バンクーバーから2時間!ビクトリアが位置する“バンクーバー島”のオススメ観光スポット7選

バンクーバー島と聞いて、「え、バンクーバーって島だったの?!」と驚かれる方も多いですが、バンクーバー島はカナダ南西部に浮かぶブリティッシュコロンビア州の島の部分を指しています。

フェリーを使えばバンクーバーからおおよそ2時間で到着できるこの島は、木々や植物、青々とした美しいビーチなど自然が豊かで、1日がゆったりと過ぎていくのが最大の魅力。今回は、旅行者たちを癒すバンクーバー島で訪れたい観光スポットをピックアップしてみました。

そもそもバンクーバー島とは?

観光スポット紹介の前に、バンクーバー島について簡単に説明を。

バンクーバー島は、ブリティッシュコロンビア州最大都市として知られるバンクーバーとは異なり、バンクーバーと海峡を隔てて浮かぶ、カナダ南西部の島部分のことです。観光地としても有名なブリティッシュコロンビア州の州都ビクトリアは、実はこの島の南端に位置しています。

その他には、カナダで有名な甘いお菓子『ナナイモバー』の発祥地であるナナイモや、美しいビーチが人気のトフィーノも、バンクーバー島の一部なのです。

1、クレイグダーロック・キャッスル(Craigdarroch Castle)


今から100年近く昔に建てられたクレイグダーロック・キャッスルは、非日常的な空間を味わいたい人にはもってこいの観光スポットです。スコットランドから移民し、炭鉱で財をなした富豪ロバート・ダンスミュア氏が、その財産と権力を世に知らしめるために建てたというお城ですが、残念ながら城の完成は彼が亡くなった後でした。

今も色褪せぬ美しいステンドグラスや豪華な装飾の数々に魅せられる観光客が後を絶たないとのこと。ダウンタウンから少し離れたところに位置していますが、一見の価値アリです。

HP : http://thecastle.ca
住所 : 1050 Joan Crescent, Victoria
営業時間 : 毎日10:00-16:30
6月15日〜9月6日の期間は毎日9:00-19:00
12月25日、26日、1月1日は休館

2、ブッチャートガーデン(The Butchart Garden)


年間で100万人近くの観光客が訪れるブッチャートガーデンは、世界でも有名な庭園のひとつ。もともとは北米のセメント産業で財をなしたロバート・ブッチャートが所有していた採石場だった場所を、妻のジェニーが「もっと美しい場所にしよう」と花などの植物を植え始めたことから生まれました。サンクガーデンと呼ばれる沈床園、バラ園、日本庭園、イタリア庭園など、様々なスタイルの庭を一度に楽しめます。

春や夏の花が咲き乱れる時期はもちろんの事、冬になればホリデーシーズンのイルミネーションが植物たちと美しく共演。四季折々で見所が満載なので、いつ来ても忘れられないひと時を過ごせるでしょう。

HP : http://butchartgardens.com/gardens
住所 : 800 Benvenuto Ave, Brentwood Bay
営業時間 : 年中無休(営業時間は時期により異なるのでHPをチェック)

3、ブリティッシュコロンビア州議事堂(British Columbia Parliament Buildings)


ビクトリアの代名詞的建造物と言えば、100年以上もの歴史を持つブリティッシュコロンビア州議事堂。一年を通して無料で見学ができ、実際に足を運んだ観光客からは「建造物がとても美しい」「州の歴史を肌で感じられる」などと評判の、非常に人気のあるスポットです。実際の議会の様子も見学可能。初めての方は、毎日行われる約30分のパブリックツアーに参加してみるといいかもしれません。

HP : http://leg.bc.ca
住所 : 501 Belleville Street, Victoria
営業時間 : 平日8:30-17:00

4、Robert Bateman Centre Gallery


ロバート・ベイトマンはトロント出身の博物学者であり、画家。このギャラリーには、幼い頃から自然や動物達などを絵に描いたり、彫刻を作ったりしていたというベイトマンの数々の作品が展示されています。

特に8歳の時からバードウォッチングに夢中であるという彼が、鳥たちを描いた作品が飾られたBirdsong Galleryは必見です。毎週火曜と土曜の週に二回、一般向けのツアーが行われていて、ベイトマン作品への理解を深めるのにオススメです。

HP : http://batemancentre.org
住所 : 470 Belleville Street, Victoria
営業時間 : 毎日10:00-17:00

5、ロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア博物館(Royal BC Museum)


1886年に設立されて以降、来場客の想像力を掻き立てる展示が人気で、多くの人々に愛されているロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア博物館。ブリティッシュコロンビア州の豊かな自然とこれまでの歴史を一気に知ることができ、中でも先住民族のコーナーはこの博物館の見どころの一つとなっています。

併設されているIMAXシアターでは、4Kプロジェクションシステムによる高精細な画面で映画を楽しめ、映画によっては3Dが上映されることも。子供から大人まで楽しめる観光スポットを探している方は、ここで決まり!

HP : http://royalbcmuseum.bc.ca
住所 : 675 Belleville Street, Victoria
営業時間 : 10:00-17:00(冬季:2017年10月8日〜2018年5月17日)

6、ユークルエレット水族館(Ucluelet Aquarium)


©Ucluelet Aquarium

バンクーバー島トフィーノの南東に位置するユークルエレットという街。この街にあるユークルエレット水族館では、地元の海に生息する海洋生物たちについて学ぶことができます。知識と経験豊かなスタッフの方々が様々な海の生き物について丁寧に教えてくれるので、退屈せずに楽しめることでしょう。

例年3月中旬〜11月下旬までオープンしており、シーズンが終わると一旦生き物たちを海に返すという優しい取り組みが行われているようです。都会の大きな水族館とは違った親しみやすさのある小さな水族館で、今まで見たことのなかった海洋生物たちとの出会いを果たしてみては?

HP : http://uclueletaquarium.org
住所 : 180 Main Street, Ucluelet
営業時間 : 10:00-17:00(例年3月中旬〜11月下旬)

7、フォート・ロッド・ヒル国立歴史公園(Fort Rodd Hill and Fisgard Lighthouse National Historic Sites)


1895年〜1956年まで、ビクトリアやエスクィマルトという地域の海軍基地防衛を担っていたとされるフォート・ロッド・ヒルは、現在は国立歴史公園になっており、多くの観光客が訪れる有名スポット。

中でも彼らの一番のお目当ては、フィスガード灯台です。可愛いフォルムがSNS映えすると人気のこちらは、かつては船乗りたちの大切な目印として機能していました。その他に地下壕や兵器など、軍隊のトップシークレットだった場所や物を垣間見ることができ、昔の水兵さんになったかのようなワクワク感を感じられることでしょう。

HP : http://pc.gc.ca/en/lhn-nhs/bc/fortroddhill
住所 : 603 Fort Rodd Hill Road, Victoria
営業時間 : 例年10:00-16:00or17:00(季節によって異なる)

まとめ

バンクーバー島は、自然だけではなく多くの歴史的情緒を味わうことのできる島です。

今回紹介したスポットに足を運べば、カナダの昔にタイムスリップしたかのような気分を味わえるかもしれません。

旅行で訪れるのなら、バンクーバー島のゆったりとした時間の流れを存分に楽しむために、ぜひとも余裕を持った観光プランを立ててみてくださいね!