カナダでWi-Fiを利用するには?カナダで使えるWi-Fiと注意点を解説

留学中、Wi-Fiがあればスマートフォン、パソコン、iPadなどでいつでもインターネットを使えます。カナダで留学生活が始まってから「インターネットが使えなくて不便」ということがないよう、留学前に準備や下調べをしておきましょう。

初めての留学では「モバイルWi-Fiルーターのレンタルが必要か知りたい」「Wi-Fi契約の費用を抑えるには?」など疑問も多いと思います。

今回は、カナダで使えるWi-Fiを紹介し、Wi-Fiを契約する前に確認しておきたい注意点を解説します。

カナダでWi-Fiを利用する方法


カナダでWi-Fiを使うには、3つの方法があります。

  1. フリーWi-Fiスポットを使う
  2. 海外用レンタルWi-Fiを契約する
  3. カナダ現地のレンタルWi-Fiを契約する

1. フリーWi-Fiスポット

カナダは、インターネットに無料接続できるフリーWi-Fiスポットが、日本よりも普及しています。外出中のインターネット接続で困ることはほとんどありません。

フリーWi-Fiスポットを利用できる場所
  • 大学や語学学校
  • レストランやカフェ
  • 図書館
  • ショッピングモール
  • 地下鉄の駅

フリーWi-Fiスポットは公共のWi-Fiなので、利用する際はセキュリティに注意が必要です。クレジットカード情報、個人情報を送信する必要があるネットショッピングなどは利用しないようにしましょう。

Wi-Fiの接続には、情報の暗号化がされていない「None」、セキュリティが弱い「WEP」、セキュリティが強い「WPA」があります。フリーWi-Fiスポットを利用するときは、セキュリティが強いWPAのWi-Fiを利用しましょう。Wi-Fi接続時に「WPA」と表示されている接続先を選ぶと、自動的にセキュリティが強いWi-Fi接続になります。

2. 海外用レンタルWi-Fi

海外用レンタルWi-Fiは、日本の通信会社が提供しているWi-Fiサービスです。海外用モバイルWi-Fiルーターをレンタルして持ち運ぶことで、いつでもWi-Fiに接続できます。1日単位でレンタルできるので、短期留学の方にオススメです。

機材の故障などで万が一インターネットに接続できない場合でも、日本語で問い合わせられ、サポートが充実しています。

カナダで使える海外用レンタルWi-Fi
  • Wi-Ho
  • イモトのWiFi
  • グローバルWiFi

通信量制限は各社1日あたり250MB以上、よほどのことがない限り通信量の制限に達することはありません。

レンタル料金は通信会社によりますが、1日あたり400円~1,000円です。長期留学では、1ヶ月間のレンタルで1万円~3万円かかり、料金が高額になるのがデメリットです。

日本国内向けのレンタルWi-Fiはカナダで使えない

日本で使えるWi-Fiを契約している方は「モバイルWi-Fiルーターをカナダに持って行けば使える?」という疑問があると思います。下記のような日本国内向けのWi-Fiはカナダで使えません。

日本国内向けWi-Fi
  • WiMAX
  • Y!mobile(Wi-Fi)
  • docomoポケットWiFi

国内向けのWi-Fiは、一時的にサービス利用を停止できない通信会社がほとんどです。長期間国内向けWi-Fiを使わない方は一度解約し、帰国後に再度契約しましょう。

3. カナダ現地のレンタルWi-Fi

日本と同じく、カナダの通信会社にもレンタルWi-Fiのサービスがあります。レンタル料金は1ヶ月あたり5,000円~1万円、契約が24ヶ月となっていることがほとんどなので、長期留学の方にオススメです。

Wi-Fiを契約できるカナダ現地の大手通信会社
  • Rogers
  • Bell
  • Telus
  • Shaw

カナダ現地のレンタルWi-Fiは、日本のWi-Fiと比べて通信速度が遅い、プランによっては通信量制限が低いのがデメリットです。長時間動画を見るなど通信量が多い方の場合、通信量無制限プランに加入する必要があり、月額約2万円かかります。

