安くて美味しい!フィリピンのコンビニで買えるおすすめビール5選【飲み方から注意事項まで】

こんにちは。
セブ在住ライターのそうま(@Soh0806)です。

皆さん、世界のビールを飲むのはお好きですか?

フィリピンには、ぜひ知って欲しいオススメできるビールがたくさんあります。フィリピンのビールの特徴としては、まずは価格が安いという点、そしてアルコール度数が平均的に高いという点です。

ビールの価格は場所によって多少異なりますが、コンビニだと1本約30ペソ(約63円)から購入できます。レストランやバーで飲んでも100ペソ前後で(230円)飲めてしまう(!)ので、これはかなり嬉しいですよね。

今回、フィリピンで特に人気のある基本中の基本のビールを5つ紹介したいと思います。どれも試して欲しいビールですので、ぜひ参考にしてください。

※記事内1ペソ=2.3円で表記しています。

フィリピンのビール豆知識

これから紹介するフィリピンビールの銘柄サンミゲル社は、国内で90%以上のシェアを誇っているそうです。今回紹介する5つのビールもすべてサンミゲル社の銘柄となっています!

 

フィリピンのコンビニで買えるオススメビール5選

サンミゲルライト (San Miguel Light)


フィリピンを代表するビールをあげるなら!間違いなくサンミゲルライト

このビールはライト(英語で軽い)という名前なだけあって、飲みやすいのが一番の特徴です。お酒が苦手な方や、ビール初心者でも飲みやすく、フィリピンでも幅広い層に愛されています。

日本のビールにたとえると、サントリーの金麦に近い味がします。金麦よりも少し味は薄めですが、値段も安くとても飲みやすいのが良いです。

どなたでも挑戦しやすいビールなので、ぜひチャレンジしてみてください!

アルコール度数・・・5%

コンビニ価格・・・約30ペソ(約63円)

 

サンミゲルピルセン (San Miguel Pale Pilsen)


ビール好きの人にオススメしたい!サンミゲルピルセン

ビール好きにはたまらない、ビールの苦味。それをしっかり味わえるのがサンミゲルピルセンです。そのため、ビールが苦手な人にはちょっとハードルが高いかもしれません。

サンミゲルピルセンは、現地ではかっぷくの良い男性がよく飲んでいるイメージです。僕のフィリピン人の男友達もよくオーダーしていました。

とにかく味が濃い目のビールがお好きな方なら、こちらのサンミゲルピルセンを挑戦してみてください!

アルコール度数・・・5%

コンビニ価格・・・約30ペソ(約63円)

 

サンミゲルレモン (San Miguel Lemon)


フレーバーの中で一番人気!?レモン味のサンミゲルビール

サンミゲルシリーズにはなんとフレーバービールがあり、かなり人気があります。サンミゲルレモンは、シャンディガフやコロナビールに近い味がします。

炭酸がよく効いてレモンの爽やかな風味がとても良く、疲れた時に飲む喉越しの爽快感がたまりません!

こちらは苦味が少ないフレーバービールなので、女性や若い年齢層にとても人気です。よくカラオケやバーで若い人たちが飲んでいるようなイメージです。

アルコール度数・・・3%

コンビニ価格・・・約30ペソ(約63円)

 

サンミゲルアップル (San Miguel Apple)


甘いビールを楽しみたいなら!カクテル感のあるサンミゲルアップル

先ほど紹介したレモンに続きまして、お次はアップルです。こちらは先ほどのレモンよりさらにビール感が弱く、どちらかというと甘いリキュールが入ったカクテルのような味わいがあります。

お酒に強い人だと、これアップルジュースじゃん・・! って思わず突っ込んでしまうビールですね(笑)。

そのぶん、ビールが苦手な方、カクテルや甘いお酒が好きな方には間違いなくオススメできます。なかなかおもしろいビールですよ〜。

アルコール度数・・・3%

コンビニ価格・・・約30ペソ(約63円)

 

レッドホース (Red Horse)


サンミゲルライトの対抗馬!フィリピンで真の人気のビールはレッドホース!?

