【祝】大坂なおみ選手全豪オープン優勝&世界ランキング1位! 世界中から賞賛の声相次ぐ

大坂なおみ選手、全豪オープン優勝&世界ランキング1位、本当におめでとうございます!

真夏のオーストラリア、時に40度をも超える灼熱の中で戦う日本人選手たちの勇姿に心震え、この2週間テレビの画面に釘付けだった方も多いのではないでしょうか。

今回は大きな盛り上がりを見せるテニス界に注目し、2019年度の全豪オープンを振り返るとともに、世界中から集まっている大坂選手への賞賛の声をご紹介します!

TOP PHOTO: Leonard Zhukovsky / Shutterstock.com
 

世界の頂点に立った大坂なおみ選手

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

A post shared by Australian Open (@australianopen) on Jan 26, 2019 at 3:13am PST

近年、大きな盛り上がりを見せているテニス界。

日本のみならずアジアのテニス界を牽引してきた錦織圭選手や昨年ツアー初優勝を飾った西岡良仁選手やダニエル太郎選手、車椅子テニスのレジェンド国枝慎吾選手、上地結衣選手など、多くの日本人選手が世界を舞台に活躍しています。

そんな中、昨今ひときわ大きな存在感を放っているのが大坂なおみ選手です。
 

1年前のランキングは72位

日本人選手として初めて女子シングルスの世界ランキング1位に上り詰めた(*1)彼女ですが、1年前の全豪オープン開幕時の世界ランキングはなんと72位。

昨年3月にツアー初優勝を果たし、9月には女王セリーナ・ウィリアムズ選手を下して全米オープンを制し、世界にその名を轟かせた彼女はあっという間にランキングを駆け上り、2018年を世界ランキング5位で終えました。

そして2019年1月26日、グランドスラム連続優勝という偉業を成し遂げ、彼女はついに世界ランキング1位の座を射止めたのです。

*1…車椅子テニスでは国枝慎吾選手、上地結衣選手が、女子ダブルスでは杉山愛選手が世界ランキング1位を達成しています。
 

世界の頂点を決める運命の決勝戦

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

A post shared by Australian Open (@australianopen) on Jan 26, 2019 at 12:30am PST

決勝戦の相手はチェコのペトラ・クビトバ選手。今大会の第8シードで、ウィンブルドンを2度制したことがある世界トップ選手です。

対する大坂なおみ選手は台頭する新世代のエース。

始まる前から名勝負が期待されたグランドスラム優勝経験者同士の決勝戦。しかし、決勝までの道のりは決して平坦なものではありませんでした。
 

大坂なおみ選手、決勝進出までの道のり

テニス界の最高峰であるグランドスラム(4大大会)の一角、全豪オープン。強豪ひしめく中、負ければ終わりのトーナメント戦で6試合を勝ち進んで初めて決勝戦に臨むことができるのです。

大坂選手は1回戦、2回戦と危なげなく突破した後、3回戦では世界ランキング27位の謝淑薇 選手(台湾)との対戦では第1セットを先取され苦しめられるも、大逆転勝利で4回戦進出。

続く4回戦(対13シード)、準々決勝(対6シード)、準決勝(対7シード)でも熱戦を制し、ついに決勝へ駒を進めます。
 

新スターへの期待と重圧

実は大坂選手とクビトバ選手、ともにそれぞれのドラマを背負って臨んだ決勝戦。

昨年9月のグランドスラム初優勝時、相手のセリーナ・ウィリアムズ選手と審判の間で一悶着あったこともあり試合終了後は観客のブーイングが会場に鳴り響きました。そんな状況に大坂選手は涙を見せ、決して後味が良い初優勝とはなりませんでした。

今回、世間やメディアからの注目度も期待も重圧も、すべてがこれまでとは比べものにならない中、頂点へ挑戦することとなりました。
 

選手生命を危ぶむ怪我を乗り越え復活

対するクビトバ選手は、2011年と2014年にウィンブルドンを2度制し、さらなる活躍が期待されていた2016年にチェコの自宅でナイフを持った強盗に襲われる事件に遭いました。利き手である左手に大きな怪我を負い、手術を受けることになり、危ぶまれたテニス界への復帰。

持ち前の前向きで明るい性格でトラウマ的な事件を乗り越えたクビトバ選手は、今回の全豪で手術後初めてグランドスラム決勝の舞台に舞い戻ってきたのです。
 

優勝と世界ランキング1位をかけた運命の決勝戦

そんなドラマに出てきそうな経歴を持った2人の選手が演じた、決勝戦の死闘もまたドラマチックなものでした。

第1セットをタイブレークの末に先取した大坂選手。第2セットでは5-3、40-0とリードし、勝利目前と思われました。が、3回のマッチポイントをすべてクビトバ選手に阻まれます。そこから怒涛の巻き返しを見せたクビトバ選手は4ゲームを連取し、第2セットを奪取。

ファイナルセットの第1ゲームでもクビトバ選手の勢いは止まらず、1-0とリードされます。しかし、後に「感情を消した」と説明した大坂選手が今度は3ゲーム連取し一気に主導権を握りました。

その後はキープ合戦が続き、5-4で迎えた大坂選手のサーブ。またもや40-0とリードし、優勝は目と鼻の先。クビトバ選手も必死のリターンで1点を返し40-15。

実に5回目のマッチポイント、世界中の期待を背に一球入魂のサーブを放つとクビトバ選手のリターンはコートの外へ。

ついに全豪オープン優勝、そして日本人選手初の女子シングルス1位の座を掴みました!
 

