「トイレが流れない!」 ホテルで困ったらすぐに使える英語表現41選

ホテルで困ったらすぐに使える英語表現

海外旅行のとき、一人でホテルのチェックインからチェックアウトまでを英語でこなすことはできますか。

チェックインとチェックアウトだけなら簡単なフレーズや単語だけで済むものの、いざトラブルが起こったりしたら、ホテルのスタッフと英語でやりとりするのは一苦労ですよね。状況を説明したいのに英語がとっさに浮かばい……というのはよくある事です。

そこで今回は、そんなピンチにもすぐに使える「ホテルで困った時に役立つ英語表現」をまとめて41個ご紹介します!

 

ホテルで困ったらすぐに使える英語表現41選

チェックイン時のトラブル

チェックイン時のトラブル

フロントでもらった鍵で部屋のドアが開かない場合には、フロントに戻ってこんなふうに伝えてみましょう。

また、部屋に入ってみたら予約した部屋と違っている、なんていうこともあります。例えば、ダブルを予約したのにツインの部屋に通された、もしくは逆の場合もありますよね。そんな時はこんなフレーズが役に立ちます。

 

入室後のトラブル

無事に終えて部屋に入ったら、まず何をしますか?

とりあえずくつろぎたい人、部屋の中をあれこれ見て回る人、様々だと思いますが、私はまず部屋の中をチェックしてしまいます。シャンプーやタオルが無い、もしくは足りない、テレビが点かないといったことも海外のホテルではそれほど稀ではないので、最初に軽くチェックしておくといいですよ。

もし何かが足りない場合はフロントに電話してみましょう。(フロントは和製英語で、英語では "front desk" や "reception" と言うので注意が必要です)

 

◆フロントに電話をする

フロントに電話をする

まずは部屋番号を伝えます。

ホテルの部屋番号は最初の二ケタと後ろの二ケタに分けて読むことが多いので、この場合は "five ten" と読むことができますが、もちろん "five one zero/oh" でもOKです。

また、電話ではなく直接フロントへ行って話す場合は

となります。

英語に自信がない場合、大きなホテルだと日本人スタッフ、もしくは日本語が話せるスタッフが常駐している可能性もあるので、こんなふうに聞いてみてもいいですね。

このフレーズを忘れてしまったときには、フロントにいるスタッフに単刀直入に

と聞いてみましょう。たとえその人が日本語を話せなくても、日本語が話せるスタッフがいる場合にはその人を呼んでくれるはずです。

 

◆足りないものを部屋に持ってきてもらう

部屋のアメニティーやタオルがなかったり、足りない場合にはフロントに電話してこんなふうに伝えてみましょう。その他にも何か見当たらないものがあれば、単語を入れ替えると応用できますよ。

このような「何かが足りない・もう少し欲しい」といった時のために「◯◯を持ってきてもらえますか?」というフレーズも必ず覚えておきたいですね。

 

◆部屋の設備のトラブルを伝える

部屋の設備のトラブルを伝える

部屋のトイレを使ってみたら流れなかった、シャワーのお湯が出ない……など、英語で説明するのが難しいと感じるかもしれないのがこの手のトラブルです。

英語で、しかも電話で詳しく説明するのは難しいので、まずはシンプルな英語で状況を理解してもらうことが大切ですね。

また、テレビやエアコンなどが「壊れている・動かない」と伝えたい場合に役立つのが "work" という単語です。 "work" には「働く」だけではなく、機械などが「機能する」という意味もあります。

シャワーヘッドが折れているなどの物理的に「壊れている」場合や、動かなくて完全に「壊れている」場合には "broken" でOKですが、「作動しない・機能しない」というニュアンスを伝えるには "work" がピッタリなので、ぜひ覚えておきたい単語です。

ちょっと表現力を上げたい方には "◯◯ doesn't seem to be working(動いていないようです)""There is something wrong with ◯◯" も使えるフレーズです。

このようなフレーズで何が問題なのかを伝えたら、最後は以下のフレーズを使って部屋まで見に来てもらうようにお願いしてみましょう。

 

◆部屋を替えてもらうようお願いする

前述した通り、チェックイン時に予約した部屋と違うタイプの部屋に通された場合はもちろんですが、入室後にも外の車の音や隣の部屋がうるさかったり、部屋が臭うといった場合には「部屋を替えてもらえませんか?」とお願いすることもできます。

部屋を替えて欲しい理由を伝えたら、「部屋を替えて欲しい」とはっきりリクエストしましょう

 

◆インターネットが使えない

インターネットが使えない

ホテルによっては宿泊客が無料でインターネットを使える所もあれば、お金を払ってWi-Fiのパスワードを発行してもらうようなシステムのところもあります。何でもインターネットでできてしまう今の世の中、海外旅行中でもインターネットが使えないと不便ですよね。

そんなときに役立つ表現はこちらです。

 

◆ホテルで最も困ることと言えば「インロック」

ホテルの部屋のドアはオートロックになっていることが多いので、うっかり鍵を持たずに外に出てしまってインロック(インキー)してしまった……という経験がある人も少なくないのではないでしょうか。

そんな時に覚えておきたいフレーズはこちらです。

インロックやインキーは和製英語なので、英語では通じません。 "lock out" のように「(自分が)外に閉め出された」「(自分自身を)閉め出した」という表現をします。

 

快適なホテルライフにするために

ホテルで困ったときに役立つ表現41選、いかがでしたか?

英語で説明するのって大変だし面倒くさいなぁと思うかもしれませんが、特に部屋の設備の不具合などは黙って我慢せずに、必ずフロントに連絡しましょう

と言うのも、自分が使う前にすでに壊れていた・動かなかったということをアピールしておかないと、あなたが壊したと誤解されてしまう可能性もあるからです。日本人は自分が我慢すれば済むところは我慢してしまいがちですが、海外ではそれが裏目に出てしまうこともあるということを心に留めておきましょう。

今回紹介した英語表現はどれもシンプルなものなので、無理なく使えそうですよね。今スグには覚えられなくても、いざ「困った!」という時にこのページに戻ってきて役立ててもらえたら嬉しいです。