【レベル別】DMM英会話の日本人講師 活用ナビ

DMM英会話の日本人講師 活用ナビ

みなさんこんにちは。
以前は高校で教員をしていて、現在はDMM英会話で講師をしているKurumiです。

DMM英会話には*世界120ヶ国、6500人の講師が在籍しており、その中にはプロとして英語を教える「日本人講師」も含まれています。

本記事では、日本人講師の私が考える、日本人講師の特徴とメリット、実際の授業の様子、レベル別のオススメ活用方法をお伝えします。

「いきなり外国人の先生と話すのは不安…」
「英語力の伸び悩みを感じる」
「日本人講師レッスンってどんな感じだろう?」

そんな方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

* 2019年12月時点

 

日本人講師の特徴とメリット

日本人講師の特徴とメリット

DMM英会話には『スタンダードプラン』と『プラスネイティブプラン』の2つの料金プランがあり、『プラスネイティブプラン』ではネイティブ講師を含む世界120ヶ国の講師のオンラインレッスンを受講可能。

そして、『プラスネイティブプラン』では、100名以上いる日本人講師のレッスンも受けることができます。

▽『プラスネイティブプラン』の詳細はこちら
https://eikaiwa.dmm.com/lp/plusnative/

なぜ日本人講師?

ネイティブ講師(英語を母国語とする講師)は、当然ながら完璧な発音と自然な言い回し表現を使って指導をしてくれます。

一方、ノンネイティブ講師は英語が母国語ではないからこそ、言語学習のプロセスを経験しているので、第二言語を学習することについてよく理解した上で指導がすることができます。

日本人講師もノンネイティブですので、日本語を母国語として英語を第二外国語として学習しています。

つまり、学習者のみなさんと、日本語という言語だけではなく、これまでの学校教育や言語学習のプロセスも共有しているので、その分細かい気づきや心遣い、アドバイスがすることができるのです。

★メリット1★
日本語で質問ができて、日本語で説明が受けられる

まずは、最大かつ最強の特徴。

日本人講師であれば、わからない表現や理解できない点について、日本語で質問することができます。

「これの意味は?」「ここがわからない!」など、気軽に質問できます。また、細かいニュアンスや文法ルールの説明を、日本語で受けることができます。英語よりも日本語で説明を受けた方が理解も深まりますし、時間がかかりません。

初心者の方は、日本語で丁寧に解説してもらうことで、基本からしっかりと理解することができます。また、中上級の方は、英語の説明だけでは理解できない細かい点について理解を深めることができます。

★メリット2★
学習のアドバイスを受けられる

英語そのものについてだけではなく、言語学習の悩みや学習方法について相談することができます

講師は同じ日本人として、英語に関する同様の悩みを経験してきているので、より具体的で効果的なアドバイスをうけられることでしょう。

「先生はどうやって勉強しましたか?」「先生のオススメの学習方法は?」「こんなとき、どうやって乗り越えましたか?」など、気軽に聞いてみてくださいね。

★メリット3★
絶対的な安心感

以上のようなメリットがあるのに加えて、日本人講師にはやはり絶対的な「安心感」があります。

初心者の方やオンライン英会話デビューしたての方の中には、「いきなり外国人の先生は怖い」と感じる方も少なくないと思います。

でも、日本人講師なら、いざというときに日本語が使えるので安心。ちなみに、これらの理由から、DMM英会話では体験レッスン2回のうち1回は日本人講師のレッスンを受けることができますよ。

 

実際の授業はどんな感じ?

