ベビーフェイスのキャリアウーマン、クァンミンが紹介!日本に近くて遠い国、韓国【World Beauties 004】

World Beauties#004 は韓国からお届け!

各国のミスたちに自分の国や文化の素晴らしさを教えてもらうWorld Beauties
第4回目の今回は韓国について聞いていきたいと思います。

飛行機で数時間、ご近所の国でもある韓国。
正式名称は大韓民国ですが、
英語でも正式な " Republic of Korea " より " South Korea " と呼ばれることのほうが多いようです。
日本の約4分の1の面積、約10万kmの土地に、
日本の40%ほどの人口、約5000万人が暮らしているため、
特に大きな街では観光客と地元の人々でかなりの賑わいだとか。

Asia_Map

“韓流ブーム”なんて言葉が生まれるほど身近になった韓国、
スパイシーな食べ物に、ドラマや音楽などのエンターテイメント、
家電製品やお化粧品など、日本でも韓国生まれのものに出会う機会が多くなりましたね。
では韓国のことを、現地のBeautyに聞いてみましょう!

ベビーフェイスのキャリアウーマン、クァンミン

今回のミスは韓国のクァンミンです!
ミスコンの後にはマレーシアのイベントに一緒に呼ばれて再会し、
今でも繁栄に連絡を取り合っている彼女。
世界中から各国一人ずつ女の子が集まるミスコンでは、
アジアやヨーロッパなど同じエリアのミスは同郷同然で仲が良く、
自由時間にクァンミンや私を含むアジアチームで、
誰かの部屋に集まって、持参した抹茶ラテを飲みながらおしゃべり…なんてことをしていました。

大人っぽいグラマラスな子たちが多いミスコンの中、
とびっきりのベビーフェイスな彼女は皆から
" 生まれたての赤ちゃんみたい! "といじられ(笑)、可愛がられていました。
そんな彼女も、今やすっかりキャリアウーマンとして、世界を相手にビジネスを展開しているようです。
今回は近くて遠い国、韓国のことをクァンミンから教えてもらいましょう!

nanami40[1]

" Kyungmin, I’m so glad that I can have this interview with you!!
First, Let us know about your career and story. "

kyung_maru

" I have participated in three different beauty pageants and model competitions during the last two years. My first pageant was 'Miss Oriental Tourism 2012' held in China and I won the 'Miss Press princess' award. This first experience was not only astonishing but also a turning point of my life. After my first pageant was over, I decided to take a year off from my university to focus on my modeling. On the same year, but more experienced, I participated in 'Supermodel International 2012' held in Bangkok, Thailand. After that I went back to my university studying modern dance. During my school I continued modeling and went out to 'Miss Tourism International 2013' held in Malaysia and won 'Miss Charity'. This was my last pageant as a participant. Since then, I decided to develop my career as an organizer of beauty pageants and model competitions and have successfully managed three pageants. "

1546104_10202213442970704_1831606507_n

nanami40[1]

" That’s great! So now you are being involved in pageants as a person to manage them, and doing more things than when you were a contestant. "

kyung_maru

" Currently I work as a manager and judge for beauty pageants. After my last pageant as a participant, I started my new career in 'Supermodel International 2014' held in Seoul, Korea. The head director of the 'Supermodel International 2014' recommended me as a manager. It was a meaningful experience as I was always the candidate or model participating in the pageant. Now I organize the main schedules and manage the candidates to make sure the pageant is smoothly held. I personally do modeling time to time and recently was a model in 'Milbon', a Japanese hair styling brand. "

11418543_10206107728805416_1225553557_n

nanami40[1]

" You are connecting Korea and the world, before by participating in international pageants as a Korean representative, and now by inviting the girls from around the world to the pageants held in Korea. It’s really amazing. "

【和訳】
ななみ:クァンミン、こうやってインタビューできてうれしいです!
まずはこれまでのキャリアを教えてもらってもいいですか?クァンミン:この2年間で異なる3つのミスコン、モデルの大会に参加してきました。
初めてのミスコンは中国で行われた " ミスオリエンタルツアリズム2012 " で、
" ミスプレスプリンセス " という賞を受賞しました。
この最初の経験は、ただ素晴らしかっただけでなく、私の人生のターニングポイントです。
初めてのミスコンが終わってから、モデル業に専念するために大学を1年休学することを決めました。
同じ年、より経験を積んだ形でタイ・バンコクで開かれた " スーパーモデルインターナショナル2012 " に参加しました。
その後大学へ復学し、モダンダンスを学んでいましたが、
在学中もモデル業は継続し、マレーシアの " ミスツアリズムインターナショナル2013 " に出場しました。
これが出場者としては最後のミスコンで、以降はミスコンやモデル大会のオーガナイザーとしてのキャリアを積み、
3つのミスコンをマネージメントして今に至ります。

ななみ:すごい!最近は出場者としてではなく、運営側としてミスコンにより深く携わっているんですね!

