観覧車は英語で?遊園地で使いたい英語表現とフレーズまとめ

観覧車

何歳になっても、たまには遊園地に行ってパーッと遊びたくなりませんか?

夏休みになると、遊園地やアミューズメントパークに出かける家族連れや若者が多いですよね。また、「秋になって涼しくなってから!」という人もいるでしょう。

遊園地にはたくさんの乗り物があり、とてもワクワクするはずです! 海外には、ありとあらゆる絶叫マシーンや、その他のアトラクションがそろいに揃った遊園地が多数あります。

そこで今回は、遊園地に関する英語表現について紹介していきたいと思います!

遊園地は英語で?

空中ブランコ

遊園地を日本語でカタカナ表記しようと思うと、テーマパークか、アミューズメントパークという単語が思い浮かぶかと思います。日本語ではどちらも同じように使われ、正直どちらを使っても意味に違いがないイメージがありますよね。

英語で遊園地を表す表現も2つあり、日本語のカタカナ表記で使われる単語と同じ theme park(テーマパーク)と amusement park(アミューズメントパーク)になります。

しかしここで注意したいのが、theme park の発音です。日本語ではテーマパークですが、英語で発音すると、「シームパーク」に近い発音になります。th の音を使うので、ハッキリとしたシではなく、舌を上下の歯で挟んだ状態から、「スィームパーク」と言うと発音できるのではないかと思います。

また、英語の theme park と amusement park にはハッキリとした違いがあるのです。

Theme には「主題・テーマ・題」などという意味があり、theme park はその名の通り、「何かをテーマにした遊園地」というニュアンスを持ちます。ディズニーランドやユニバーサルスタジオ、シーワールドなどがあげられます。

一方で、amusement には「娯楽・楽しみ」という意味があり、amusement park には、テーマに基づいていない、アトラクション盛りだくさんの娯楽の遊園地というニュアンスを持ちます。富士急ハイランドや城島高原パーク、よみうりランドなどがあげられます。

定番の乗り物の英語表現

満面の笑みでメリーゴーランドに乗っている女の子

アトラクションは日本語で、遊園地にある乗り物などを表し、英語でも同じ attraction という単語が使われます。

もともと attraction には「興味を惹きつける力」「魅力」というような意味があるので、乗り物の他にも、お化け屋敷や人がよく集まる有名な場所(タイムズスクエアやエッフェル塔など)なども、attraction と表現することができます。

そんな遊園地などにある attraction(乗り物)ですが、英語と日本語で違う単語が使われていることも多いので、ここでは、英語でそれぞれ私たちが知っている乗り物を何と表現しているのかを紹介したいと思います。

ジェットコースター

絶叫マシーンといえば、遊園地になくてはならないくらい大人気です。

もっともメジャーな絶叫マシーンはジェットコースターだと思いますが、実は英語ではジェットコースターとは言わないんです。

英語では、レールの上に車体があって、そのトラックの上を走っているものを roller coaster と表現します。ちなみに、トラックが上にあり、車体がぶら下がったような形のジェットコースターのことは inverted roller coaster と言うんですよ!

My sister went to get in line for the new roller coaster.
「私の妹は新しいジェットスターの列に並びに行った」
I prefer inverted roller coasters. I think they’re more thrilling than the regular ones.
「私はぶら下がったタイプのジェットコースターの方がいいかな。そっちの方が普通のと比べてスリル満点だと思うんだよね」

観覧車

観覧車は英語で Ferris wheel と表現します。Wheel には「車輪」という意味があり、大きな車輪である観覧車を見れば、納得のいく名前になります。

しかし「Ferris は一体どこから来ているのだろう?」と思う人も多いのではないでしょうか。

調べたところによると、Ferris というのは、観覧車を発明した George Washington Gale Ferris Jr. という人の名前の一部を取って付けられたそうです。

ちなみに、観覧車の1つ1つの車両は car、cabin、capsule、pod、gondola などと呼ばれます。

Please watch your step when you hop into the pod. 
「車両に乗る際は足元にご注意ください」
The view at the top of the Ferris wheel is out of this world. 
「観覧車の頂上から見える景色は素晴らしいです」

メリーゴーランド

メリーゴーランドは英語でもメリーゴーランドで、スペルを見ると merry-go-round になります。また、carousel とも呼ばれていて、コンベヤーで円を描いて回るような機械やシステムのことを指します。

Let’s get on the merry-go-round next! Do you wanna ride a horse or a carriage? 
「次はメリーゴーランドに乗ろう! 馬と馬車どっちに乗りたい?」
I always choose a white horse when I ride a carousel. 
「メリーゴーランドに乗るときはいつも白い馬を選びます」

お化け屋敷

お化け屋敷は英語で haunted house と言います。お化けは英語で ghost ですが、その単語が入っていませんね。

Haunted は英語で「取り憑かれた」や「幽霊のよく出る」という意味があるため、お化け屋敷は ghost house よりも haunted house という表現が使われます。

I’ve heard that this is the scariest haunted house in Japan. 
「これは日本一怖いお化け屋敷だって聞いたことがある」

急流滑り

ボートに乗って、水路を進むようなアトラクションのことを、英語で log flume (ride) と言います。

丸太でできている家のことをログハウスということもありますが、log には「丸太」という意味があります。Flume には「人工水路」や「用水路」などという意味があり、この丸太をボートに見立て水路を進んでいく様子から、log flume と呼ばれているのだと思います。

また、log flume の他にも water log ride と呼ぶ人もいるみたいです。

You don’t get very wet on this log flume ride.
「この急流滑りではそんなに濡れないよ」
Oh my god, we got soaked on that log flume. They lied to us. 
「うわーこの急流滑りでずぶ濡れになっちゃった。嘘つかれたね(濡れないって言ったのに)」