実際の授業は

さて、実際の授業についてです。

レッスンの流れはフリートークであれ、教材であれ、他の外国人の先生と大きくは変わりません。

違うところは日本語を織り交ぜる点ですが、他にも以下のようなレッスンリクエストを受けることもしばしばあります。

【レッスンリクエスト例】
・英語学習をこれから始めたいので、学習方法についての相談がしたい。

・今やっている教材が終わったら、次にやる教材がわからないので、相談にのってほしい。

・通訳案内士の試験までに一緒に過去問を解きたい。一緒に訳していき、問題も一緒にときたい。

・英語検定の過去問題をひとつずつ一緒に解いていって解説をしてほしい。

・ライティングの添削をしてほしい。

・TOEICの過去問でわからなかった問題の解説をしてほしい。

・仕事で使いたい表現をどう言うかまとめたいので手伝ってほしい。

・文法の説明を日本語で詳しく受けたい。

これらのリクエストはほんの一部ですが、生徒さんのレベルや目的によってさまざまなリクエストを受けます。

一緒に問題を進めていく場合は、レッスン予約の際に問題のリンクを貼っていただくか、レッスンが始まってすぐにリンクを送って問題を共有してもらいます。また、問題の写真を送ってもらうこともあります。

 

どれくらい日本語を使うの?

レッスン中の英語と日本語の割合、これについて気になる方は多いのではないでしょうか。

普段のレッスンでは、生徒さんのレベルに合わせて日本語を交えます。

基本は英語で、必要に応じて日本語に切り替える感じでしょうか。また、英語学習についての相談にのるときは、日本語でアドバイスをしていきます。

初級の方で、わからなくて英語が出てこないときは「どういう風に言いたいですか?」と日本語で講師から生徒さんに聞くことが多いです。

中級の方からは「これの意味は?」「この表現はどのように使えばいいですか?」「こう伝えたいときはどう言えばいいですか?」などの質問を日本語で受けることが多いですね。

上級の方は、「これはどうしてこういう文法になっているのですか?」「なぜこの答えはこうなるのですか?」というような、一歩進んだ質問を多くいただきます。

また、キッズ(小学校入学前から中学校くらいまで)のユーザーさんに対しての日本語の使用頻度は、年齢が下がるにつれて上がっていきます。

日本人講師レッスンでは、日本語をどれくらい交えてほしいかのリクエストをすることができますので、「基本は英語で、文法の説明は日本語でお願いします」「答えの部分だけ日本語で訳してほしい」など、あなたが望むレッスンスタイルを予約時、またはレッスン開始時に伝えてみてください。

 

レベル別オススメ活用方法

レベル別オススメ活用方法

レベルや学習目的は違えど、キッズから上級者まで、全ての方にぜひ一度は受講していただきたい日本人講師レッスン。

ここからは、レベル別のオススメ活用法と合わせて、レッスンを受けるにあたっての注意事項もご紹介します。

 

自分の課題をシェアしてリクエスト【初級・中級向け】

今自分がつまずいている点を、具体的に先生に日本語で伝えて、授業のリクエストをしてみましょう。

例えば、「基本の文構造がわからないので作文ができない。短い文のみで会話をして一文ずつチェックして欲しい」「ボキャブラリーが全然増えないし覚えられない。レッスンの最後5分間で今日やった単語のテストをしてほしい」などなど、リクエストはなんでもアリ!

先生はリクエスト通りにレッスンを進めてくれます。リクエストは予約時、もしくは授業開始時に日本語で伝えればOKです。

 

文法の解説【初級・中級向け】

日本人講師は、文法をわかりやすく日本語で教えることができます。レッスンでは教材を使ってもいいですし、フリートークで文法の質問をするという形でもいいでしょう。

文法を学びたいのであれば、以下の教材がおすすめです。

DMM英会話オリジナル教材『文法』
『瞬間英作文』
『Grammar in Use』

これらの教材は文法項目ごとにレッスンがまとまっていて、効率的に文法学習を進められます。問題を解く前に、「先に文法の説明をここにある例文を使って日本語でしてほしい」とリクエストするとスムーズに文法を理解できるでしょう。

