フィリピン入国書類の書き方

フィリピンに入国する際、入国カード、税関申告書、健康状態チェックカードを記入して提出する必要があります。これらの入国書類は飛行機の機内で配られます。

機内で配られる入国カード
  • 入国カード
  • 税関申告書
  • 健康状態チェックカード
※フィリピンの入国書類は頻繁に変わり、健康状態チェックカードや税関申告書は提出不要の場合もあります。

フィリピンに初めて入国する方は、入国書類の書き方がわからないと思います。今回は、フィリピン入国時に必要な入国書類の書き方を解説します。

入国カードの書き方

入国書類は、入国者各自ボールペンで記入します。フィリピンの空港にも入国カードが置いてありますが、入国をスムーズに済ませるために機内で記入します。ボールペンは機内で渡されないので、機内に持ち込むバッグにボールペンを入れておきましょう。

入国カード下部にある「サイン」の項目以外は、アルファベットと数字しか使えません。日本語で記入しないように注意しましょう。

「ARRIVAL CARD」と書かれた下記の用紙が入国カードです。また、フィリピンを出国する際に出国カード「DEPARTURE CARD」の記入を求められる場合があります。出国カードも入国カードと同じ書式です。

引用: http://www.ph.emb-japan.go.jp/pressandspeech/osirase/2014/022414.html

  • LAST NAME(姓)
    パスポートと同じ綴りで姓(名字)を記入します。
  • FIRST NAME(名)
    パスポートと同じ綴りで名(下の名前)を記入します。
  • MIDDLE NAME(ミドルネーム)
    ミドルネームがある場合は記入します。ミドルネームがない場合は何も記入しません。
  • CONTACT NUMBER / E-MAIL ADDRESS(電話番号 / メールアドレス)
    電話番号かメールアドレスを記入します。電話番号があればメールアドレスは記入しません。
  • PASSPORT NUMBER(パスポートナンバー)
    パスポートの右上に記載されているアルファベットと数字を記入します。
  • COUNTRY OF FIRST DEPARTURE(出発した国)
    日本から飛行機に搭乗した場合は「JAPAN」、日本以外から出発した場合は出発国名を記入します。
  • COUNTRY OF RESIDENCE(住んでいる国)
    日本国籍の方は「JAPAN」、日本国籍以外の方は国籍をおいている国名を記入します。
  • OCCUPATION / WORK(職業)
    職業を記入します。

    【職業の記入例】

    職業記入例
    学生STUDENT
    会社員OFFICE CLERK
    主婦HOUSEWIFE
    会社役員EXECUTIVE
    会社社長PRESIDENT
    国家公務員GOVERNMENT OFFICIAL
    地方公務員LOCAL GOVERNMENT OFFICIAL
    個人経営者PROPRIETOR
    医師DOCTOR
    無職NONE
  • FLIGHT / VOYAGE NUMBER(飛行機の便名)
    航空券に記載されている飛行機の便名を記入します。
  • PURPOSE OF TRAVEL(旅行目的)
    一覧の中から該当する項目1つを選択します。留学の場合はPLEASURE / VACATION(観光)にチェックします。
     
    項目項目の意味
    PLEASURE/VACATION観光
    FRIENDS/RELATIVES友人/親戚訪問
    CONVENTION/CONFERENCE会議
    EDUCATION/TRAINING教育/研修
    OFFICIAL MISSION公務
    HEALTH/MEDICAL医療
    OVERSEAS FILIPINO WORKER海外労働から帰国
    (フィリピン人)
    RETURNING RESIDENT帰国
    (フィリピン人)
    WORK/EMPLOYMENTフィリピンで労働
    BUSINESS/PROFESSIONALビジネス
    RELIGION/PILGRIMAGE宗教
    OTHERSその他
  • SIGNATURE OF PASSENGER(サイン)
    パスポートと同じサインを記入します。

税関申告書の書き方

税関申告書は、下記いずれかに該当するものを持っているか確認する書類です。家族で入国する際には代表者1名が記入します。

  • 生きた動物、植物、魚、その加工品(ハムやソーセージなど)
  • 10,000ペソ以上のフィリピン紙幣、硬貨、小切手、郵便為替、金券
  • 10,000USドル以上の外貨(USドル以外も含む)
  • 輸入禁止商品(鉄砲、銃弾、拳銃の部品、規制薬品)
  • 輸入制限品(CD、DVD、通信機器、トランシーバー)
  • 販売目的の電子製品、広告宣伝用商品、商品の見本
入国カードと同じく「サイン」の項目以外は、アルファベットと数字しか使えません。

