日本式とは少し違う! 海外で名刺交換するときの注意点・自然な流れ・定番英語フレーズ総まとめ

名刺交換は、海外でのビジネスシーンでも欠かせません。

日本では名刺交換に際し非常に細やかなマナーがありますね。海外ではそういった厳密なマナーやルールはありませんが、それでも「避けたい行動」というのはあります。

しかも、日本のマナーからは思いもよらないようなところに注意が向けられるので、外国人とネットワーキングするなら是非知っておいた方が良いでしょう。

当記事では「海外で名刺交換するときの注意点と定番英語フレーズ」をご紹介します!
 

「名刺」は英語で?

「名刺」は英語で “business card” です。

“name card” とは呼ばないように注意です。状況的に名刺を指しているのが分かる場合は、単に “card” と言うだけでもOKです。

さて、日本の名刺交換マナーでは「名刺は人格そのものとして扱うように」と習った人も多いのではないでしょうか。そしてそれを表現するための事細かなルール・作法は、日本の社会人の常識となっています。

海外でも名刺交換のエチケットは言われますが、角が折れたりしていない綺麗な名刺を渡すこと、出来れば名刺入れを使うこと、本人の前で名刺にメモ書きするのは良くないといった、日本で考えると「常識レベル」ばかりです。

なので、その辺りの心配は無用なのですが、逆に日本の常識に従って行うと失敗してしまうこともあります。

では、それはどのような事柄でしょうか。
 

名刺交換は自然な流れで

まずは挨拶+握手

海外では、出会ってすぐの名刺交換は「売り込み熱心」のように見られてしまい、良い印象を与えません。

まずは必ず挨拶+握手です。

名刺交換は一番最後になることもありますし、交換が必要な流れにならなければ行われないこともあります。
 

スモールトークを交わす

そして、挨拶の後は互いを知るための質問+返答などの “small talk(ちょっとした会話)” を交わします。

 

自然に名刺交換の流れに

このような会話を交わしながら、自然に名刺交換の流れに持っていくようにするというのが日本式との大きな違いです。

 

名刺を渡すときのフレーズ

自分の名刺を渡すときは、このように言って渡しましょう。

先に相手の名刺をいただいた後に自分のを渡す場合は、次のような言い方もできます。

“I'm sorry. I just run out of my cards(すみません。ちょうど名刺を切らしておりまして)” や “I just gave out my last card(最後の一枚をちょうど渡してしまったところです)” などといったことは極力避けたいですね。
 

受け渡しに使う手

日本式マナーに慣れていると実にショッキングなことですが、海外での名刺交換では片手での受け渡しや、ぶっきらぼうな名刺の扱いをする人は珍しくありません。

渡すときの名刺の向きにも無頓着です。最初は驚きですが、そういうものだと受け入れるしかありません。

しかし、私たちが気に留めておきたいのは受け渡しに使う「手」です。

海外では、名刺の受け渡しに左手を使うことは意識して避けることをおすすめします。

左手を「不浄」と考え、左手でのモノの受け渡し、握手などは大変な失礼に当たる文化を持つ国は少なくないからです。
 

受け取ったら一言コメント!

もう一つ覚えておきたい日本のマナーとの相違点があります。

海外での名刺交換エチケットでは、受け取った名刺はその場でザっと目を通し、書いてある内容などについて何か一言コメントすることが推奨されている点です。

読みにくい名前や社名の発音を訊ねて確認する機会にもなりますね。何らかのコメントをすることで相手への関心を示すのが「マナー」と考えられているのです。

例えば、会社のことや事業内容のこと、あるいは名刺のデザインについてだって構いません。

こういったコメントを挟むことで会話を広げる糸口にもなる上、相手の記憶に印象が残りやすくなるといったメリットもありますよ!
 

名刺交換の締めくくりフレーズ

やりとりの流れに合わせ、次のようなフレーズで今後のチャンスにつなげましょう。

 

まとめ

名刺交換がビジネスに必須なのは日本も海外も同じですが、記事でご紹介してきた通り、その考え方や取扱い作法には大きな違いがあります。

海外では名刺交換という「形式」より、会話や仕草から伝わる相手の「人柄」に重きが置かれるということです。国によっても違いがあるものの、一般に日本でのビジネスに比べ「より人間味のある関係」が求められます。

ということで、海外で上手にネットワークを築くには、名刺交換マナーより名刺交換時の会話力を磨くのが得策ですよ!