Wi-Fiを契約する前に確認しておきたいこと

ホームステイ先や学生寮のWi-Fi環境

ホームステイ先や学生寮にWi-Fi環境がないと、外出先でしかインターネットを利用できず不便です。大学、語学学校、外出先ではフリーWi-Fiスポットを利用すれば良く、宿泊先にもWi-Fi環境があればレンタルWi-Fiを契約しなくても生活できます。

ホームステイの場合、留学前に「Wi-Fi環境が必要」とリクエストしておけば、Wi-Fiが使えるホームステイ先を紹介してもらえます。

また、留学生が多い地域のアパートには、前に住んでいた人の家具を引き継いで使える「テイクオーバー」という制度があります。テイクオーバーのアパートでは、インターネットが契約されたままの場合があるため、アパートを借りて生活する方はインターネットの契約状況を確認しましょう。

ホームステイ先にWi-Fiの通信量制限があるか確認する

ホームステイ先によっては、通信量制限があるWi-Fiに契約していることがあります。インターネットを頻繁に使う方は、通信量の制限に達してホームステイ先のホストファミリーに迷惑をかける可能性があります。

トラブルを避けるため、Wi-Fiの通信量制限があるかホームステイ先に確認しておきましょう。

携帯電話を一時停止にするか検討する

留学で日本の携帯電話を長期間利用しない場合、電話やメールの利用を止める「携帯電話一時停止サービス」を申し込めます。携帯電話を停止中、月々の携帯電話料金は数百円です。

携帯電話が停止していても、Wi-Fiがあれば携帯電話でインターネットを利用できます。また、カナダで使えるSIMカード(通信用のカード)を携帯電話に挿入して、現地で電話やメールを使うことも可能です。
※SIMの差し替えはSIMフリーの携帯電話のみ対応

携帯電話一時停止サービスの申し込みには、事務手数料が1,000円~3,000円かかります。1ヶ月以上の留学なら、携帯電話を一時停止するか検討しましょう。

携帯電話一時停止サービスの料金

携帯電話キャリア停止中の月額料金事務手数料
Docomo500円1,000円
au372円2,000円
SoftBank390円3,000円

携帯電話を一時停止する際の注意

携帯電話を一時停止にした場合、下記のサービスが使えなくなります。定期的に日本に帰ってくる方は、携帯電話を使いたい時にサービスの再開手続きをしなければいけません。

  • 電話
  • キャリアメール
  • キャリアを通したインターネット接続

普段からキャリアメール(携帯電話会社のメールアドレス)を使っている方は、停止中はメールができなくなります。GmailやYahoo!メールなど、キャリアメール以外のメールアドレスを使いましょう。

また、海外電話や海外でインターネットに接続できる「海外データローミング」と呼ばれるサービスも使えなくなります。緊急で海外電話を使いたいとき、通話ができないので注意しましょう。

まとめ

留学中、いつでもインターネットを利用したいなら、短期留学の方は海外用レンタルWi-Fi、長期留学の方はカナダ現地のレンタルWi-Fiがオススメです。インターネットをそこまで使わず、宿泊先にWi-Fi環境があるなら、外出中はフリーWi-Fiスポットを使えばWi-Fiルーターのレンタルは必要ありません。

カナダで利用できるWi-Fiのまとめ

Wi-Fiの種類利用シーン月額料金
フリーWi-Fiスポット外出中無料
海外用レンタルWi-Fi短期留学1万円~3万円
現地のレンタルWi-Fi長期留学5,000円~1万円

留学前、宿泊先にWi-Fi環境があるか確認した上で、レンタルWi-Fiを契約するか決めましょう。また、携帯電話は一時停止サービスを利用してもWi-Fiでインターネットに接続できるため、海外電話やキャリアメールを使わない方は、留学前に利用停止手続きをしましょう。