タクシーで困らない英語フレーズ60選

タクシーで困らない英語フレーズ

英語に自信がないと、海外で不安に感じるのが「タクシー」ではないでしょうか。けれど基本の英語フレーズを覚えておけば案外スムーズに使いこなせます。

タクシーでの英会話のポイントは、なるべくシンプルに行き先を告げること。運転手もシンプルに受け答えしてくれますので、今回ご紹介する英語フレーズをぜひ使ってみてください!

タクシーで困らない英語フレーズ60選

タクシーで困らない英語フレーズ45選

タクシーに乗る、行き先を英語で伝える

■タクシーに乗り込むとき

Hi./Hello./Good morning.

「こんにちは/おはようございます」

Hi, how are you?

「こんにちは、元気ですか?」

無言のまま、いきなり行き先を告げるのはあまりに無粋。フレンドリーにふるまうことでより良いサービスも受けられます。もちろん運転手から先に声を掛けてくることも多いです。

Hi や Hello にさらに How are you? のように一言加えてあげるとより好印象です。
■大きな荷物があるとき

I have two suitcases. Could you put them in the trunk?

「スーツケースが2ヶあります。トランクに積んでもらえますか?」

I have luggage. Could you put it in the trunk?

「荷物があります。トランクに積んでもらえますか?」

Can you open the trunk for me?

「トランクを開けてもらえますか?」

Can I put my luggage in the trunk?

「トランクに荷物を入れてもいいですか?」

トランクに荷物を積んでほしいときに、ぜひ使ってみてください。 luggage「荷物」は常に単数形となるのでご注意を。

荷物は運転手が好意で荷物を運んでトランクに入れてくれることもありますが、国や地域によってはこのようにサービスをしてもらった場合は、その分のチップを渡す習慣があります。

また、荷物は自分で入れてね、という運転手ももちろんいるので、その場合は自らトランクを開けてもいいか(開けてもらえるか)確認しましょう。
 
行き先を告げたいとき

■行き先を告げたいとき

Can you take me to JFK Airport, please?

「JFK空港までお願いします」

I’m going to Plaza Hotel, 768 5th Avenue.

「5番街768番地のプラザホテルに行ってください」

Can you go to at the corner of 125th Street and Lenox Avenue?

「125丁目とレノックス大通りの角まで行ってもらえますか?」

大都市では空港や大型駅などを除き、有名ホテルですら名称だけでは通じないことが多く、正確な住所を伝える必要があります。

タクシー料金や所要時間を英語で確認する

■所用時間を聞きたいとき

How long does it take to get there?

「そこまでどれくらいかかりますか?」

Do you know how long it might take?

「どれくらいかかりそうかわかりますか?」

■先におおよその金額を聞きたいとき

How much will it be?
How much will it cost?

「いくら(くらい)かかりますか?」

How much to 〜?

「〜までいくらですか?」

タクシー料金の相場は国やエリアによって異なりますが、多く請求されないためにも、行き先を告げたときにおおよその料金を聞いてもいいでしょう。
■橋やトンネルの通行料金を確かめたいとき

How much is the toll for the Lincoln Tunnel?

「リンカーン・トンネルの通行料はいくらですか?」

Is there a toll for 〜?

「〜は通行料がかかりますか?」

■そのほかの追加料金を確認したいとき

Are there any other extra charges?

「ほかに追加料金はありますか?」

Are there any other charges I should know about?

「ほかに知っておくべき追加料金はありますか?」

■メーターをつけて欲しいとき
Could you turn on the meter, please?

「メーターをつけていただけますか?」

Can you please start the meter?

「メーターをスタートしてもらえますか?」

タクシーに乗っている途中に英語でお願いをする

■急いでいるとき

Can you hurry up? I got to be there by 10.

「急いでもらえますか? 10時までに着かなければならないので」

Can you get there by noon?

「正午までに着けますか?」

I am in a hurry. Could you hurry a little bit?

「急いでいるんです。少しだけ急いでもらえますか?」

■少しスピードを落としてほしいとき

Could you please slow down a little?

「少しスピードを落としてもらえますか?」

Please slow down a little.

「少しスピードを落としてください」

■途中で立ち寄りたい場所があるとき

Could you stop by Chase bank before you go to the airport?

「空港に行く前にチェイス銀行に寄ってもらえますか?」

I'd like to stop by the post office first.

「最初に郵便局に寄りたいです」

■立ち寄り先でいったん降り、タクシーに待っていて欲しいとき

Could you wait for me here, please?

「ここで待っていてもらえますか?」

I will be right back.

「すぐに戻ってきます」

■友人と同乗し、それぞれの自宅に向いたいとき

I will get off at ●, and she's going all the way to ▲.

「私は●で降ります。彼女は▲まで行きます」

We have 2 destinations. First, go to ●, then go to ▲, please?

「行き先が2ヶ所あります。まず●に行き、それから▲に行ってもらえますか」

「行き先が2ヶ所ある」ことを先に伝えると明確になりますよ。
 
行き先を指示したいとき

■行き先を指示したいとき

Can you make a right (left) turn?

