ロサンゼルスのファッショントレンドとは?LA流ファッショニスタになる10の方法

多国籍文化であるロサンゼルスでは、様々な文化が織り交ざった新しいトレンドが日々生まれています。音楽や食文化はもちろん、ファッショントレンドもロサンゼルスならではのスタイルが存在しているように見受けられます

それでは今のロサンゼルスではどういったファッショントレンドがあるのか、LA流ファッショニスタになる10のスタイルをご紹介いたします。
 

 LAのファッショニスタが取り入れている10のスタイル

1. スカーフを万能に活躍させる

スカーフを万能に活躍させる

どうも今日は服装に力が入らないというときも、一枚首に巻くだけでお洒落が決まるマジカルアイテム、スカーフ。男性も女性も隔てなく取り入れられるアイテムで、とにかく年中使えます。

女性の場合は肩に羽織ったり、腰に巻いたりという万能さも魅力的。ロサンゼルスでは、エスニックな柄のものや、明るいパステル系のカラーがよく出回っています。

 

2. ネオンパステルカラーを取り入れる

ネオンパステルカラーを取り入れる

ビビッドな色彩が非常に目立つロサンゼルスのファッション。ライムグリーン、ベイビーブルー、ホットピンクなど、可愛らしくもどこか幻想的なネオンパステルカラーを取り入れるのが特徴的です。

服だけに限らず、ヘアカラーにもネオンパステルをアクセントとして取り入れる人たちも。

 

3. 髭はヒップスターにとって重要なファッション

髭、とても重要

ニューヨークやロサンゼルスでは、60年代のビートジェネレーションを背景に再発した「ヒップスター」と呼ばれるスタイルの若者が誕生して以来、男性にとって髭はなくてはならないファッションアイテムに。

今では20代から40代まで、大きな髭を生やしている男性を街中で見るのも珍しくなくなりました。

 

4. 自転車はマストアイテム

自転車はマストアイテム

電車や地下鉄などの交通機関がそれほど発展していないロサンゼルスでは車での移動が中心ですが、健康志向なロサンゼルスのファッショニスタたちは自転車を利用して移動することの多いこと。

そして自転車の外見にも力を入れているファッショニスタがたくさん!街から車をシャットアウトし、丸一日自転車交通だけの日を作る「サイクラビア(CicLAvia)」というイベントも大人気です。

CicLAvia:https://www.ciclavia.org/

 

5. サングラスにもこだわりを見せる

サングラスにはこだわりを見せる

日差しが強いロサンゼルスでは、サングラスの着用が欠かせません。日々使用するファッションアイテムとして、他とはかぶらない、唯一無二のヴィンテージサングラスが主流となっています。

ハリウッド映画にアイウェアを提供する「オールドフォーカル(Old Focals)」という眼鏡専門店では、ビンテージフレームを使ったカスタムメガネが人気です。

Old Focals:https://oldfocals.com/

 

6. ブラック&ホワイトでキメる

時にはブラック&ホワイトでキメてみる

50年代のカウンターカルチャーの影響を受けた、白黒を基調としたファッション。コントラストの効いたモノトーンでシックに決まる雰囲気は、パーティやイベントの多いロサンゼルスでは頻繁に見られるスタイルです。

シンプルであるため、フォーマルでもカジュアルでもしっくりとくるブラック&ホワイトは、誰でもお洒落に見せてくれる夜の必須コーディネート。

 

7. Tシャツはてろんてろん素材のものをピック

Tシャツはてろんてろん素材のものをピック

ジーンズの相棒と言えばTシャツ。日本では素材のしっかりしたものを選びがちですが、ロサンゼルスではゆるい感じのてろんてろんTシャツをチョイスしましょう。

夏の暑い日でも風通しがよく、肩にするっと掛かる具合がカジュアルさとナチュラルさを演出。さらにヴィンテージロックTシャツが人気のロサンゼルスでは、このような素材が出回る割合も高いのです。

 

8. ハットを被りこなす

ソフトハットを被りこなす

様々なスタイルにマッチするソフトハットは、男女共に人気のアイテム。色やパターンを取り揃え、日々違ったヘッドアクセントを楽しむことでおしゃれレベルが格段にアップします。他にも、トップがくぼんだマウンテンハットや、つばの大きいキャペリンも主流です。

 

9. レトロモダンを心がける

レトロモダンを心がける

男性はサスペンダーと蝶ネクタイにハンチング帽女性はヴィンテージワンピースに真っ赤な口紅など、レトロモダンを意識しながらお洒落なクラシック感を演出。あまり暗すぎない程度にアンティークカラーをチョイスするのがポイントです。

特にロサンゼルス内のシルバーレイクというエリアでは、このようなファッションスタイルが盛り上がりを見せています。

 

10. アメリカンファッションの元祖、ネルシャツは常に愛用

アメリカンファッションの元祖、ネルシャツは常に愛用

アメカジの基本中の基本、ネルシャツはいつでもどこでもロサンゼルス市民の味方です。カジュアルかつファッショナブルに決めたいときにはネルシャツ服装におっくうになっているときにもネルシャツなど、どのような状況にもすばらしい対応ぶりを見せてくれるアイテム。

男女共に、どこか素朴な雰囲気を感じさせながら、いつの時代でも色あせることのない古き良きアメリカンスタイルです。

 

 ちょっとした工夫でオシャレ度がぐっと上がる

ロサンゼルスの道行く人々は、個性的ながらもエゴイスティックではなく、自分を理解したお洒落を楽しみ、そしてお互いを刺激し合うかのように、ロサンゼルスのファッションも年々レベルアップしていっている様子。

私の友人でアラバマ州出身の男性がいるのですが、アラバマ州といえば南部の田舎。彼がロサンゼルスに住み始めた当初は野暮ったい外見でしたが、みるみるうちにお洒落になっていき、今では街にも十分にとけ込み 、それどころかクールさが一際目立つほど。都会へ出て一皮むけるという法則はどこの国でも同じなのかもしれません。

みなさんも今回ご紹介したようなLAスタイルをちょっと取り入れるだけで、オシャレ度がぐっと上がりますよ。