人生は一度だけ! ニューヨーカーのモットーは“YOLO” 【New York 101 Vol1】

今回から始まるこの連載コラム、タイトルは【New York 101】です。101(ワン・オー・ワン)とはものごとの基礎、基本、または入門講座のこと。
毎回、多彩で雑多でホットでクールでクレイジーで奥の深い魅力に溢れたニューヨークのベーシックを、英語のワンフレーズ紹介と共にお伝えしていきます。初回はまず、都市としてのニューヨークのファクト101をご紹介!

ホット&コールド

NewYork101-Hot&Cold

アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市はマンハッタン、ブルックリン、クイーンズ、ブロンクス、スタテン・アイランドの5つの区から成り、人口840万人と全米最大の都市。2位のロサンジェルスの2倍以上、3位のシカゴの3倍以上の人口を持つビッグシティです。

ところがニューヨーク市は州都ではないのです。州都アルバニーはアムトラックという長距離列車で市内から2時間半の距離。そう、ニューヨーク市は狭い都市ですが、ニューヨーク州は北海道よりも遥かに広く、北端はカナダとの国境でもあります。

気候は夏は蒸し暑く、冬はとにかく寒い! 特に今冬は20年振りの大寒波に見舞われ、日中-8度、夜はなんと-17度の日も。公園の噴水はもちろん、マンハッタンの両サイドを流れるハドソン・リバー、イースト・リバーも凍ってしまったほどです。

 

マルチ・エスニック・シティ

newyork_people

人種やエスニックが多彩なことで知られるニューヨーク。大雑把にいうと白人、ラティーノ(ヒスパニック)、黒人が三等分し、アジア系も13%を占めています。
一口に白人と言ってもアイルランド系、イタリア系、ロシア系etc, 黒人にもアフリカ諸国からの人、ジャマイカやトリニダードなどカリブ海諸国からの人も混在。アジア系も日中韓の東アジアだけでなく、フィリピンなど東南アジア系、インド、パキスタンなど南アジア系も少なくありません。ラティーノも多数派はカリブ海のプエルトリコ系とドミニカ系ですが、メキシコ、エクアドルなど中南米系も急増中。さらにエジプト、イラン、イラクなど中近東系、ユダヤ系のニューヨーカーもいて、まさにマルチ・エスニック・シティです。

それぞれのグループがコミュニティを作り、有名なところではチャイナタウンや黒人の街ハーレムがありますが、他にも無数のエスニック・コミュニティがモザイク状に配置されています。

 

市内800言語?!

newyork-800

ニューヨーカー840万人のうち、3分の1以上が外国生まれの移民です。市内で使われている言語数は一説にはなんと800とも

トップ3は英語、スペイン語、中国語ですが、バイリンガル、トライリンガルはもちろん、それ以上の複数言語を操る人も。たとえば両親がフランス人とベトナム人であれば、子どもは英語、フランス語、ベトナム語を理解し、さらに託児所の先生がドミニカ人であったら、スペイン語もちょっぴり分かるようになったり。“無料”で自然と多言語話者になれるとは、なんとも羨ましい限りです。

ちなみにニューヨーカーの英語には特有の発音やイントネーションがあり、なにより猛烈な早口。そこにそれぞれの出身国特有の訛りが混じって、ニューヨークの英語は百花繚乱状態。話す相手が変わるたびに“違う英語”になるのです。これもニューヨークの醍醐味のひとつ。

歩いて体感するニューヨーク

New York city Manhattan Fifth Avenue 5th Av US

エスニック・コミュニティ以外に、世界経済をリードするウォール街、ファッションの中心地であるファッション・アベニュー、摩天楼が林立するビジネス街のミッドタウンなどインダストリー別のエリアもあります。

こんなニューヨークだから、街歩きができる春が待ちきれません。スニーカーに履き替え、どんどん歩くのです。歩くにつれて街の風景、通行人の顔ぶれ、聞こえてくる音楽、匂い、レストランの料理、ショップに並ぶ商品……すべてが次々と変化していきます。

YOLO!

街と人が多彩だからこそ、ニューヨーカーは自分の個性やアイデンティティをナチュラルに受け入れ、大事にします。

人種や民族はもちろん、女性、男性、ゲイなどジェンダー、アーティストから株式トレーダー、シェフ、ソーシャルワーカー、デザイナーといった幅広い職業、異性カップル、同性カップル、異人種カップル、シングル、大家族、養子や里子といった家族形態、クリスチャン、ユダヤ教徒、イスラム教徒、ラスタファリアンなど宗教や思想、そして民主党と共和党に分かれる政治見解、さらにはジャンクフード派、ヴェジタリアンなど食のスタイル……これらの順列組み合せによって2人として同じタイプが存在しないのがニューヨーカーなのです。

そして皆、「自分が大好き!」で、他人の目を気にせず、人の人生にも干渉せず、でも時には摩擦も起き、けれど素敵なライフスタイルを持つ人への思いっきりの称賛は忘れず、それぞれに自分の人生を目一杯に生きています。

こんなニューヨーカーのモットーは"YOLO!" ヨーロー!

"You Only Live Once"(人生は一度だけ)