奨学金を受けるには、iae留学ネットから入学を申し込む必要があります。すでに入学が決まっている方は奨学金を受けられないので注意しましょう。

地方自治体の奨学金

都道府県や市町村によっては、在住している地域の方のみが受けられる地方自治体主催の奨学金があります。

地方自治体の奨学金は、学生に限らず社会人の方も受けられる、語学留学でも受けられるなど、地域によって申し込み条件が異なります。他の奨学金より条件が良い場合もあるため、一度お住いの地域のホームページを確認してみましょう。

カナダ政府の奨学金

カナダ政府の奨学金は、いずれもカナダの大学に在籍する方に向けた給付型奨学金です。カナダ政府が定員募集している3つの奨学金を紹介します。

ヴァニエ・カナダ大学院奨学金

ヴァニエ・カナダ大学院奨学金は、カナダ政府が定めている大学院に留学する学生に給付される奨学金です。給付額は年間約450万円、最長3年間受けられます。

奨学金の対象となる大学であれば、すでにカナダの大学に在籍中でも申し込むことができます。留学先の大学に連絡して奨学金を受けたいと伝えることで、奨学金の申請ができます。

バンティング博士研究員奨励金

バンティング博士研究員奨励金は、カナダの大学に研究員として留学している学生が受けられる奨学金です。大学の博士課程修了者のみ申し込めます。

「特定の大学に在籍が必要」などの制限はなく、カナダに貢献できる研究員としての留学であれば申請可能です。奨学金は年間約600万円、最長2年間受けられます。

高円宮記念クィーンズ大学留学奨学金

高円宮記念クィーンズ大学留学奨学金は、カナダのクィーンズ大学に留学する方限定の奨学金です。学費や滞在費などを含め、約300万円が給付されます。

奨学金を申し込むには、下記の条件すべてを満たす必要があります。

  • 日本の大学から留学許可を受けた方
  • 日本の4年制大学在学中の2年生もしくは3年生の方
  • 1学年分クィーンズ大学に留学する方

国の教育ローン

国の教育ローンは奨学金ではありませんが、留学費用を用意する手段として利用できます。一般的な銀行やローン会社でお金を借りるよりも、国の教育ローンは金利が低い(年率1.76%)です。

融資額の上限は高く、最高350万円まで借り入れできます。借りたお金は自由に使えるため、語学学校への留学にも利用でき、入学金などの一時的な高額出費に対しても利用可能です。

奨学金は学生本人が返済しますが、国の教育ローンは保護者が返済します。また、借りた翌月から返済が始まるという点が奨学金とは異なります。

まとめ

今回紹介したカナダ留学に利用できる奨学金について、返済の種類と申し込みできる身分の条件を下記の表にまとめました。

表:奨学金の返済種類と身分の条件

奨学金返済の種類身分の条件
トビタテ!留学JAPAN給付型学生限定
日本学生支援機構の奨学金種類によって異なる学生限定
iae奨学金給付型誰でも可
地方自治体の奨学金地域によって異なる地域によって異なる
カナダ政府の奨学金給付型学生限定
国の教育ローン貸与型誰でも可

留学者向けの奨学金は、返済しなくても良い給付型奨学金がいくつもあります。申し込み資格を満たしている場合は、積極的に利用しましょう。

奨学金によっては、申し込み時期が限られているので早めに条件を調べておき、余裕を持って申し込みましょう。