オンライン英会話レッスンを効果的に使い、スピーキング力を向上させる!【メンバールーム体験談レポート Vol4】

こんにちは、りっかです。

今回のテーマ:オンライン英会話レッスンを効果的に使い、スピーキング力を向上させること!
毎週更新:全11回英語学習ワークショップ “メンバールーム”レポート一覧
生半可な気持ちで始めたら間違いなく後悔しそうなくらい徹底的に遂行させられる毎日の課題と、新しい気付きや反省点満載の英語セッションで充実した英語学習の日々を送っています。

モニタープロジェクト第1回2回は、英語を話すマインドとベースカリキュラムを学び、第3回からは各メンバーそれぞれ専属の講師と二人三脚で英語力の向上に取り組んでいます。

英語で会話をしてみないと、いかに自分が話せないか、聞き取れないかがなかなか分からないものです。
喋る聞くということをベースにしたコミュニケーション英語学習としてオンライン英会話レッスンはとても有効です。
今回のセッションではレッスンを効果的に使う方法を学びました。

ゲスト登場!

今回のメンバールーム(定期英語セッション)では、DMM英会話のレッスンを毎日リアルタイムでネット配信中の、「セブヤン英語渋谷さん(LIG.inc)と、「チャライングリッシュ永田さん(LIG.inc)がゲスト参加してくださいました!
(いつのまにか始まっていたお二方の生放送ですが、おもしろいだけでなく、毎日定期的にレッスンをする大切さを感じさせてくれます。モチベーションアップに是非ご覧ください)

セブヤン英語

DMM英会話の取材でセブ島へ行くも、全く英語が話せずその勢いで始めたDMM英会話レッスン。平日20時からツイキャスにて生放送中。
あまりの英語話せてない感につい応援したくなります。

チャラENGLISH

チャラいキャラでブランディング中のナッツが、素敵な口説き英語フレーズをレッスン中。平日20時半からツイキャスにて生放送中。
「写真とっていい? 僕の友達に、エンジェルがいたことを証明したいんだ」

https://twitter.com/chara_eng/status/621477422647480320

1,生放送英語セッション第3回
「オンライン英会話を効果的に使う方法」

英語セッション生放送スケジュール、録画動画の視聴はこちら

「オンライン英会話を効果的に使う方法」3トピック

●1● オンライン英会話レッスンで気をつけるべき3つのポイント
1,フリートークの罠
2,「リハーサル要素」と「リマインド要素」
3,一番ダメなことは「わかったふり」
これら3つのポイントをしっかり押さえてレッスンの効果を高めましょう。

●2● レッスン内で使われるフレーズを覚える
しっかりレッスンを受けるために必要な10フレーズをしっかり覚えて、いつでもスッと出てくるように準備しましょう。

●3● 文章のインプットの仕方
英語のフレーズ、文章を上手に覚える方法を学びましょう。

2,メンバールーム

cellen_shinken

「オンライン英会話レッスンを効果的に使う方法」生放送後は、メンバーのみのグループセッションが行われます。
レッスンを効果的に使うために必要なことについてを学びました。
英語のスピーキング力というのは、「状況に対して言いたいことを考えずにスッと言える」ことだと言えます。

英語で言いたいことが言えない、と感じるのは、
考えずにスッと言える文章が少ないということ。

では言いたい言葉がすぐに英語で出てくるようにするためにはどのようにすればよいでしょうか?
アトランダムに言えるようになろうとしてもそれはとても難しいことです。

今回は言いたいことがスッと言えるようなるためのポイントを2つ学びました。

1,オンライン英会話レッスンの中で頻発するフレーズは瞬時に口にできるくらいにしておく

「オンライン英会話を効果的に使う方法」英語セッションの中で出てきた、オンラインレッスンで必ず必要なフレーズの1つめと2つめ、

を、お互いに顔を見合わせ、語りかけ合い、噛まずに言えるようになるまで練習をしました。

kawaiku_tereru

minesan_keisukesan

そもそも、レッスン自体に必要な言葉が「なんて言えばいいかわからない」状態では、レッスンが非効率になりがち。
まずはこれらの言葉をしっかり言えるようになりましょう。

「チャラENGLISH」の永田さんは笑顔でチャラい “What did you just say?” を披露してくれました。

chara_english
楽しみながら英語練習するのはとても効果的ですね!

