初めてのオンライン英会話を安心して受けるための英語フレーズ集

オンライン英会話

オンライン英会話レッスンが初めての方は、少し戸惑うこともあるかと思います。

しかし、DMM英会話の講師たちは初心者の方が自信を持てるようにサポートすることに慣れています!

以下の基本的なフレーズをいくつか覚えておくだけで、より快適に初めてのレッスンを受けられるはずです。

【確認編】音声が聞こえない、ネットの調子が悪い場合

接続の調子が悪い時

DMM英会話では、プラットフォームが安定し、より使いやすくなるように日々努力しています。万が一、技術的な問題が発生した場合、以下のフレーズを知ることで問題を解決する方法を見出すことができるはずです。

音声に問題があるとき

Can you hear me?
「(わたしの)声が聞こえますか?」
Can you hear me clearly?
「(わたしの)声がはっきりと聞こえますか?」
I can't hear you.
「よく聞こえません」
There’s some noise and I can’t hear you clearly.
「ノイズが少しあって、はっきり聞こえないです」
The sound is choppy.
「音が途切れています」
I can see you, but I can’t hear you.
「(あなたが)見えますが、聞こえません」

映像に問題があるとき

Can you see me?
「わたしが見えますか?」
I can't see you.
「あなたの姿が見えません」
I don't have a webcam.
「わたしはウェブカメラを持っていません」
I prefer not to use a webcam.
「できればウェブカメラは使いたくありません」
Can we turn off our cameras?
「お互いカメラをオフにしてもいいですか?」
※音声だけにしたい場合
Your screen is frozen.
「(あなたの)画面がフリーズしています」
I can hear you, but I can’t see you.
「(あなたが)聞こえますが、見えません」

ネットやパソコンの調子が悪いとき

Something is wrong with the internet connection.
「ネット回線がおかしいみたい」
There seems to be a problem with my internet.
「(わたしの)ネット回線がおかしいみたい」
I’m going to try refreshing my screen.
「画面をリフレッシュしてみます」
I think I need to refresh my browser.
「ブラウザをリフレッシュしないといけないようです」
Can I restart my computer?
「パソコンを再起動してもいいですか?」
Let me restart my computer.
「パソコンを再起動しますね」
Could you restart your computer?
「パソコンを再起動してもらっていいですか?」
※相手にパソコンを再起動してもらいたいときに使えるフレーズです。講師から言われる可能性もありますので、覚えておきましょう。

レッスンの初めに、先生の方から Can you see me? や Can you hear me? などと確認してくれるので、そのときに Yes/No と答えるだけでもOKです!

接続が悪く音声で伝えるのが困難な場合は、チャットボックスに上記のフレーズを書き込んで伝えるようにしましょう。

【会話編】英語が聞き取れない、意味がわからない場合

会話をする人のイラスト

いよいよ英会話レッスンがスタート。まだ不安はあるかと思いますが、英会話を上達させるためには、そして楽しむためには「わからないことはわからない」とはっきりと伝える姿勢が大切です。

ここでは先生の英語が聞き取れないとき、意味がわからないときに使える英語フレーズを紹介します。

英語が聞き取れないとき

One moment please./Could you wait a moment?
「ちょっと待ってください」
More slowly please.
「もっとゆっくりお願いします」
Could you speak a bit slower?
「もうちょっとゆっくり話してもらえますか?」
I didn’t catch that.
「聞き取れなかったです」
Pardon?/Sorry?
「え?(聞き取れなかったとき)」

意味がわからないとき

I don’t understand.
「理解できません」
I'm sorry, I don't get it./I didn’t get that.
「あなたが言った内容を理解できません/できませんでした」
Could you please say that again?
「もう一度言ってもらえますか?」
Could you repeat that?
「繰り返してもらえますか?」
Could you rephrase that?/Could you say that in a different way?
「違う言い方で言ってもらえますか?」
Sorry, I still don’t understand.
「すみません、まだ理解できません」
How do you spell that?
「それはどのようにスペルしますか?」
What is "○○○○"?
「〜はなんですか?」
What does "○○○○" mean?
「〜はどういう意味ですか?」
Could you type that (word/sentence) in the chat box/message box please?
「チャットボックスに(単語/文章を)入力してもらえますか?」
Can I check that in my dictionary?
「辞書を引いてもいいですか?」
Can I think for a moment?/Let me think for a moment.
「すこし考えてもいいですか?」

How are you?/How was your day? の答え方

【How are you? の答え方】

I'm good. How are you?
「元気です。あなたはどうですか?」
I’m okay, thank you.
「大丈夫です。ありがとう」
I'm doing very well!/I'm doing great!
「すごく調子がいいです!」
I'm not feeling well.
「あまり調子が良くありません」
I could be better.
「まあまあです」
I'm a little tired.
「少し疲れています」
I'm really exhausted.
「すごく疲れています」

