【ラグビーW杯】寿司作りから試合後のお辞儀まで!「日本式」を楽しむ海外選手たちまとめ

日本式を楽しむ海外選手たち

ラグビー日本代表の活躍もあり、国内でも大きな盛り上がりを見せているラグビーワールドカップ。

世界各国から強豪が集まり熾烈な戦いを見せる中、日本代表は史上初、決勝トーナメントへの進出を果たしました!

そんな中、ついつい日本代表の活躍ばかりに注目してしまいがちですが、グランドの外では、世界のラグビー代表選手たちが今回のワールドカップを「日本式」で楽しんでいる様子が話題となっています。

今回はそんな海外選手たちの様子を、Twitter投稿と共に見ていきましょう!

TOP PHOTO : Faiz Azizan / Shutterstock.com
 

日本文化をエンジョイ

日本文化をエンジョイ

アイルランド代表

日本と熱戦を繰り広げた強豪アイルランド代表は寿司作りに挑戦! 下記動画にその様子が収められています。

寿司マスターの栄冠は誰の手に?

フランス代表

フランス代表の選手たちは日本の小学生とラグビーで交流。校庭に屈強な男たちが集まっています。

ロシア代表

ロシア代表の選手たちは公園でバーベキュー! 現地の子供たちとの交流も楽しんだようです。

・ お刺身にも挑戦!

南アフリカ

前回大会の日本との対戦が話題になった南アフリカ代表。今回は日本式の焼肉を体験!

本日の伝統文化継承の日、選手たちはブライの代わりに焼肉を楽しみました!

・ 鹿児島の学校を訪問!

鹿児島の学校を訪問。日本ラグビーの将来は明るい!

・ 寿司作り体験!

チームが寿司作りの方法を教わりました。オフの時間で現地の文化を体験するのも大事です。

もはや、寿司作りは日本に来たら定番なのでしょうか。

ニュージーランド代表

試合前に披露する伝統的な「ハカ」が象徴的なニュージーランド代表「オールブラックス」は、どんな日本文化を楽しんだのでしょうか。

・ お参りをしたり

TJ、AtuそしてGeorgeと一緒に福徳神社へお参りをして日本の文化を体験しよう。

・ お寿司を食べたり
・ 別府で砂風呂を体験したり

本日オールブラックスの選手が有名な別府海浜砂場で、日本の伝統的な回復方法を体験しました。きついトレーニングの後に、熱い火山砂を体にかけるユニークな回復・リフレッシュ方法です!

・ ラーメンを食べたり

選手たちが九州じゃんがら銀座店でラーメンを食べ、日本のグルメを堪能しました。

日本文化を満喫中の各国代表の様子でした。

試合後のお辞儀が話題

今大会ではグラウンド上でもある「日本式」が注目されています。

横浜、ありがとうございました!

ニュージーランド代表「オールブラックス」が試合後に日本のサポーターやファンに向けて「お辞儀」をしたことが賞賛され、広く話題になりました。

これを受け、試合後に日本式のお辞儀をするチームが続出。今大会の見所の一つになっています。

例えば、こちらはナミビアと南アフリカのチームの映像。

これだから私たちのスポーツは最高なのです。ナミビアとスプリングボクスが一緒に豊田スタジアムの観客にお辞儀。

そしてアイルランド代表も。

ラグビーワールドカップ:アイルランドがほぼ完璧な初日を終えてお辞儀。

NZ代表オールブラックスのキャプテンはこのお辞儀の理由について、日本で受けたおもてなしに対するお返しがしたいと話しました。

It’s really important for us to connect as much as we can with the Japanese people, we know that they love us as All Blacks but we need to show a bit of love back to them.

「日本の方と繋がることがとても大切。オールブラックスとしての私たちを愛してくれているとわかっているけれど、こちらからも少しでも愛を返したい」

まとめ

いかがでしたか?

グランド上では国を背負って熱い戦いを繰り広げている各チームですが、日本という国に興味を持ち、敬意を持って私たちの文化に接してくれていることがわかります。

今後も続くラグビーワールドカップ。日本代表だけでなく、各国の選手たちの勇姿を応援したいですね!