とりあえずものすごくチャラかったです!!

考えずに言える文章を増やして、言いたいことがすっと出てくるように練習を繰り返していきましょう。
まずはレッスンに必要なフレーズをスッと出てくるようにしたら、次は自分の話たいことをスッと言えるようになるためのレッスンです。
では次のトピックでご紹介します。

2,言えなかったフレーズをつぶさにノートに書き落とす

レッスン中は、頭の中に先に日本語が出てきて、英語にできない言葉というのは、大変多くありますが、
レッスンが終了したら忘れてしまいます。

言えなかった言葉をしっかり書き落とす習慣を、聞き返す習慣と同じくらい、しっかり身につけましょう。

レッスンを一度止めてノートに言葉を書落とします。
その時に講師に伝えることばはこちら

レッスンは自分の主導で進めることで、より効果的にすることができます。
わからなかったら聞き返しましょう。
言えない言葉があったら、レッスンを止めてノートに書き落としましょう。

関連記事完全活用法!オンライン英会話で伸びる人の三原則と伸びない人がしているただひとつのこと

3,毎日のカリキュラム

今までで一番ハードルが高い!? 1ページ暗唱の宿題

ミッション:英文を全て覚えて、1週間後に全員の前で発表

→ミッションの結果「動画:リスニングの効果的な伸ばし方」44分めから
minesan

課題の本の中から、好きな10トピックを選びます。
さらにその中の一つを、本を見ずに暗唱できるように覚えてください。
その他に選んだ9個も毎日読みます。

英語を前から捉える感覚を掴むことを意識しましょう。
日本語の場合、文章を読んで、途中で前に戻らないと意味がわからない文章はないですよね。
「昨日公園に行ったら、たくさんの人が犬を散歩させていました」を、一回戻ったりしないのと同じように、
英語の文章であっても、先頭から順番に読み、理解できるはずです。

前から英語を読み(聞き)、日本語の順に並べ替えずにそのまま理解する感覚をラダーシリーズLEVEL2の簡単な英語を使ってしっかり身につけましょう。

読めるようになれば、聞いても理解できるようになります。
英語の会話についていけない、といのは、音に慣れてないからというだけでなく、ほとんどの場合、英文を前から正確に意味が捉えられないためだと言えます。
(このリスニング部分は次のメンバールームでさらに詳しく解説されます)

また、長い文章を一つ丸暗記することには、「英語の論旨の展開」を覚える助けにもなります。
これを言ったら、次はこういうことを言うだろう、というセオリーが日本語でもあると思います。
英語で話しているときに、「この話をしたら次はこういう言葉でつなげる」、という英語での論旨展開を学びましょう。

●英文を暗記するときのポイント●
意味が分かった上で読みましょう。
正確に読める力をつけましょう。正しく読めなければ早く読めるようにはなりません。シンプルな英語をゆっくりでいいので読むそれを繰り返すことが大事です。
一語一句間違えないように覚えましょう。

英語ができない人は圧倒的に、読み正しく理解することが少ないことが挙げられます。
英文の意味を前から捉える感覚をつかむことで、ブレイクスルーが起こるかもしれません。
初めは大変ですが、一度文章を全て覚えるという経験をすることで、2つめ以降は楽に覚えられるようになります。
覚えた文章はなかなか忘れないので、普段の英会話でも活用できるようになります。
ぜひトライしてみてください。

レッスン前の3行エッセイ(英作文)