【How was your day? の答え方】

My day was good/great.
「今日は良い1日でした」
It wasn’t so good.
「今日はあまり調子が良くなかったです」
It was fun!
「楽しかったです!」
I was working all day.
「今日は一日中働いていました」
I was really busy today.
「今日はとても忙しかったです」
I met my friend today./I met some friends today.
「友達に会いました」
I went shopping.
「買い物に行きました」
I ate some delicious food today.
「今日はおいしいものを食べました」

【そのほか】あいづち、反応、つなぎ

オンラインレッスン中の女性

あいづちを打ったり、「えーっと」のように話をつなぐことも自然な会話をするために必要なスキル。ここではそうしたあいづちを打ったりうなずいたり、会話の間を埋める便利な英語表現を学んでいきます。

あいづち

まずは「同意のフレーズ」から見てみましょう。

I see.
「なるほど」
Mm-hmm./Uh-huh.
「はい、うんうん」
Got it!
「わかりました!」
I think so too.
「わたしもそう思います」
You're right./You got that right.
「そのとおりですね」
Of course./Sure.
「もちろんです」
Exactly!/Definitely!
「全くそのとおり!」
Absolutely!
「間違いない!」

反応の表現

次は、「賞賛のフレーズ」や、褒めたいときの表現を見ていきましょう。ポジティブな話をしているときに使えるものばかりです。

That’s great.
「素晴らしいですね」
That’s a good idea.
「いいアイデアですね」
That is really interesting.
「とても興味深いです」
That sounds so fun!
「とても楽しそう!」
That’s amazing!
「すごい!」
Oh, wow!
「えー!すごい!」

続いて、少しネガティブな話になったときに使える「反応」の表現をご紹介します。Uh-huh や I see の代わりに、相手の話している内容にあわせて返事を選ぶようにしましょう!

Oh no!
「あらやだ!/うわあ!」
Oh my gosh/Oh my goodness!
「あらあら!/ええっ!/うわあ!」
No way!
「うそ!」
Really!?/Seriously!?
「本当ですか!?」
I’m sorry to hear that.
「それは残念でしたね」

次は、「もしかしたら」や「多分」のような、確信を表す表現を見ていきましょう。

Probably.(確信度 80%)
「多分、十中八九」
Maybe.(確信度 60%)
「もしかしたら、多分」
Perhaps.(確信度 40%)
「もしかしたら/あるいは」
Possibly.(確信度 20%)
「ひょっとしたら」
I doubt it!/I doubt that…(確信度 10%)
「〜は多分ないでしょう」
There’s no way that…(確信度 0%)
「〜なんてありえないです」

つなぎ表現

次は「つなぎ」の表現です。

Well…
「そうねぇ...」
Um…/Hmm…
「うーん、えーっと...」
Let’s see…
「えーっと...どれどれ...」
Let me see…
「えーっと...」
You know…
「ほら...」
How do I say… / How can I say…
「どう言ったらいいのか…」

終わりの挨拶

画面に向かって手を振る男性

レッスンの終わりが近づいたときに、なんて言えばいいのかがわからないという不安もあるでしょう。大丈夫です! 終わりが近づいたら、きっと講師がこのようなセリフを言ってくれます。

We’re running out of time.
「もう時間がないです」
I think we're out of time.
「もう時間がないみたいですね」
Our time is almost up.
「そろそろ時間ですね」
So, that’s the end of our lesson.
「これでレッスンは終わりです」

そして、以下のようなセリフを使って返事してみてくださいね。

Yes. This was a great lesson.
「そうですね。とてもいいレッスンでした」
Thank you so much for today’s lesson.
「今日のレッスン、ありがとうございました」
I really enjoyed talking with you today!
「今日はお話しができて楽しかったです!」

最後は「さようなら」「またね」のような一般的なあいさつで締めましょう。

See you next time.
「次回また会いましょう」
See you!
「またね!」
Have a nice day!
「良い1日を!」
Good night.
「おやすみなさい」
Bye./Goodbye.
「さようなら」

まとめ

いかがでしたか?

初めての英会話、ましてや慣れないオンライン英会話となると「大丈夫かな」と不安に感じてしまうのも仕方ありません。

でも大丈夫! いったんレッスンがスタートすれば講師たちが優しくリードしてくれます!

最初からかっこいい英語を話そうとするのではなく、今回学んだようなフレーズから徐々に使っていき、「英語が通じた」という体験を楽しんでみてください。

また、DMM英会話ブログには、オンライン英会話で使えるフレーズ集が他にもたくさんあります。ぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

「迷ったときに使えるフレーズがあればなんだか安心!」と自信が少しでもついた方は、ぜひこの機にオンライン英会話レッスンを受けてみてはいかがでしょうか? DMM英会話では、無料体験レッスンを受けることができますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。