引用:http://caea-ph.com/caeablog/questions/フィリピンの「入国カード」と「税関申告書」/

  • NAME(名前)
    名前を記入します。
  • SEX(性別)
    男性はMALE、女性はFEMALEにチェックします。
  • BIRTHDAY(生年月日)
    生年月日を「月/日/年」の形式でゼロ埋めして記入します。年の箇所は西暦の下二桁です。
    例:1990年1月23日の場合は01/23/90と記入
  • CITIZENSHIP(国籍)
    日本国籍であれば「JAPAN」と記入します。
  • OCCUPATION / PROFESSION(職業)
    入国カードと同じように職業を記入します。
  • PASSPORT NO(パスポートナンバー)
    パスポートの右上に記載されているアルファベットと数字を記入します。
  • DATE AND PLACE OF ISSUE(パスポート発行日と発行地)
    パスポートに記載されている「発行年月日」「本籍」「国籍」を記入します。
  • ADDRESS Philippines(フィリピンの住所やホテル名)
    滞在先を記入します。ホテルや学校付属の寮に滞在する場合、学校名やホテル名だけ記入します。ホームステイの場合はホームステイ先の住所を記入しましょう。
  • ADDRESS Abroad(日本の住所)
    日本の住所を番地、町名、市名、県名、国名の順番で記入します。
  • FLIGHT NO(飛行機の便名)
    航空券に記載されている飛行機の便名を記入します。
  • AIRPORT OF ORIGIN(搭乗空港名)
    飛行機に搭乗した空港名を記入します。
  • DATE OF ARRIVAL(入国日)
    入国日を「月/日/年」の形式で記入します。
  • PURPOSE(旅行目的)
    旅行や留学であれば「Tourism」にチェックを入れます。
項目項目の意味
Balikbayan帰国
(フィリピンの帰国制度)
Returning Resident帰国者
(フィリピン人)
Overseas Philipino Worker海外労働から帰国(フィリピン人)
Businessビジネス
Tourism観光
Othersその他
  • NO. OF ACCOMPANYING MEMBERS OF FAMILY(同伴の家族人数)
    一人で入国する場合は「0」を記入します。
  • NO. OF BAGGAGE(荷物の個数 預け入れ/機内持ち込み)
    預け入れ荷物個数は「Checked-in」の後、機内持ち込み荷物個数は「Handcarried」の後に数字を記入します。
  • GENERAL DECLARATION(該当する所持品の申告)
    下記に該当する所持品がある場合はYesにチェックします。

1. 生きた動物、植物、魚、その加工品(ハムやソーセージなど)
2. 10,000ペソ以上のフィリピン紙幣、硬貨、小切手、郵便為替、金券
3. 10,000USドル以上の外貨(USドル以外も含む)
4. 輸入禁止商品(鉄砲、銃弾、拳銃の部品、規制薬品)輸入制限品(CD、DVD、通信機器、トランシーバー)
5. 販売目的の電子製品、広告宣伝用商品、商品の見本

上図2の項目の下にある質問には、「2にYESの場合、フィリピン中央銀行の許可を得ていますか?」と書いてあります。

  • SIGNATURE OF PASSENGER(サイン)
    航空券と同じ名前を記入します。
  • DATE OF LAST DEPARTURE(出国日)
    出国日を「月/日/年」の形式で記入します。

健康状態チェックカードの書き方

健康状態チェックカードは自身の健康状態を記入する書類で、感染症持ち込み対策のため実施されます。

入国カードと同じく「サイン」の項目以外は、アルファベットと数字しか使えません。

引用:http://pjf.la.coocan.jp/arrival.htm

  • Name(名前)
    性、名の順に名前を記入します。
  • Sex(性別)
    男性はMALEの「M」、女性はFEMALEの「F」を記入します。
  • Age(年齢)
    年齢を記入します。
  • Nationality(国籍)
    日本国籍の方は「JAPANESE」と記入します。
  • Flight(便名)
    航空券に記載されている飛行機の便名を記入します。
  • Arrival Date(入国日)
    入国日を記入します。
  • ADDRESS IN THE PHILIPPINES(フィリピン住所)
    フィリピンに住所がある場合のみ記入します。旅行や留学の方は空欄にします。
  • NAME OF HOTEL(ホテル名)
    滞在するホテル名を記入します。留学で学校の寮に住む場合、学校名を記入します。
  • Address of Hotel(ホテル住所)
    滞在するホテルや学校の町名と市名を記入します。
  • Tel No(電話番号)
    滞在するホテルや学校の電話番号を記入します。
  • E-mail Address(メールアドレス)
    自分のメールアドレスを記入します。
  • Travel History(旅行歴)
    14日以内に日本とフィリピン以外の国へ訪れた場合のみ、国名を記入します。
  • 症状のチェックリスト
    14日以内に病気や症状があった場合のみ、該当する項目にチェックします。
項目項目の意味
Fever発熱
Body Weaknessだるさ
Cough
Headache頭痛
Difficulty of Breathing呼吸障害
Sore Throat喉の痛み
Severe Diarrhea重度の下痢
  • 病気の感染に関するチェックリスト
    3つの項目は、上から順に下記の質問です。該当しない場合は「No」にチェックを入れます。
  • 医療施設や老人ホームに訪れましたか?
  • 動物園、養鶏場、屠畜場に訪れましたか?
  • 4~6時間以内に抗生物質を服用しましたか?
  • Signature of Passenger(サイン)
    パスポートと同じサインを記入します。

入国書類の提出

入国カードと健康状態チェックカードの提出

入国カードと健康状態チェックカードは、フィリピンの空港に到着後の入国審査で提出します。また、入国審査ではパスポートと帰りの航空券も提示します。

税関申告書の提出

入国審査が終わると、預け入れ荷物を受け取ります。荷物受け取り後は税関へ進み、税関審査官に税関申告書を提出します。また、パスポートと日本出国時の荷物預かり証を提示します。

税関はほとんどの場合スムーズに通過できますが、荷物の中身をチェックされる場合もあります。税関審査官の指示に従い、荷物の中身を見せましょう。