シドニー中心地でwifiが使える場所7選!カフェや図書館、モール紹介

海外旅行や短期の留学でシドニーに訪れる際に困るのが、街なかでのインターネット。

ホームステイ先やホテルでwifiが使えるところもありますが、カフェやショッピングセンターではどれくらい無料wifiが普及しているのでしょうか。

今回はシドニーの中心地で無料Wi-Fiを使える場所を紹介します。

 

100年前に建てられたショッピングセンター「QVB」


一番最初に紹介するのは、人気の観光スポットでもある「クイーン・ビクトリア・ビルディング」通称QVB(キュー・ヴイ・ビー)。

QVBは1898年に完成したロマネスク・リヴァイバル様式の建物で、以前はコンサートホールだったものが現在ではショッピングモールとなっています。

カフェやレストランはもちろん、休憩ベンチやソファも置いてあるので、建物内を飛んでいるQVBの無料wifiを使用することができます。

※机で作業したいような場合はカフェやレストランでオーダーしてテーブルを使いましょうね。

 

買い物中も!ウェストフィールドショッピングセンター

ピットストリートモールにある「ウェストフィールド・ショッピングセンター」でも無料wifiを使用できます。

メールアドレスと名前を登録して使用する形式で、一度登録してしまえば時間制限も容量制限もなく使用できます。

フードコートもあるので、ご飯を食べながらインターネットを使う事も!(お行儀悪いけど、インスタだって更新したい...!)。

 

内装が可愛い雑貨屋さん兼カフェ「MSM」


次にご紹介するのは、鉄道駅タウンホールから徒歩3分の場所にあるカフェ「My Sweet Memory」通称MSM。

韓国人オーナー経営のこのカフェは可愛い雑貨も取り扱っており、落ち着く内装で長居しても大丈夫なのがオススメポイント。

現地の大学生なども課題をしに来ているので、パソコンを持ち込んで作業をしたい場合などは特にオススメです。
(ただしコンセントはないので十分に充電しておきましょう)

 

シドニー限定マグを買うなら「スターバックス」

3番目にご紹介するのはスターバックス・タウンホール店。

現地のコーヒー文化に押されるかたちで2014年にオーストラリアから撤退したスタバですが、事業を地元企業に売却するかたちで今もスターバックスとして営業しています。

こちらはカウンターで会計の際にwifiを使いたいことを伝えると、1人ひとりにパスワードを発行してくれるシステムで、データ容量制限があります。

長居するのではなく、さっとSNSを確認したいとか、マップを確認したいときなどに利用してみてくださいね。

 

図書館ライブラリー・エクスプレス

タウンホール駅のすぐ近くにあるのが「ライブラリー・エクスプレス」。
平日8時から18時まで開館している小さな図書館です。

wifiは安定していてスピードも速く、図書館なので長居して作業しても大丈夫です!

 

サーキュラーキーの図書館
「カスタムハウス・ライブラリー」


オペラハウスやハーバーブリッジ観光で有名なサーキュラーキー駅付近にある図書館「カスタムハウス・ライブラリー」。

無料WiFiを使用できるほか、日本の漫画や図書もいくつか貸し出しています。

観光地のオペラハウスやハーバーブリッジ、ロックス地区にも近いので、観光のついでにインターネットが必要な際に便利なロケーションです。

 

まるでハリーポッターの世界!?NSW州立図書館


最後に紹介するのは、NSW州立図書館。

1942年から使用されているミッチェル・ビルディングと、さいきん改装工事もおこなわれた比較的新しいマッコーリーストリート・ビルディングの2つの建物からなっています。(筆者しらべ)

ミッチェル・ビルディングの読書室は、広い天井に壁一面に本がぎっしり詰まっていて、まるでハリーポッターシリーズの映画のセットのよう
作業がはかどること間違いなしです♪

 

シドニー中心地でwifiが使える場所まとめ

1.100年前に建てられたショッピングセンター「QVB」
2.買い物中も!ウェストフィールドショッピングセンター
3.内装が可愛い雑貨屋さん兼カフェ「MSM」
4.シドニー限定マグを買うなら「スターバックス」
5.図書館ライブラリー・エクスプレス
6.サーキュラーキーの図書館「カスタムハウス・ライブラリー」
7.まるでハリーポッターの世界!?NSW州立図書館

シドニー中心部で無料wifiが使用できる場所をご紹介しました!
インターネットがなくて困ったときは、ぜひこの記事で紹介したスポットに行ってみてくださいね。