助手席から別荘、洋服まで!NYで注目を集めるレンタルサービス9選

どうも、ニューヨークの全ての情報が詰まったWebメディア『NEW YORK POINT GUIDE』を運営しているMaksimです。

いまニューヨークでは、さまざまなものを貸し借りできるWebサービスが注目を集めています。貸し借りできるものは空き部屋、空き倉庫から、助手席、家庭の食卓まで多種多様。

そこで今回は、ニューヨークで注目されているレンタルサービスを9選、ご紹介いたします!

 

1. 空き部屋を貸し借りできる『Airbnb』

airbnb

URL:https://www.airbnb.com/

Airbnbは、空き部屋を個人間で貸し借りできるサービス。

ホテルよりも安く宿泊できるということで、世界中でいま利用者が増えている注目のサービスです。日本でも利用者が増えているため、ご存知の方もいらっしゃるでしょう。

ニューヨークでは法律の関係上、「Airbnbがなくなるかもしれない」という説がありました。しかしAirbnbで空き部屋をレンタル販売して生活レベルをあげられる人がいることや、宿泊費で浮いた分を買い物に使う観光客が増えたことから、特例で許可が降りたのです。

物価の高いニューヨークだからこそ、Airbnbをうまく活用して観光を楽しんでみてください!

 

 

2. 別荘を貸し借りできる『HomeAway』

HomeAway

URL:http://www.homeaway.com/

HomeAwayは別荘を貸し借りすることができるサービスです。

貸し手側は年会費を支払うことでサービスを利用できるのですが、「お金を払ってでも貸し手を見つけたい」というニーズにマッチし、現在100万件以上の別荘が登録されています。

プール付きの別荘やニューヨークを一望できる別荘など、サイトを見ているだけでもワクワクしてしまいますよ!

 

3. 駐車場を貸し借りできる『Park Circa』

パーク年頃

URL:http://www.parkcirca.com/

Park Circaは駐車場を貸し借りできるサービス。

ニューヨークは小さなスペースにビルや家が入り込んでいることから、車の駐車スペースの確保も大変です。実際に私がハーレムに住んでいた頃、ルームメイトとドライブの帰りに家の近くで駐車スペースを探していたのですが、まったく見つからず。終いには30分以上も探した結果、10ブロック先に駐車し、歩いて家に帰った経験があります。

時間がないニューヨーカーにピッタリのサービスですね。

 

4. オフィスを貸し借りできる『ShareDesk』

ShareDesk

URL:https://www.sharedesk.net/

マンハッタンの家賃は、顎が外れそうになるくらい本当に高い……! もしマンハッタンで部屋を借りようものなら、家賃は3000ドルは必要だと覚悟しておいてください。

そして家賃が高いということで、オフィスを持つことのできないスタートアップの会社が増えました。そんな中、救世主かのように現れたのがShareDeskです。
ShareDeskにより、オフィスやミーティングルームを低コストで借りれるようになりました。今からニューヨークで会社を起こそうと考えてるあなたにもオススメですよ!

 

5. 助手席を貸し借りできる『Lyft』

Lyft

URL:https://www.lyft.com/

Lyftは車の所有者が同乗者を募ることができる相乗りサービス

もちろん犯罪面が気になるところですが、ドライバーとして登録できるのは運転面免許と車を所有している23歳以上の人のみ。また登録の際に犯罪歴や事故の履歴、そして車の安全性などもチェックされ、万全の体制で運営されています。

車社会のアメリカだからこそ、とても需要がありそうなサービスです。

 

6. アウトドアグッズを貸し借りできる『Spinlister』

Spinlister

URL:https://www.spinlister.com/

Spinlisterは、さまざまなアウトドアアイテムを貸し借りできるサービス。

というのも、ニューヨーカーはアウトドアのイベントが大好き! 特に自転車やスキー、スノーボードが大好きなニューヨーカーがたくさんいます。しかし、そういったアクティビティに必要なもの全てを買おうとすると、意外にもお金がかかりますよね。

そんな時に便利なのがSpinlister。自転車やスキーグッズ、スノーボードをわずか数十ドルで気軽に借りれて、アウトドアを楽しむことができるのです。

 

7. 仕事のスキルを貸し借りできる『Airtasker』

Airtaskerコム

URL:https://www.airtasker.com/

「ニューヨーカーと仕事がしてみたい!だけど、どうやってクライアントを見つければいいかわからない!」と嘆くあなたにピッタリのサービスがAirtaskerです。

Airtaskerはフリーランサーと個人、企業を繋ぐプラットフォームで、10万人以上の人が登録しているサービス。海外との仕事に興味がある方はぜひ登録してみましょう!

 

8. 服をレンタルできる『LE TOTE』

LE-TOTE

URL:http://www.letote.com/

LE TOTEは月額49ドルで自分のスタイルに合った洋服をレンタルし、飽きたら返却して、また新しいものを届けてもらうことができるサービス。

「ニューヨーカーは服をたくさん持ってる!」 そんなイメージありませんか? 実際、その通りです(笑)
知り合いのニューヨーカーは「どれだけ服あるの?!」というくらい服を持っているのですが、実際に着る服は全体の20%で残りはクローゼットの中なのだとか。

服を買うのではなくレンタルするというのは、お洒落好きなニューヨーカーにとってはピッタリなサービスなのです。

 

9. 自宅の食卓をレンタルできる『Cookening』

Cookening

URL:https://www.cookening.com/

ニューヨークに旅行に来ている人の多くが「一度でいいからニューヨーカーの食卓でご飯食べてみたい!」と思うはず。その夢を叶えてくれるのがCookeningです。

食事を一緒に食べるのはもちろんですが、食事を通じて「人と人との新しい出会い」をテーマにしたサービスなので、素敵な出会いがココで見つかるかも!?

 

さいごに

いかがでしょうか?

こういったレンタルサービスをうまく使いこなすのも、ニューヨーカーらしいところ。

ぜひニューヨーク旅行を最高のものにしてくださいね!