「右(左)に曲がってください」

turn を付けずに make a right(left) でも通じます。

Keep on going straight.

「真っすぐに行ってください」

Stop in front of the Apollo Theater.

「アポロ劇場の前で停まってください」

Go in the driveway.

「ドライブウェイに入ってください」

ドライブウェイとは、車道から家屋やビルの入り口前に通じる私設道のことを言います。
■特定のルートを指示したいとき

Could you take this route to the Grand Central Terminal?

「グランドセントラル駅まで、この道順で行ってもらえますか?」

Can you take 6th Avenue instead of 10th Avenue?

「6番街の代わりに10番街を通ってもらえますか?」

口頭で特定の道順を指示しづらい場合は、地図を見せながら伝えましょう。
■着くタイミングを確かめたいとき

Are we almost there?

「もうそろそろ着きますか?」

How much longer will it take?

「あとどれくらいで着きますか?」

■運転手のおすすめを聞きたいとき

What restaurant do you recommend in this area?

「この辺りのおすすめのレストランはどこですか?」

Where is the best spot to visit around here?

「この辺りで一番おすすめのスポットはどこですか?」

タクシーの運転手はその地域のプロ。おすすめのレストランや観光スポットなどを聞いたら、意外な穴場を教えてくれるかもしれません。
■途中で降りたいとき

Oh, traffic is bad! Please drop me off here.

「あぁ、渋滞がひどいですね。ここで降ろしてください」

I will get off here, thank you.

「ここで降ります。ありがとうございます」

Here is fine. I’m going to get off.

「ここでいいです。降ります」

料金の支払い、タクシーを降りるときの英語フレーズ

支払いのとき

■支払いのとき

Do you accept credit cards?

「クレジットカードで払えますか?」

Can I use credit cards?

「クレジットカードで払えますか?」

May I have a receipt, please?

「領収書をもらえますか?」

Keep the change.

「お釣りは取っておいてください」

Can I have the change, please?

「お釣りをいただけますか?」

普通は料金を渡していったんお釣りを受け取り、改めてチップを払いますが、お釣りの額と渡したいチップの額がおおよそ一致する場合は、お釣りをそのまま取ってもらいます。

また、本当はお釣りが欲しいのに、運転手がチップ込みと勘違いして返ってこないこともあるかもしれません。そんなときははっきり言ってお釣りをもらいましょう。
■降りるとき

Thank you./Thanks.

「ありがとうございます」

(1) Thank you so much.

「本当にありがとうございました」

(2) Thanks a lot.

「ありがとうございました」

(3) Thanks a million.

「本当にありがとうございました」

荷物の積み降ろしなど追加のサービスを受けた場合は(1)〜(3)の丁寧なお礼をしましょう。(2)(3)はカジュアルでありながら感謝の度合いが高いフレーズです。

Have a nice day.

「良い1日を」

別れ際にさらっと Have a nice day と言ってあげると、お互い気持ちよく残りの1日を過ごせそうです。

タクシーを呼ぶ、呼んでもらうときの英語フレーズ

電話でタクシーを呼びたいとき

■電話でタクシーを呼びたいとき

May I have a taxi at Chelsea Market?

「チェルシーマーケットに来てもらえますか?」

Could you pick me up at 8 a.m.?

「朝8時に来てもらえますか?」

Could I book a taxi? Tomorrow, 7 p.m., to Penn Station from the Convention Center on 34th Street.

「タクシーを予約できますか? 明日、午後7時、34丁目のコンヴェンション・センターからペン駅まで」

I have a flight at 10 a.m. What time do you think should I leave the hotel?

「午前10時の便に乗ります。(タクシーでこのホテルを)何時に発てばいいですか?」

■ホテル・レストランでタクシーを呼んでもらいたいとき

Could you call a taxi for me?

「タクシーを呼んでいただけますか?」

Could you arrange a taxi for us tomorrow at 9AM?

「明日午前9時にタクシーを手配していただけませんか?」

I would like a taxi, please.

「タクシーをお願いします」

覚えておきたい! タクシー関連用語

  • taxi driver = タクシー運転手
  • cab = タクシー
  • cabbie = タクシー運転手
  • fare, car fare = タクシー料金
  • toll = 高速道路、橋、トンネルなどの通行料金
  • hail a taxi = (手を挙げて)タクシーを拾う
  • traffic jam, bumper to bumper = 交通渋滞
  • flat rate(*1) = 均一料金

*1…たとえば、NYマンハッタンからJFK空港はメーターを使わない flat rate です。

タクシー英会話に挑戦してみよう

タクシー運転手との英会話は「シンプル」が基本です。まずは上記に挙げた基本的な英語文章でトライしてみてください。もし通じなければ行き先間違いを防ぐために、行き先の名称や住所のみを単体で伝えましょう。

すべて通じて走り出した後はリラックス。運転手に土地の情報を聞くなど、英語でのおしゃべりを楽しんでみましょう。英会話の練習と情報ゲットのまさに一石二鳥ですね。

では、Enjoy your taxi ride!