「just」を正しく使えている? just の意味と用法まとめ

「ジャストだね」や「ジャストサイズ」、「ジャストフィット」など、日常のなかでもよく耳にする just という単語。

日本語と一緒に使う場合のざっくりとした意味は「ちょうど」になりますが、果たして普段何気なく使っているその「ジャスト」は正しい意味で使われているのでしょうか?

今回は just の意味を踏まえた上で、英語での正しい用法をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。
 

just の意味はなに?

just の意味はなに?
まずは just の意味と例文をそれぞれ見てみましょう!
 

ぴったり

These jeans fit me just right. 

「このジーンズは私にぴったり合う」

Just in time.  

「時間ぴったり

 

〜だけ、〜しかない

It's just the two of us.  

「私たちたった2人だけ

There were just two chairs. 

「椅子は2つしかなかったよ

 

ただの〜

It's just a plastic bag. 

ただのビニール袋です」

 

ちょうど〜したばかり、たった今〜したところ

I just had dinner. 

ちょうど夕飯を食べたばかりです」

I have just talked to her.

たった今彼女とお話をしたところです」

 

とにかく〜、いいから〜、ただ〜して

Just do the right thing.

とにかく正しいことをしてください」

Just stay here. 

いいからここにいて」

I just want you to sing 'Dynamite.'

ただ『ダイナマイト』を歌ってほしいだけです」

 

信じられないことが起こったとき(今〜したよね?)

Did he just look at me?

「彼、私を見たよね?」

Did he just fall off his chair?

「彼、椅子から落ちたよね?」

Did I just win the lottery? 

「私、宝くじ当たったよね?」

 
 

英語圏では通じない? 気をつけるべき和製英語と化した just

英語圏では通じない? 気をつけるべき和製英語と化した just

冒頭でもいくつか挙げましたが、日本でも just はよく使われますよね。

「ジャストフィット」や「〜時/〜分ジャスト」、「ジャストだね」など、日常生活に馴染んでいる just ですが、普段日本語で使っているまま英語にしてしまうと、意図と異なる捉え方をされてしまうことがあります

ここでは、どの使い方が英語圏で通じないのか見てみましょう。
 

「ジャストフィット/ジャストサイズ」

洋服や靴などを買うときによく耳にする「ジャストフィット」や「ジャストサイズ」ですが、これをそのまま英語で使うと通じないことがあります。

ではどのように「サイズがぴったり」と言えばよいのでしょうか?

使えるパターンは3つあります。
 

perfect fit

just という単語は出てきませんが、一般的に「ぴったり合うね」と言う場合はこの表現がよく使われます。

perfect = 完璧、fit = 合うという意味になるので、直訳すると「完璧に合う」のようなニュアンスです。

例文を見てみるとわかりますが、perfect fit は大体文章の最後に置かれます。

This shirt is a perfect fit.

「このシャツはぴったり合うわ」

 

fit + 人 + perfectly

1つ目の perfect fit と同じ意味を持つのですが、この場合は特定の人物を指して「合うね」と伝えたい場合に使う表現方法です。

では、どのように使われるのか見てみましょう。

This shirt fits me perfectly.

「このシャツは私にぴったりだわ」

この文章の場合 this shirt が主語になっているため、fit の後ろには s がつきます。
 

just right for + 人

最後に紹介するのは上記2つの言い換え版で、just も使う表現方法です。

この right は「右」という意味を持つ right と同じ単語ですが、今回の場合は「ふさわしい」という意味で使われています。

This shirt is just right for me.

「このシャツは私に合うわ」

和訳するときは「ふさわしい」より「合う」にするとより自然な表現になりますよ。
 

「〜時/〜分ジャスト」

「ちょうど〇〇時」と言いたいときによく耳にする「〇〇時(分)ジャスト」。実はこれも和製英語で、英会話のときには通じない表現です。

ここでは英語で「時間ぴったり」を表現する方法3パターンをご紹介します。
 

at exactly + 時間

1つ目は exactly という単語を使った表現方法です。exactly は「ぴったり」という意味を持つので、覚えやすい表現方法かと思います。

Call me at exactly 10 o'clock.

「10時ぴったりに私に電話してください」

ちなみに exactly は「まさに」という意味もあり、「その通り!」と言いたいときに使えます。
 

at + 時間 + sharp

2つ目のパターンは sharp を使った表現方法です。「鋭い」や「尖った」といったトゲトゲしいイメージの意味を持つ sharp ですが、時間と一緒に使うと「きっちり」という意味になります。

Call me at 10 o'clock sharp.