第2回メンバールームより引き続き、レッスン前に英語で3行のエッセイを書き、それを講師に伝え、文法を直してもらったり、適切な表現を教わります。
日本語でも、何を話すか準備をしていないととっさに言葉が出ないものです。話す前にイメージをすることで確実に口にできるようにリハーサルしましょう。
また、自分の話したいことばは使う頻度も多い、ということです。
使う頻度が多ければ習得しやすいと言えますので、皆さんもチャレンジしてみてください。
→詳しくは「英語のリズムと発音の練習を繰り返して英語の感覚を身につけよう【メンバールームレポート#3】」をご参照ください。

レッスンでのマザーグースで発音練習

楽しくてハマるメンバー続出!!の、DMM英会話教材のマザーグースを使った発音トレーニングです。
何度でもレッスンしましょう。
→詳しくは「英語のリズムと発音の練習を繰り返して英語の感覚を身につけよう【メンバールームレポート#3】」をご参照ください。
香苗さんとDimy講師の楽しいレッスン風景を動画でご覧いただけます。

シャドーイング

(Unit6までの部分で発音の必要なものはほとんど網羅されているので、同じところを何度も何度も繰り返しています)

脳内再生音(英文を読んだ時に頭のなかで文章が再生される音)を矯正し、英語を話しやすく英語を体に染み付ける地道な訓練です。

聞いた音をそのまま理解する、そのまま受け入れるというイメージでシャドーイングをしましょう。
そうすることで脳内再生音が音源に近づいていきます。
シャドーイングは、文章を見るのは始めだけです。少しなれたら文章を見ずに行いましょう。

発音は常に「間違えている」という意識で取り組んでください。
発音の基礎、精度を上げていきましょう。

4,第4回メンバールームレポ後記

モニタープロジェクトのメンバーのほとんどは英語学習を自分で行ってきた人がほとんどですが、
今まで行ったことのない課題、レッスンの仕方を次々と消化し今までで感じたことのない成長を感じています。
メンバーのレポート、プロフィールはこちら

第3回までの3人のコメントをご紹介します。

Aiさん

「スピードラーニングを、このプロジェクトの前に取り組んでいました。その時は、難しいな…と感じていたのが、久しぶりに今週聞いてみたところ、「わ!なんだ、こんなに簡単だったんだ」と自分の英語力が伸びていることに気が付きました。
リスニング力が急激に伸びて、社内のミーティング内容はほぼ聞き取れるようにまでなりました!!」
(Aiさんは外資系の会社勤務で英語でのミーティングが頻繁にあります。プロジェクト当初は全くわからず、話せずという状況でした)

香苗さん

「他のモニターの方がどれだけ頑張っているか聞くと俄然やる気があがります!!なので、いまとても楽しいです。英語の学習がこんなに楽しい、と思えたのは初めてかもしれません。昔から負けず嫌いで、一旦火がつくと勝つための努力は、全然苦ではなくなる猪突猛進型の性格なので、今回モニターになれたこと本当に感謝しています。」

zoraさん

「講師にオンライン英会話をスタートしてどこが成長したと実感している?と聞かれたときに、自然と口から「講師に質問するだけじゃなくて、自分の意見や状況を説明できるようになったこと」と「シングルセンテンスではなく、複数のセンテンスを繋げて話せるようになってきたこと」という言葉が出ました。確かに振り返ってみるとその点では明らかに成長したなぁと改めて実感しました。あと最近はジェスチャーが自然とついてくるようになりました。これもある意味進歩かもしれないです」

メンバーそれぞれ、おもしろい英語自己学習や、失敗、反省など様々です。
自分と同じようなレベルのメンバーがいたら、参考にしてみてくださいね!
毎週更新:全11回英語学習ワークショップ “メンバールーム”レポート一覧

次回のテーマは「リスニングの効果的な伸ばし方」
どうぞお楽しみに!