クァンミン:今はミスコンのマネージャー兼審査員として働いています。
最後に参加者として出場したミスコンの後、
韓国のソウルで行われた " スーパーモデルインターナショナル2014 " でこの仕事を始めました。
" スーパーモデルインターナショナル2014 " の委員長が私をマネージャーとして推薦してくれたのです。
いつも出場者、モデルとしてミスコンに関わっていた私にとってこれは非常に意義のある経験でした。
主なスケジュールを取決め、出場者のマネージメントをすることで、大会がスムーズに進むようにすることが私の仕事です。
個人的にモデル業も時折行っていて、最近では日本のヘアスタイリングブランド、’Milbon’のモデルをしました。

ななみ:昔はミスコンの世界大会に韓国代表として参加することで、
そして今は、韓国で開催される大会に、世界中の女の子たちを招待することで、韓国と世界を繋いでいるんですね。
とっても素晴らしいです。

エネルギッシュな国、韓国

nanami40[1]

" Now can we talk about your country, Korea? "

kyung_maru

" My country's offical name is 'Republic of Korea', but it is widely known as 'South Korea'. We are located in a peninsula between Japan and China. Our capital city is 'Seoul', one of the most crowded and busiest cities. Our city is filled with youth and there's so much city life to enjoy that you won't be bored. "

yun_4876

nanami40[1]

" It should be very energetic in your place!
South Korea is a very popular destination for us Japanese. Could you let us know some good tourist spots or places you recommend to visit? "

kyung_maru

" Well I am sure you would be mostly staying in Seoul, the capital of our country. There's a lot of places for you to go and enjoy depending on what you want to do. However I would personally recommend Itaewon. It is a place in Seoul where many of the young Koreans gather. Also a lot of foreign tourists visit Itaewon, so it would be a great place to make a new friend.
I think Itaewon is one of the most famous places in Korea for many foreigners to stay when they work or study in Korea. "

yun_4868

nanami40[1]

" So it should be very international. Sounds interesting! Is Itaewon, a shopping street? "

kyung_maru

" Ummm yes they have some shops but I think bars, restraints, and clubs are more famous than shopping.
There have 'International Food Street', so you can find many international restaurants like American, Japanese, Chinese, Turkish, Thai, and Irish.
I want to recommend the fusion Korean restaurant 'BI CHA NA'. This restaurant 's special thing is that the menu keeps changing depending on the season. We can eat and try many different menus. I always bring my foreign friends there when they visit Korea and I never failed. "

11741759_10206107729245427_1391097506_n

nanami40[1]

" Wowww I’m so sure I’ll love it in the district! Please bring me around there when I visit you! "

【和訳】
ななみ:今度は韓国のことについてお話しできますか?クァンミン:公式な名前は大韓民国ですが、韓国の通称で知られています。
日本と中国の間の半島に位置します。首都のソウルはもっとも人が多く、にぎやかな街の一つです。
若い世代が非常に多く、刺激にあふれた飽きることのない街ですね。

ななみ:とてもエネルギッシュなんですね!
日本からも韓国へ訪れる人は非常にたくさんいます。
韓国客に人気のスポットやクァンミンお勧めの場所があれば教えてくれませんか?
行くべき場所はどこですか?

クァンミン:きっとほぼ皆さん首都ソウルに滞在しますよね。
何がしたいかによって、楽しくて素敵な行先はいっぱいありますが、個人的にはイテウォン(梨泰院)をお勧めします。
ソウル市内のエリアなのですが、韓国の若者が集まる場所ですね。
また、海外からの観光客もイテウォンには多いので、新しい友達を作るのにもいい場所だと思いますよ!
イテウォンは外国の人が韓国で働いたり勉強するときの滞在先として非常に有名なんです。

ななみ:じゃあとても国際的な場所なんでしょうね。面白そう!ショッピングストリートなんでしょうか?

クァンミン:う~ん、お店もあるけれどバーやレストラン、クラブのほうがショッピングより有名だと思います。
" インターナショナルフードストリート " というものがあって、
アメリカン、和食、中華、トルコ料理、タイ料理にアイルランド料理…と各国のレストランが軒を連ねています。
私がお勧めしたいのはフュージョン韓国料理の'BI CHA NA'というレストランです。
このレストランの特徴は、毎シーズンごとにメニューがどんどん入れ替わっていくところ。
だからたくさんの色々な種類のなメニューを食べることができるんです。
海外から友人が訪ねてくるといつもここに連れていくんですが、間違いないスポットですね。

ななみ:わ~その雰囲気、私も大好きになりそう!
私も韓国に遊びに行ったら、ぜひぜひ連れて行ってもらいたいです!!