ウォータースライダー

ウォータースライダーは英語で waterslide と言います。通じるとは思いますが、スライダーではないので、注意しましょう。

I wanna (want to) go on the waterslide! 
「ウォータースライダー滑りたい!」
This is one of the longest waterslides in the world. 
「これは世界でもっとも長いウォータースライダーの1つです」

逆バンジー

逆バンジーは、ワンピースのウソップが使っているような、Y字型の棹をはじめとする枠構造にゴム紐が張ってあり、弾とゴム紐を一緒につまんで引っ張り手を離すことで、弾が飛んでいく仕組みの道具のことを指します。

日本の遊園地ではあまり見かけないかもしれませんが、この仕組みを利用した絶叫マシーンが海外には至るところにあります。

英語では reverse bungeecatapult bungee という名称が使われます。まさに自分自身が弾になったかのように、空に向かって勢いよく飛ばされるアトラクションです。

もっとも代表的なものが、オーストリアのFuntime社のSlingShot(スリングショット)。これにちなんで、乗り物自体を slingshot と呼ぶ人もいますよ。

Do you wanna try the slingshot next?
「次はスリングショットしてみたい?」
Don’t pass out on the reverse bungee!
「逆バンジーで気絶するなよ〜」

空中ブランコ

サーカスなどでよく目にする、ロープや金属で上から短い水平の撞木(バー)をブランコのようにぶらさげた装置のこと(空中ブランコ)のことを trapeze(トラピーズ)と言います。

特に空中を飛ぶ人とそれを受け止める人の2人で行うもので、何度見ても感動する2人1組の曲芸です。そしてこの空中ブランコのパフォーマンスをする人のことを trapeze artist と言います。

ちなみに、もう1つのアトラクションである空中ブランコ(空中でくるくる回るブランコ)は swing ridechair swing rideflying chair ride というふうに表現されます。この乗り物にも carousel(くるくる回る機械)が使われていますよね!

A long drum roll introduced the trapeze artists.
「長いドラムロールは空中ブランコ曲芸師を紹介しました」
You are not tall enough to get on the swing ride. 
「あなたは空中ブランコに乗るには身長が足りないわね」

ゴーカート

ゴーカートは、英語でも go-kart で、小さな車に乗って運転する乗り物です。運転免許証を持っていなくても小さな車を運転することができるので、子供たちには大人気です。

ちなみに、ゴーカートと似ている、車の周囲にゴムが付いていて他の車とぶつかり合う乗り物のことは bumper car(s) と言います。

Bump には「ぶつかる」や「衝突する」というような意味があるので、乗り物の特徴を英語でそのまま表現されています。

There is a minimum height requirement for all rides and go-karting experiences.
「全ての乗り物とゴーカート体験には最低限の身長が必要になります」
I got a headache from the bumper cars.
「バンパーカー乗ったら頭痛くなった」

遊園地で使える英語表現

嬉しそうに遊園地で遊ぶ2人の女性

ここでは、遊園地で使えそうな英文を場面別に紹介していきたいと思います。

入場時

Where is the entrance? 
「エントランスはどこですか?」
What time are you open?/What time is the opening time? 
「何時に開園しますか?」
Can I re-enter with this ticket (band)?
「このチケット(バンド)で再入場できますか?」
I have an annual pass. 
「私は年間パスを持っています」
I have a 1 day/multi-day ticket. 
「私は1日/複数日入場券を持っています」
I’ll have a ○○○ ticket, please. 
「〜チケットをください」
Can I have a multi-day pass? 
「マルチデイパスをいただけますか?」

園内

Can I have a map?
「地図をもらえますか?」
Where is ○○○?
「○○○はどこですか?」
Is there an age limit for this ride? 
「この乗り物に年齢制限はありますか?」
Is there a height limit for this ride?
「この乗り物に身長制限はありますか?」
Is there a weight limit for this ride? 
「この乗り物に体重制限はありますか?」
Are you in line? 
「列に並んでいますか?」
Go ahead/after you!
「お先にどうぞ」
How long is the wait for this ride?
「この乗り物の待ち時間はどれくらいですか?」
Are there lockers nearby? 
「近くにロッカーはありますか?」

キャラクターに会う際

Can I have your autograph, please? 
「サインをもらえますか?」
Can I hug you?/Can we hug?
「ハグしていいですか?」
Can we shake hands?
「握手してくれますか?」
Can I take a video/picture?
「ビデオ/写真を撮ってもいいですか?」
Can you pose like this?
「こんな感じでポーズしてくれますか?」

迷子になったとき

I got lost/I’m lost.
「道に迷いました」
I don’t know where I am.
「ここがどこだかわかりません(自分がどこにいるのかわかりません)」
I would like to know my current location.
「現在地を知りたいのですが」
I would like to know where I am on this map.
「この地図でどこにいるのかを知りたいのですが」

退場時

Where is the exit? 
「出口はどこですか?」
What time do you close?/What is the closing time? 
「何時に閉園しますか?」
Can I get a stamp on my hand for re-entry? 
「再入場用のスタンプを手に押してもらえますか?」

これらの英文は基本中の基本ですが、覚えていれば、海外での遊園地でも楽しめること間違いなしです!

まとめ

いかがだったでしょうか?

Theme park と amusement park にはそれぞれニュアンスに違いがあり、乗り物も、日本語と英語では名前が少し違うものが多かったのがわかりましたよね!

夏の遊園地は定番の娯楽です。この記事を通して、少しでも遊園地に関する英語の勉強ができたら幸いです。