大坂なおみ選手優勝スピーチ

こちらは大坂なおみ選手の優勝スピーチです。下に英文と和訳が続きます。

Osaka: Um... hello. Sorry, public speaking isn't really my strong side, so I just hope I can get through this. Huge congrats to Petra, I've always wanted to play you, and you've been through so much. Honestly I wouldn't have wanted this to be our first match, but huge congrats to you and your team. You're really amazing and I'm really honored to have played you in the final of a Grand Slam.
 
I want to thank you guys for coming and watching. Thank you. It's really hot all the time, oh thank you! (Puts down trophy) Even though it's really hot you guys still come and show support so I really want to show my gratitude for you.
 
Thank you to Craig, the tournament director, the ball kids, running around in the heat, the umpires, the volunteers, everyone. You make this tournament possible so I want to thank you guys too.
 
Thanks to my team. I really, I don't think I would've made it through this week without you guys. Behind a tennis player is always a team, and I'm really grateful, so thank you guys.
 
I read notes before this, but I still forgot the rest of what I'm supposed to say. So just, thank you everyone, and I'm really honored to have played in this final. Thank you.
 
大坂選手:えっと…こんにちは。ごめんなさい、人前で話すのはあまり得意ではないので、うまく乗り切れるといいのですが。ペトラ(クビトバ)、本当におめでとうございます。あなたと試合をしてみたいとずっと思っていました。あなたはいろいろな経験を乗り越えてきました。正直、これが最初の試合でなければよかったと思いますが、ペトラとチームのみなさん、本当におめでとうございます。あなたは本当に素晴らしい選手で、グランドスラムの決勝で試合できたことを誇りに思います。
 
ファンのみなさん、観に来てくださってありがとうございます。とても暑い中、あ、ありがとうございます!(トロフィーを置く)暑い中、みなさん会場に来て応援してくれて、本当に感謝しています。
 
主催者のクレイグさん、暑い中走り周ってくれたボールキッズ、審判の方々、ボランティアの方々、みなさん。この大会を可能にしているのはあなたたちです。ありがとうございます。
 
私のチームのみんな、ありがとうございます。みんながいなかったら本当にこの1週間を乗り切れなかったと思います。全てのテニス選手に支えてくれるチームがいるのです。本当に感謝しています。
 
スピーチの前にメモを読んだのですが、それでも他に何を言うつもりだったのか忘れてしまいました。みなさん本当にありがとうございます。この決勝の舞台で戦えたことを誇りに思います。ありがとうございます。

世界の反応

大坂選手は日本だけでなく、海外でも大人気。

謙虚ながらも自分を貫く姿勢、可愛らしい試合後のスピーチ、そして何よりもその圧倒的な強さは多くのテニスファンを魅了し続けています。

ここでは、今回の全豪オープン優勝&世界ランキング1位達成に対する世界の反応をまとめてみました。
 

「スリル満点の全豪オープン決勝戦だった!クビトバ選手は素晴らしい闘志を、大坂選手はずば抜けたメンタルの強さを見せた。
 
どちらのチャンピオンもおめでとう!そして大坂選手、世界ランキング1位おめでとう!」
 
アナ・イバノビッチ(元世界ランキング1位、グランドスラム優勝経験者)

「グランドスラム2度優勝のチャンピオン、大坂なおみ選手、おめでとう!あなたの未来は明るく、その才能と活力、そして意志の強さで、多くの成功を収めるでしょう」
 
ビリー・ジーン・キング(元世界ランキング1位、グランドスラム優勝39回)

「2018年の全米オープン優勝後、大坂なおみ選手はスターになった。今、全豪オープン優勝と世界ランキング1位を達成し、彼女はスーパースターになった!おめでとう。そしてクビトバ選手、あなたは人生のチャンピノンだ!」
 
マルチナ・ナブラチロワ(元世界ランキング1位、グランドスラム優勝18回)

「グランドスラムで優勝するのは大変だけど、21歳で連続優勝することは(『ついでに』世界1位になるも)…!尊敬に価する」
 
キルステン・フリプケンス(世界ランキング最高13位)

「李娜はアジア初のグランドスラム優勝者。そんな彼女がアジア初の世界ランキング1位となった大坂なおみ選手にトロフィーを手渡した。歴史的な瞬間」
 
全豪オープン公式

「なおみ選手は特別。信じられないレベル」
 
ホゼ・モルガド(テニスジャーナリスト)

「大坂なおみ選手は全豪オープンを制し、女子テニスの現在、そして未来を担う選手としての地位を確固たるものにした」
 
USAトゥデイ(アメリカ大衆紙)

「大坂なおみ選手は本当に応援したくなります!圧倒的強さと、品格に満ちていて上品。どんな状況においても」
 
テイラー・ルックス(スポーツジャーナリスト)

最後に大坂選手、錦織選手から

「この気持ちは、言葉では言い表せない」
 
大坂なおみ(世界ランキング1位)

まとめ

いかがでしたか?

世界で活躍する選手達の熱い戦い、ドラマチックな試合展開、栄光を手にした選手の優勝スピーチ。これからも何度でも見たいですね。

テニス界に新しい風を吹き込む新世代のエース、大坂なおみ選手のこれからの活躍に期待せずにはいられません。