英語学習を始める年齢は日本と同じ

nanami40[1]

" Now that your country is becoming more international, and how’s the situation of language? Do people speak English? "

kyung_maru

" The percentage of Korean people speaking English varies by their age and residence. Most of the young people, which would be the twenties to mid- thirties, are capable of speaking English. Some might speak just enough to say hi and give basic information, while others would be able to become a good friend with rich conversation in English. I think young people are familiar with English because they usually start learning the language around their middle school age. "

11741789_10206107728645412_1732680060_n[1]

nanami40[1]

" Humm.. You start English almost around the same age as the Japanese, but it seems more people in your country are fluent than in Japan.. Well, I wonder why…
By the way, though we are geographically close to each other, our languages look and sound so different. Your characters look so complicated.
Can you give some easy but useful Korean greetings? "

kyung_maru

" Our greetings would always start with 'Ahn-Nyeung-Ha-Se-Yo'.
With Korean characters, it would be written as 안녕하세요.
Our language is expressed differently regarding the listeners and situations and we call it 'the formal' and 'the informal’. The words I am introducing are only the formal ones, so you won't need to worry for any embarrassment.
Some useful expressions would be 'Gun-bae' (건배) which means 'Cheers!' (Toast used when drinking).
As a lot of Koreans enjoy drinking, this phrase might be one of the most helpful words to you. "

11733376_10206107731245477_1196180574_n

nanami40[1]

" Thank you so much for your time and great episodes!
Can you give a message to the Japanese people? "

kyung_maru

" Hi everyone!
Ha ji me ma si tte!
Wa dda si no namae wa No Kyung Min de ssu.
O ne ga i si ma ssu !
I hope we can see each other very soon! "

Wow!このメッセージ、皆さん読めますか?
日本語で返してくれるなんて…すごいですね~!

【和訳】
ななみ:そんな風に国際化も進んでいる韓国の英語事情はどのような感じなのでしょうか?クァンミン:英語を話せる人の割合は、年齢と住んでいる地域によって異なります。
20代や30代半ばくらいまでの若い世代は、ほとんどの人が英語を話せますね
中には " Hi " や、簡単な会話を交わすので精いっぱいという人もいますが、
他の人は英語で深い会話をし、友人を作れるレベルではないでしょうか。
若者世代は通常中学校の年齢で英語を始めるので、英語に慣れ親しんでいるのではないかなと思います。

ななみ:むむむ…日本と同じくらいの年齢で英語学習を始めているようですが、
深い会話ができる人がほとんど、ということは日本より英語が得意な人が多そうですね…なぜなんでしょう…気になるなあ。
ところで、地理的に近い場所にありながら、日本語と韓国語は全然違う言語のように感じます。文字も難しい!
簡単だけれどこれは使える!というような韓国語の挨拶を教えてもらえませんか?

クァンミン:私たちの挨拶はいつも " Ahn-Nyeung-Ha-Se-Yo(アンニョンハセヨ)" で始まります。
韓国の文字、ハングルだと " 안녕하세요 " と書きます。
韓国語は相手や状況によって表現の仕方が変わり、丁寧な言葉と砕けた言葉があります。
ここで紹介しているのは丁寧な言い方ばかりなので、失礼な言い方をしちゃった!というケースを心配する必要はありませんよ。
あと使える言葉は " Gun-bae(グンバエ)" (건배)、乾杯!という意味です。
多くの韓国人がお酒を飲むことが好きなので、このフレーズは一番役立つ言葉の一つかもしれませんね。

ななみ:素敵なお話、ありがとうございます!
最後に、日本の皆さんへメッセージをお願いします!

World Beauties #004 後記

クァンミン、どうもありがとうございました!
エネルギッシュな近隣国、韓国。
ぜひ訪れてそのパワーを感じてみたいですね!

ところで、彼女が最後に日本語のメッセージをくれたことに、ちょっと感動しました。
海外の方が片言でも
" オハヨ! " とか " アリガトゴザイマス "
と声をかけてくれると、
親近感がぐっと湧きませんか?

私も旅先で出会った人や、海外の人とのお話の前に、
相手の国の簡単な挨拶を覚えるようにしています。
舞台挨拶で使えば盛り上がるし、お話の際に使うと相手が
" おぉ?!何で知ってるの? "
と喜んでくださるので、距離が縮まる気がしています。

もちろん、お話らしいお話を、各国の言葉でするのはかなり大変。
ですから皆、共通言語として英語をシェアして伝え合っているんですね。
でも、そこに簡単な現地語を取り入れるだけで、仲良くなるスピードがぐんっと、上がる気がするのです。

こんな思いから、この" World Beauties " でも、
現地で使ってほしい現地語の一言を、必ずインタビューしています。
是非、皆さんも旅や海外の人とのお話の際には使ってみてくださいね!

305634_4074358736010_1844090236_n

DMMオンライン英会話にも、たくさんの国の先生がいます。
もちろん、英語を学ぶことが一番の目的なわけですが、
せっかく、色々な国の先生と出会えるチャンスがあるのですから、
その国の挨拶を教えてもらったり、簡単な日本語を説明する、
なんていうことも取り入れたらもっと楽しくなるのではないかなと思います。

この " World Beauties " が、皆様の世界各国に興味を持つきっかけとなれたら嬉しいです。

次はどの国のBeautyが登場してくれるでしょうか?お楽しみに!
それではまた、See you~!