マクドナルドでライスを注文?日本人がフィリピン留学してビックリすることBEST4を発表します

DMM留学ブログをご覧のみなさま、こんにちは。

フィリピン留学ライターの紳さんです。

今回は日本人が初めてフィリピンに来るとビックリすること、すなわちカルチャーショックについて紹介していきたいと思います。

 

フィリピンでビックリすること BEST4

第4位 【ファーストフード店の一番人気メニューは◯◯】

例えばマクドナルド。みんな大好きですよね、マクドナルドのハンバーガー。

 

フィリピンのマクドナルドといえば、一番人気がこちらのセット。

 

ポテトは定番ですよね! マックのポテト最高。

 


そしてゴロッとしたチキン。

……チキン?

 

「あれ、間違えてケンタッキーに入っちゃった?」

 

「RICE」と書かれた紙に包まれているのは……

 

白飯!!!!!

そうなんです。フィリピンのマクドナルドといえば、「チキンを白飯で食べる」のが普通。みなさん、当たり前のように食べています。

元来、フィリピン人はかなりのお米好きなんですね。ハンバーガーを頼む人はむしろ珍しいみたいです。カルチャーショック。

ちなみに、こちらのセットは99ペソ(約220円)。安い。

 

じゃあ、ケンタッキーではどうなのか?

 

これが一番人気のメニュー。やはりチキンとライス。

ポテトが無くなって白い液体が付いてきました。

こちらもセットで99ペソ(約220円)なので、マクドナルドと同じです。

 

カーネルサンダースと白飯のコラボはさすがに意外。

結構、歯ごたえがあって硬い感じのチキン。日本のケンタッキーとはかなり違うかも。

 

この白い液体は、「ややクラムチャウダーに近いスープ」でした。

謎スープと名付けましょう。

 

こちらのケンタッキー、コーラを注文したら「切らしている」とのこと。

コーラを切らすってあるんだ!? と思いながら、仕方なくアイスティーを頼みました。

そしたら、このアイスティーがめちゃくちゃ甘い。ビックリするぐらいの甘さ。

 

世界的に有名なファーストフード店のマクドナルドとケンタッキー。しかし、それらを押しのけてフィリピンではシェア率がダントツ1位の大人気ファーストフード店があります。

その名も「ジョリビー」。可愛らしい(?)ハチのマスコットが印象的です。

 

で、これが一番人気のメニュー。

おわかりですね。

 

チキンと白飯です。

ポテトが付いたセットで99ペソ(約220円)なので、どこも定番のメニューのようですね。

ちなみに、ジョリビーは3回行って3回ともコーラを切らしていました。本当の話。

 

ファーストフード店は全体的に99ペソ(約220円)で食べられるので、お得感がすごいです。フィリピンのライスは日本と比べるとややパサパサしていますが、美味しく食べられるので問題なし!

ただ、コーラは切らしがちなので注意が必要かもしれません。

 

 

第3位 【床屋がマジで安い】

フィリピンで受けたカルチャーショック、第3位は現地の床屋の安さです。

 

ヘアーカットが40ペソ(88円)。日本ではどんなに安くても1,000円ぐらいですから、かなりの衝撃的な価格設定です。

しかし、張り紙に書かれた通り、旅行者は50ペソ(110円)。

いや、それでも安いんだけど。先ほど紹介したファーストフードの一食が99ペソ(220円)ということを考えると、まさに謎。

 

どうやらフィリピンでは人件費が全体的に安いみたいで、床屋とかマッサージとか「人が手を動かす系の商売」はだいたい安いみたいです。

 

切っている最中、現地の人がかなり至近距離で見てきます。僕が外国人だからかな?

 

写真を指差して「こういう髪型にして欲しい」と依頼したので、そこまで変な髪型にもされず。

 

かなりの満足感があります! フィリピンの床屋、わりと最高かも。

 

 

第2位 【※閲覧注意 街中のいたるところでゆで卵が売ってるけど、実はゆで卵じゃない】

フィリピンで受けたカルチャーショック、第2位の発表。

フィリピンは街の中にやたらと屋台が多いのですが、結構な確率でゆで卵が売ってるんです。セブンイレブンとか、コンビニのレジ前にもゆで卵が置いてあります。

 

こちら1個20ペソ(44円)。どうみてもゆで卵ですよねー。

思わず10個ほど購入。

 

フィリピン人はゆで卵が好きなのかな? って思っていましたが……

 

!!?

 

 

 


孵化…… しかけてる!?

 

 

 


そうなんです。ゆで卵かと思ったら、ゆで卵じゃない。

これはフィリピンでは有名なバロットという食べ物で、孵化直前のアヒルの卵を加熱した食べ物なのだそう。

一口では食べきれなさそうなので、分解してみると……

 

わりと、鳥の原型をしたものが出てくる。 

 

ややグロテスクなのでダメな人はダメかもしれません。

僕は長野県出身なので、虫とか食べて育ったためか平気でした。

 

骨とか羽とか若干気になりますが、食べてみます。

 

めっちゃ美味い。

なんなら、見た目より美味さにビックリするぐらい。鶏がらスープの味。

 

これは、母の味です。

 

ちなみに黄身の部分は、「やや硬めのゆで卵の黄身に、若干、血とか内臓の味を足した感じ」。レバー風味で美味しいです。

バロットは美味しいです。フィリピンにきたら是非、食べてみてください。

 

 

第1位 【トイレに紙を流せない】

フィリピンで受けたカルチャーショック、堂々の第1位は……

トイレに紙が流せない

です。 これはショックでした。 何がショックって……

 

便器の横にゴミ箱があるんですけど、ここに紙を捨てろとおっしゃるのです。

そう、お尻を拭いた紙をゴミ箱に捨てるのです。皆さん、そうされてるのです。

もはや意味がわからなかったのですが、どうやらフィリピンのトイレは紙を流すと詰まってしまうみたいなんですね。だから流すのはよくない。

 

もちろん、綺麗なんですよ。フィリピン人は綺麗好きなので、トイレは綺麗。飲食店でもデパートでも。

ただ、ぶっちゃけこれ、危ないと思うんですよ。乾いた便が飛沫になって空気中に舞って、それを吸い込んで感染症にかかるとかありえるよなって。

 

いや、それを抜きにしても、なんか抵抗ありませんか?

ディスイズ、カルチャーショック。

 

 

まとめ

以上、僕がフィリピン留学に来て個人的にビックリしたことBEST4でした。

いやー、日本との違いを改めて感じますね。フィリピン、面白いです。

マクドナルドやケンタッキーで白飯を食べているのは面白いし、床屋が価格破壊かってぐらい安いし、わりとグロテスクな食べ物がそこら中に売ってるし、トイレに行ったらゴミ箱は絶対に見てはいけない。

 

細かいことを書けば、他にもカルチャーショックなことはたくさんあります。同じアジアとはいえ、国が違うと文化がまったく違う。

留学に来る際は、そういう部分も含めてフィリピンを楽しんで欲しいと思います!

それではまた。