フリートークであれば「いつも過去形を使うのか現在完了形を使うのかで迷ってしまう。使い分けの練習がしたい」「疑問文の作り方と答え方を教えてほしい」など、自分の知りたい文法項目について先生に質問してピンポイントで教えてもらいましょう。

 

細かくて難しい質問をしてみる【上級向け】

上級の方は、すでに文法や単語の知識と理解力があると想定されますので、日本語での説明を必要とするような細かい質問をしてみましょう。

ニュアンスや発展的な表現に関する細かい部分になればなるほど、日本語で噛み砕いて教えてもらわないと理解が難しい場合があります。

特に文法に関しては、日本人講師の得意とするところ。外国人講師とは違った角度から日本語で説明をしてもらえることでしょう。

 

キッズレッスン【子供向け】

カメラの前にずっと座っているのが難しい年齢のお子様には、日本人講師がおすすめです。

小学生くらいの子であれば画面の前に座っていられますが、レッスンが英語オンリーだと何も理解できず、飽きてしまったりします。そんなときこそ、日本人講師の出番。

キッズが得意な先生は、クイズやゲームなどで子供が飽きない&楽しいレッスンをしてくれます。

講師検索画面で、「日本人講師」「キッズ向け」を選んで検索をかければ、キッズが得意な日本人の先生を探すことができます。

検索画面

子供たちは、まだ慣れないうちは緊張して不安に感じる子も多いことと思います。そんなときに、日本人講師から日本語で優しく声をかけてもらうことで、少しはリラックスをしてレッスンに臨むことができるはずです。

※ 注意事項

日本人講師の先生が日本語を話せるからといって、日本語ばかり使って甘えてはダメです。

会話の練習をしているときや、教材を進めているときなどは、なるべく英語で話すよう意識しましょう。逆に、相談や質問をする際は、日本語をうまく使いながら疑問に思っていること、悩んでいることを伝えてみてください。

 

日本人講師レッスンを受けてみよう

日本人講師レッスンを受けてみよう

もし、あなたが全く話せない英会話初心者でしたら、まずは英語を話すこと自体に慣れることが大切です。

毎日、日本人の先生と話すことで、少しずつ自信がついていき、外国人講師とのレッスンを受ける勇気に繋がります。ぜひオンライン英会話のファーストステップとして、日本人講師の授業を受けてみてください。

また、文法や単語について、なんとなくわかっているつもりで今日まで来てしまった方もいらっしゃると思います。そういう方は、曖昧な理解のまま進むのではなく、これを機に、日本人の先生からしっかりとした説明を受けて、学んできたことをクリアにし頭の中を整理してみましょう。

さらに、学習法に行き詰っていたり、伸び悩みを感じているのであれば、日本人講師に相談してみましょう。プロの視点から客観的なアドバイスを聞くことで、軌道修正ができ、目指す英語力に効率的にに近づくことができます。

誰もがみな最初は初心者ですし、学習を進めていく上で課題や問題に直面します。

日本人講師もみなさんと同じように、長く続く英語学習の道のりで同じ悩みや課題を克服しながら、英語力を高めていきました。

だからこそ、仲間だと思って、思いっきり頼ってみてくださいね。必ず、力になってくれるはずです。

 

おわりに

いかがでしたか?

日本人講師とひとくくりに言っても、先生たちのバックグラウンドや、得意な指導分野、レッスンスタイルは異なります。

私の場合は日本育ちの元高校教員ですので、英語検定など試験の指導や文法の解説、勉強方法のアドバイスなどが得意です。

一方で、帰国子女のバイリンガル講師や、海外在住歴が長い日本人講師の先生は、ネイティブ同様の豊かな表現を素晴らしい発音で教えてくれます。

経験豊富で高い英語力を持つ日本人講師たちが、みなさんとのレッスンを楽しみにしています!

ぜひ、日本人講師レッスンをお試しください。

▽日本人講師についての詳細はこちらから
https://eikaiwa.dmm.com/lp/japanese_teacher/