歩きスマホで罰金? ニューヨークで道路横断中のスマホ利用が違法になるかもしれない【デイリーニュースで振り返る2019 vol.6】

こんにちは、エリックです。

DMM英会話の大人気教材である『デイリーニュース』から毎回気になるニュースをピックし、文化や歴史、イマの社会情勢などにも触れながら紹介する『デイリーニュースで振り返る』。

今回のニュースは『ニューヨーク、歩きスマホが違法に?』です。

ここ数年、社会問題として注目されている「歩きスマホ」。画面に夢中になってしまうあまり周りが見えなくなってしまい、様々な事故の原因になってしまうケースが増えています。

今回は、道路を横断中の死亡事故が後を絶たないニューヨークで歩きスマホが違法になるかもしれない、というニュースです。

その背景や理由を詳しく見ていき、歩きスマホについて今一度考えてみましょう。
 

ニューヨーク、歩きスマホが違法に?

今回の記事はこちら。

New York Might Make Texting While Walking Illegal
ニューヨーク、歩きスマホが違法に?
June 7, 2019

【記事本文】
Crossing the street in a busy city, such as New York, can be very dangerous. In 2018, over 6,200 pedestrians were killed in traffic accidents in the US, including more than 110 in the state of New York. It's possible that some of these pedestrians may have been looking at their devices, which is why some New York lawmakers want to make it illegal to use mobile devices, such as phones and tablets, while crossing the street.
ニューヨークのような大都市で道路を渡ることは危険を伴う。2018年には、全米で6200人以上の歩行者が交通事故で死亡した。ニューヨーク州だけで110人以上だ。事故に遭った歩行者が電子機器を見ていた可能性もある。そのためニューヨークの議員らは、道路を渡りながらの電話やタブレットなどのモバイル端末の使用を禁止したいと考えている。

全文はこちらからご確認いただけます。
 

最大250ドルの罰金

法律が可決されれば、違反者は最大250ドルの罰金が課せられます。

モバイル端末に関連する「ながら歩き」は非常に危険だとされています。今回の法案は、歩きスマホ関連の事故を未然に防ぐことが狙いです。

違反の対象となるのは、横断中のメッセージの送信、メールの確認、インターネットの使用など。ただし、緊急事態の場合は免除されるそうです。

上院運輸委員会の委員長ティム・ケネディ氏は、現段階ではこの法律を支持しないとしています。ニューヨークでの歩行者の安全のために活動してきたけれど、道路を横断中に電子機器の使用を禁止するのは行き過ぎではないかと懸念しているそうです。
 

ニューヨーク市のビジョン・ゼロ

2018年、アメリカでは6200人以上の歩行者が交通事故で亡くなっています。ニューヨークでは110人以上と、前年を上回る数値となってしまいました。

ニューヨーク市では、2014年から交通事故撲滅を目指す「ビジョン・ゼロ(Vision Zero)」を掲げ、2024年までに交通事故による死亡者数を完全に無くすことを目標にしています。

2018年、歩行者の死亡数は前年より増加してしまったものの、NYでの交通事故による年間死亡者数は記録的に低い数値となっており、2017年から10%以上減少したと言います。

ですが、それでもNYでは年間約200人以上が交通事故で亡くなっているのが現状です。
 

世界の歩きスマホ事情

日本でも社会問題として度々話題に上がる「歩きスマホ」。現代では世界中で問題視されています。

ここでは、今回のニューヨークの例以外に、各国の歩きスマホ対策を見ていきましょう。
 

アメリカの歩きスマホ事情

アメリカの主要都市で、初めて歩きスマホが禁止されたのはハワイ州ホノルル。

2017年に、Distracted Walking Law(注意散漫歩行条例)が可決され、道路を横断中にスマホを見ていると罰金が課せられるようになりました。金額は回数に応じて15ドルから99ドルです。

またカリフォルニア州のモントクレアでも、2018年に道路横断中のスマホ使用が禁止され、回数に応じて罰金の可能性もあります。スマホだけでなくイヤホンをした状態での横断も禁止されているそうです。
 

ドイツの歩きスマホ事情

ドイツ、アウクスブルクでは利用者の多い道路の地面に「埋め込み式の信号」を設置していますが、コストがかかることもあり、苦情があったようです。
 

中国の歩きスマホ事情

中国でも歩きスマホは問題となっていて、うつむいたまま長時間スマホをいじり続けている人のことを皮肉を込めて「低頭族」と呼ぶようになっているそうです。

そんな中国では、数カ所で「歩きスマホ専用レーン」が設置され話題を呼びました。歩道が色分けされ、一般の歩道とは別に「低頭族専用道路」と書かれています。
 

韓国の歩きスマホ事情

韓国でも同じく、様々な注意喚起がされています。「スマホ」と「ゾンビ」をあわせて「スモンビ」という言葉まであるようです。
 

世間の反応

最後に、今回のニュースに対するネットユーザーの反応をまとめてみました。肯定的な意見、否定的な意見どちらも紹介していきます。
 

賛成する声

賛成。歩きスマホをしている男が車に轢かれそうになっているところを見たわ。

絶対賛成。人々は自分の行動にもっと責任を持たなければならない。このようなふざけた法律を作る必要があることが恥ずかしい。駐車場や道路で急に現れる歩行者にはうんざりだ。

ニューヨークにはこの法律は絶対必要。多くの人が徒歩で通勤するし、どこへ行っても歩きスマホをしている人を見かける。ニューヨークだけでなく、道をより安全にするためにはすべての場所に必要だと思う。

賛成だけど、それでもやる人はやると思う。

反対する声

ニューヨークは最低な法律がたくさんだ。また増やすつもりなのか。警察には薬物売人や強盗よりも歩きスマホしてる人を追いかけて欲しいのか。ニューヨークならではね。

(歩きスマホは)違法にするべきではない。残念だけど、自殺したいと思っている人と同じ。それは個人の自由。(でも、車を)運転しながらスマホいじるのは他の人を傷つけたり殺してしまう可能性があるから違法で良い。

これは具体的にどうやって実行するの?迷惑で危険だというのは同意するけど、ニューヨーク市警察は歩行者のスマホ習慣を取り締まることよりもっとやるべきことがあるよ。

まとめ

社会問題になっている歩きスマホ。みなさんはどのような対策が効果的だと思いますか?

日本でももちろん歩きスマホは危険ですが、海外では罰金を課せられる可能性まであるということを覚えておきましょう。

ニュースを読むだけでなくその文化的な背景を知ること、より深く理解することで、英語学習もより楽しくなるのではないでしょうか。今後もデイリーニュースで楽しく英語を勉強していきましょう!

英語学習のためのニュース教材、毎日更新中!

This blog features a Daily News article written by Guy Williams.