DMM英会話でも大人気!世界が身近になる英会話教材『PASSPORT』の著者に聞く、制作秘話と学習者に伝えたいこと。

数多くのDMM英会話提携教材の中でも、特に初心者を中心に人気なのが、日本人向けトラベル英会話教材である『PASSPORT』

世界中を旅する個性豊かな日本人キャラクターと共に、海外旅行のあらゆるシーンで使える実用的な旅行表現を学ぶことができます。

今回は、『PASSPORT』の著者の一人である Angela さんに、本教材を作るに至ったきっかけや制作秘話、おすすめの活用法についてお話を伺いました。

まだ『PASSPORT』を試したことがないという方も、今まさに『PASSPORT』を使って学習中という方も、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

日本人学習者に役立つ教材を『PASSPORT』に込めた思い

ー よろしくお願いします。まずは簡単な自己紹介をお願いいたします。

これまで長い間、英語教師として働きながら、教材制作や英語教師の指導にも携わってきました。今はイギリスの大学で、学内の教育や学習の質の向上をはかる「アカデミック・デベロッパー」として働いています。

とにかく英語を教えることが大好きで、言語や異文化を学ぶことが生徒たちに与える影響について、いつも考えてきました。

ー 日本での指導経験もおありなのですか?

はい。大学を卒業後、東京の専門学校で勤務し、CAやホテルスタッフを目指している生徒たちに英語を教えていました。

ー なるほど。日本でのご経験が、『PASSPORT』のような日本人向けの学習教材を作るきっかけにもつながっているのですか?

そうですね。東京で働いてるときに、オックスフォード大学出版局の方から、「日本の英語学習者に向けての教材を作らないか」と声をかけていただいたんです。

当時の日本には、"初級学習者でも短期間で話せるようになる"ような英語教材がまだなく、そうしたものを日本人学習者向けに作ろうと思い、『PASSPORT』制作に取り掛かりました。

私の生徒の中には、アクティブで好奇心があり、海外旅行や世界を自分の目で見ることが大好きな子たちが多く、彼らのような英語学習者のニーズを満たせるよう、スピーキングとリスニングに焦点を当てた、実用的かつ楽しみながら学べる教材に仕上げたんです。

また私だけでなく、『PASSPORT』制作に携わった人全てが「実際に使える英語が学べる教材を作ろう」という強い気持ちを持っていたのを覚えています。

ー なるほど。きっかけは、生徒さんたちに役立つ英語教材を!という思いだったのですね。

はい。「海外旅行をしてみたいという夢はあるんだけど、学校で"教科"としての英語を避けてきた」という生徒が多く、彼らに英語を使いながらスピーキングスキルを身につけられる機会を提供したかったのです。

自分の生徒の顔をイメージしながらの教材制作はとても楽しく、それと同時に、もっと多くの人たちがこの教材を求めているのではないかと感じました。

そして、「世界中の人とコミュニケーションを取りたい」という大きな夢を持っている学習者に向けて教材を作ることにしたんです。

必ずしも英語が "得意" である必要はありません。英語が難しいと感じている学習者たちに、「正しいやり方でコツコツと勉強をすれば、英語は出来るようになるんだよ」ということを伝えたかったのです。

 

英語のリアルを届けたいこだわりが詰まった『PASSPORT』

ー 『PASSPORT』の内容に関して、特徴やこだわった部分について教えてください。

『PASSPORT』の一番の特徴は、スピーキングから始まる点です。

また、スピーキングとリスニングに焦点を当てることで、早い段階で英語を話すことへの心理的なハードルを乗り越えられるよう工夫しました。

こうした工夫の裏には、「大丈夫、あなたなら出来る!」というメッセージが込められているんです。

ー 実際、DMM英会話教材の中でも、『PASSPORT』は特に初心者の方から人気があるんですよ。
その他にもこだわった部分はありますか?

たくさんありますが、会話文一つ一つを短くて覚えやすいものに、そして実用的なものにすることに力を注ぎました。

また私自身、教師経験を通して、言語学習は時間がかかり、内容がつまらないと飽きてしまいやすい、というのを実感しているので、ユーモアを入れるのも大切にしました。そういった意味で、『PASSPORT』の中に出てくるキャラクターやイラストは、学習の助けになるものだと思っています。

あとは、私の強い意向で、英語が母国語ではない人たちの会話も入れました。英語を話す人の多くはネイティブではないので、そうすることで、リアルな国際コミュニケーションを表現したかったんです。

ー そうしたこだわりを実現する上で、苦労はありませんでしたか?

ニューヨークで音声をレコーディングしていたのですが、いろいろな国の英語訛りを忠実に再現するのに苦労しましたね。

とにかくリアルな訛りを出したかったので、キレイな英語ではなく、世界中のあらゆる英語を話す声優さんを探す必要があったんです。それがかなり大変でした。

英語教育のプロが考える英語マスターのキーとは?

ー 学習者の方たちに、『PASSPORT』をどのように使って欲しいですか?

英語学習法はたくさんありますが、私が考える一番効果的な方法は、"毎日少しずつ"そして"誰かと一緒に"勉強することです。あとは実践ですね。頭の中だけで学ぼうとせず、きちんと声に出しましょう。

『PASSPORT』を通じて言語を学ぶ楽しさを実感し、学んだ英語を使って旅行や国際コミュニケーションを楽しんでもらえたら嬉しいです。

ー なるほど。DMM英会話で『PASSPORT』を使えば、先生と一緒に、また実際に声に出しながら学ぶことができるので、かなり効果的なのではないでしょうか。
それでは最後に、英語学習者に向けてメッセージをお願いします。

新しい言語を習得するには多くの時間と努力が必要ですが、一番重要なのは、あなたが楽しめるやり方を見つけること。それができれば、長い道のりも苦になりません。

そして、間違えることを恐れないでください。

間違えることは、正しい英語を身につけるための大切なステップです。

頑張ってください!応援しています!

ー ありがとうございました。

 

おわりに

日本人英語学習者のために作られた『PASSPORT』。

現在、DMM英会話では、以下の5つを無料でご利用いただけます。

『PASSPORT』で海外旅行や国際コミュニケーションで使える英語を学び、世界に羽ばたくもう一つの「パスポート」を手に入れてみてくださいね!