フィリピンでLINE使えるの? 高額請求がこないために注意すべきことと通信環境事情

フィリピンでの滞在が決まって準備を始めると、ふと気になるのが通信環境。日本でLINE(ライン)を使っている方は、フィリピンでもLINEが使えるかどうか気になりますよね。

結論から言うと、フィリピンでも日本と同じようにLINEを使うことができます。ただし、スマートフォンの使い方を誤ると高額請求が来てしまうことも。

この記事では、フィリピンでLINEを使う場合はどんなことに注意すれば良いのか、また、フィリピンのSNS事情などをお伝えしていきます。

フィリピンではLINEのメッセージ機能だけでなく無料通話も使用できる

冒頭でも少し触れましたが、フィリピンでもLINEは日本と同じように使えます。スマートフォンでLINEのアプリを起動させるだけです。

メッセージ機能だけではなく、無料通話の機能も使えます。LINEの無料通話ができれば、高額な国際電話をしなくて済むので助かりますね。

フィリピンでLINEを使うときの注意点


LINEの機能は日本と同じように使えますが、フィリピンでLINEを使う場合に、いくつか気を付けるべきポイントがあります。

(1)スマートフォンの設定

まずスマートフォンの設定を、携帯電話回線にアクセスができないようにしましょう。

日本ではほとんどの携帯電話契約者がパケット定額サービスに加入しており、携帯電話回線でどれだけLINEをはじめとしたSNSやインターネットにアクセスしても携帯電話料金が増えることはありません。

ところが日本から持参のスマートフォンで設定を変えないでLINEにアクセスすると、国際電話の回線につながります。これはフィリピンから日本に国際電話をかけているのと同じ(国際ローミング)状態で、結果として国際電話の高額電話料金に加え、多額のパケット定額対象外料金を払うことになってしまうのです。

電話回線につながらなくする設定は機種によって異なるので、事前に確認しておきましょう。ちなみにiPhoneの場合は、飛行機に乗る前に機内モードにするかと思いますが、フィリピンに着いてからも機内モードのままにしておけば、電話回線にはつながらない状態となるので安心です。

(2)Wi-Fi環境下での使用

フィリピンでLINEを使うときは、高額請求がきてしまう携帯電話回線ではなく、その心配のないWi-Fiを使ってアクセスしましょう。Wi-Fiの設定は機種によって異なるので、わからない方は事前にご自身が申し込んでいる携帯電話のキャリア(docomo、au、SoftBankなど)に問い合わせてみてください。

また、フィリピンへの長期滞在が決まっていて「フィリピンにいる間は絶対に電話を使わず、Wi-Fi環境下でできることだけする」と決めている方は日本での契約を解除してからフィリピンに出発するのも一案です。

Wi-Fiの種類


では、LINEを使えるWi-Fi環境はどんなところにあるのかを見ていきましょう。誰もが使える公衆Wi-Fiが使える場所と、携帯式ポケットWi-Fiの入手先について見ていきましょう。

(1)無料の公衆Wi-Fi

街中でLINEをはじめとしたSNSサービスを利用したいときに役立つのがFreeWiFi(無料の公衆無線LAN)スポットです。

フィリピンでは都市部を中心に無線LANが広く普及していて、たとえばマニラやセブでは街のあちこちで利用できます。カフェやレストラン、ショッピングモール、ホテル、空港などの施設で利用が可能です。日本のように事前登録や認証も必要なく、外出先での手軽で便利なネット接続方法のひとつです。

(2)ポケットWi-Fi

外出先でのもうひとつの接続方法は、ポケットWi-Fi。ポケットWi-Fiは、大型のショッピングモールで入手できます。価格は15,000円弱とやや値は張りますが、いつでもどこでも自分のペースでネットを使えるのはありがたいですよね。

ポケットWi-Fiを使用する時は、プリペイド式のSIMカードを購入して、本体に差し込んで使います。1日(24時間)使い放題で100ペソ、1週間使い放題で300ペソほどです。

フィリピンの通信速度は、日本の30分の1以下

さて、フィリピンのWi-Fiの速度や使用感についても少しご紹介しましょう。フィリピンのインターネットはDSL通信が主流で、最大速度は3Mbpsです(2016年7月現在)。 日本で主流のフレッツ光の通信速度は最大100Mbpsなので、30倍以上の速度差があります。2016年の終わりにフィリピンのセブに語学留学をしていた方からの情報によると、「3G回線くらいの速さ」という体感だったそうです。

実際どのくらい使えるか

フィリピンのWi-Fi環境は、日本と比べると速度はかなり落ちますが、メールやLINEの送受信、ウェブサイトの閲覧などはさほどストレスなくできます。

ただし、動画の再生やSkype等の動画通話、重いデータを開くときはかなり時間がかかります。自分のペースでネットを使いたい方は、ポケットWi-Fiの購入がオススメです。ダウンロードは約28Mbps、アップロードは約11Mbpsと、日本でもかなり速い部類に入る速度で不自由なく使えます。

フィリピンで人気のSNSは「Facebook」

ちなみに、フィリピンで人気のSNSはダントツでFacebook。Facebook社の発表によると、フィリピンでのFacebook普及率は100%(2016年現在)。老若男女を問わず、フィリピン国民はみんなFacebookを利用しているのです。

つまり、Facebookは現地の方と仲良くなるのに有効なツールと言っても過言ではなさそうです。現地の方とのコミュニケーションには積極的にFacebookを使うのがよいかもしれませんね。

Wi-Fi環境下では、フィリピンでもLINEは日本と同じように使える
  • フィリピンでもLINEは日本と同じように使える(メッセージ機能・電話機能)
  • スマートフォンの設定を電話回線につながらないように要変更(電話回線につながると高額請求がくる)
  • フィリピンでのLINE接続にはWi-Fiを使用:FreeWiFiを使用、もしくはポケットWi-Fiを購入
  • フィリピンのWi-Fiの通信速度は日本の30分の1だがLINE使用にはさほど不便ではない速さ
  • フィリピン人と仲良くなるには、LINEよりもFacebookが有効

フィリピンでも、日本にいるときと同じように、LINEのメッセージ機能と電話機能が使えます。

ただし電話回線に接続すると高額請求がくるので、スマートフォンの設定を電話回線につながらないようにすることを忘れないようにしましょう。