レッドホースの一番知ってもらいたい特徴、それはアルコール度数の高さです。・・・なんと、7%もあります。まさに安く酔えちゃうビールなのです・・。僕自身そこまでお酒には弱くありませんが、レッドホースは3〜4本一気に飲むと、足がフラフラして良い感じになっちゃいます(笑)。

味は苦味もありスッキリした喉越しもあり、ちょうど良い味わいかと思います。先ほど紹介したサンミゲルライトとサンミゲルピルセン2つを混ぜ合わせたような味のイメージですね。

アルコール度数・・・7%

コンビニ価格・・・約33ペソ(約63円)

 

フィリピンのビールの飲み方

グラスに氷を入れる

・・えっと思われたかもしれませんが、グラスに氷を入れて飲むのがフィリピンスタイル。

フィリピンのレストランやバーでは、日本のようにジョッキに入ってビールが出されるのではなく、ビール瓶をそのまま出されるか、ビール瓶と一緒に中くらいのグラスと氷が用意されるのが一般的です(氷はなくなれば追加オーダー可能)。

これも慣れると意外といけるもので、ビールが苦手な人だと氷で薄めて飲めるという利点もあり、結構現地にいる日本人も率先してこのスタイルでビールを楽しんでいます。

 

地元の人たちと飲むときは回し飲み(タガイ)をする

複数の人で1つのグラスを使ってビールを回し飲みする・・これがタガイ(Tagay)です。

タガイはフィリピンで、友達同士の親睦を深める1つの習慣としてよくおこなわれており、地元のバーや自宅でお酒を飲むときにこのタガイをして楽しんでいます。

1つのグラスにビールをつぎ、渡された人はそれを飲み干し、またそれを次の人に渡し同じようにグラスにビールをつぐ・・・このように回し飲みの無限ループがおこなわれるのです。

実際にやってみると、みんなが同じペースで酔ってテンションが上がっていく姿を見れるので素直に楽しい、そしてその場にいる人たちとすぐに打ち解けることができます。

タガイは兄弟の契りを結ぶ一種の儀式に近いのかも・・・。うん、タガイ最高!

あっ、回し飲みが苦手な人は、丁重に断ってくださいね(笑)。

 

フィリピンでビールを飲むときの注意点2つ

安くて美味しいから...飲み過ぎには注意

安く美味しく酔えちゃう!というのがフィリピンビールの良いところでもあり、同時に怖いところでもある...。

特にお酒に耐性がない人は注意してください。安いから、飲みやすいからと、次から次へとオーダーしたビールを飲み干すことで知らず知らずアルコールを蓄積させ、次の日に影響が出てしまうことも。特に留学生は授業や学校の規則に支障がないように注意してくださいね。

今日はお酒をたくさん飲むぞ!っと決めたときは、信頼できる友達と一緒に何時に何本までという限界を決めておくのをオススメします。

 

音楽やダンスで気分がよくなったから...浮かれ過ぎには注意

音楽に気分が上がりフィリピン人と一緒にダンス・・超盛り上がった結果、記憶を飛ばし貴重品をなくす。

これ実際に僕がやってしまったことです(笑)。酔いすぎてクラブで財布を盗まれてしまいました(泣)。

フィリピンのバーやレストランにはバンドの生演奏、クラブミュージックが流れ陽気に音楽を楽しむのがフィリピンスタイル。これがまた良いんですよね。客席に座りながら音楽に合わせてリズムを刻む人や、カップルで踊る人、しまいには店員さんも大熱唱・・(笑)。

音楽に合わせてビールを楽しむときは、ほどほどにご注意くださいね。
 

まとめ

今回は、フィリピンの代表的なコンビニで買えるオススメビールについて取り上げました。

この記事で紹介したビールのおさらいです。

1. サンミゲルライト (San Miguel Light)
2. サンミゲルピルセン (San Miguel Pale Pilsen)
3. サンミゲルレモン (San Miguel Lemon)
4. サンミゲルアップル (San Miguel Apple)
5. レッドホース (Red Horse)

それでは、ビールをお供に楽しいフィリピンライフを過ごしてくださいね!

飲みすぎにはくれぐれもご注意を。