クリスマス翌日のボクシング・デーとは? 歴史や背景など

突然ですが、「ボクシング・デー(Boxing Day)」という祝日をご存知ですか?

「ボクシング」と言えばスポーツを思い浮かべる方が多いと思いますが、実はそのボクシングとは何も関係のない日なんです。

イギリスをはじめ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、南アフリカなど英連邦の国ではメジャーな休日ですが、日本ではあまり聞きませんよね。

今回はそんな「ボクシング・デー」がどのような日なのかをご説明します!
 

「ボクシング・デー」とは?

「ボクシング・デー」とは?

「ボクシング・デー」はいつ?

基本的に、ボクシング・デーはクリスマス翌日の12月26日です。祝日として扱われる国では、もともと26日が休みの場合は次の平日が振替休日になります。

ヨーロッパ諸国ではクリスマス2日目や聖ステファノの日として祝われることもあります。
 

「ボクシング・デー」の歴史

「ボクシング・デー」の歴史

本来はクリスマスも仕事をしていた使用人や郵便配達員などが家族と過ごすための休日でした。主人から使用人へなど、貧しい人へ贈り物をする習慣がありました。

また、教会では1年を通して寄付金を募り、クリスマス当日に開封後、翌日のボクシング・デーに必要としている人々へ配られていたそうです。
 

「ボクシング・デー」の名前の由来

「ボクシング・デー」の名前の由来

「ボクシング・デー」と呼ばれるようになった由来については諸説あります。

例えば、ボクシング・デーに使用人へ送られた贈り物や、郵便配達員へ感謝の気持ちを込めたプレゼントが「箱(box)」に入っていたことが1つの由来とされています。

また、教会が募った寄付金が「箱(box)」に保管されていたことから、というのも1説です。
 

「ボクシング・デー」の現在の習慣

「ボクシング・デー」の現在の習慣

現在のボクシング・デーは主に「バーゲンセールの日」です。日本の「年末セール」のように、各小売店がこぞって大規模な安売りを展開します。

ショップによっては、「ボクシング・ウィーク(Boxing Week)」と題して1週間ほどセールをする場合もあるんですよ。

近年ではアメリカ発の「ブラック・フライデー」の普及により、消費量や存在感が薄れてきていると言われていますが、それでもかなり大規模なセールが開催されます。

「ブラック・フライデー」については下記の記事もぜひ読んでみてください。

【カナダ】貴重な大規模セール「ブラック・フライデー」と「ボクシング・デー」を見逃すな!

11月 16, 2018
 

「ボクシング・デー」を楽しもう

今回は特に英連邦の国で祝われることが多い「ボクシング・デー」についてご紹介しました。

日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、海外では見かけることも増えると思います。

何か狙っている商品がありましたら、今年はぜひボクシング・デーのセールにも注目してはいかがでしょうか。