「10時ぴったりに私に電話してください」

「きっちり〇〇時に電話して」と訳すと少し不自然なので、「〇〇時ぴったりに」と訳すといいでしょう。
 

at precisely + 時間

最後に少し難しい単語 precisely を使った表現方法です。この単語自体「ちょうど・きっちり・きっかり」という意味になります。

Call me at precisely 10 o'clock.

「10時きっかりに私に電話してください」

 

just を使ったフレーズ

これまで説明してきた just の正しい使い方、NGな用法などをひとつずつ学んでいくことも大切ですが、それだとキリがないというのが正直なところ。

それなら、まずはよく使われるフレーズをおさえて、実践を通して応用力を身につけていきましょう

just を用いたフレーズは数え切れないほどあります。ここではそのなかから、頻出フレーズを例文と一緒にご紹介します。

  • just + 動詞 とにかく〜して
  • Just eat.

    「とにかく食べて」

  • have + just + 動詞の過去形 〜したところ
  • I have just cleaned my room.

    「部屋を掃除したところです」

  • just + 動詞ing 〜しているだけ
  • I'm just looking.

    「ただ見ているだけです」

  • just + 名詞 ただの〜
  • We are just friends.

    「私たちはただの友達です」

  • just now たった今
  • I had a phone call from your mom just now.

    「たった今あなたのお母さんからお電話がありました」

  • just then ちょうどそのとき
  • I was about to take a bite of my pizza, but just then my brother spilled milk on it.

    「ピザを食べようとしたそのとき、弟がその上(この場合ピザのことを指している)に牛乳をこぼしました」

  • just as/just when 〜と同様に、〜と同時に
  • Just as I closed my eyes to sleep, the phone rang.

    「目を閉じて寝ようとしたのと同時に電話が鳴りました」

  • just about ①ほぼ、ほとんど、大体、おおむね ②〜しそうだ
  • ①It is just about an hour from here.

    「ここから大体1時間です」

    ②I was just about to fall asleep.

    「今寝そうだった」

  • just around the corner すぐ
  • The new semester is just around the corner.

    「もうすぐ新学期ですね」

  • just do it とにかくやれ
  • Just do it before Mr. Smith sees you, Michael!

    「マイケル、スミス先生に見つかる前にとにかくやりな!」

    ※do の部分には動詞が入ります。
  • just a moment ちょっと待って
  • Just a moment, please.

    「少々お待ちください」

    この文章の場合、 wait をもう少し丁寧に表現したものです。
  • just like ~ 〜のようだ(〜と同じだ)
  • My friend can play the drums just like Yoshiki.

    「私の友達はヨシキさんのようにドラムができる」

  • just the same〜 まったく同じ〜
  • It looks just the same as it did yesterday.

    「昨日見たときと全く同じだよ」

  • just enough + 名詞 ちょうど〜がある
  • There is just enough food for four people.

    「ちょうど4人分の食べ物があるよ」

  • just in time ちょうど間に合った、時間ぴったり
  • You're just in time!

    「ちょうど間に合ったね!」

  • just so ①まったくそう、そのとおり ②きちんとした、整理された
  • ①If you do it just so, you can dance like BTS.

    「まったく同じようにやれば、BTSのように踊れるよ」

    ②Do your work just so.

    「仕事をきちんとやってください」

  • just + 形容詞 ただ〜だ
  • She is just beautiful.

    「彼女は、ただただ綺麗だ」

  • 主語 + just + 動詞 (ただ)〜したいです
  • I just want to sing!

    「ただ歌いたいだけなの!」

    I just called to say I love you.

    「ただ愛していると伝えたくて電話した」

    ※これはスティーヴィー・ワンダーの曲のタイトルで、邦題は「心の愛」です。
  • just imagine 想像してみて
  • Just imagine being told that you're short. Wouldn't that be sad?

    「あなたすごく小さいね、と言われるのを想像してみて。悲しくない?」

  • Let me just say that~ 〜とだけ言わせて
  • Let me just say that I'm really excited now. 

    「今すごくワクワクしているとだけ言わせて」

  • just as well ちょうどいい、ラッキーなことに、助かった
  • It was just as well that Mr. and Mrs. Borge came late since we weren't finished preparing for their wedding party.

    「結婚パーティーの準備がまだ終わっていなかったので、ボージご夫妻が遅れてやってきて助かった」

  • just in case 念のために
  • I brought two shirts just in case I get wet.

    「(念のために)濡れたときのためにシャツを2枚持ってきました」

  • just want to + 動詞 〜したいだけ
  • Girls just wanna have fun.

    「女の子はみんなただ楽しみたいだけ」

    ※シンディ・ローパーの曲の題名です。wanna = want toの略で、口語でよく使われます。
  • just got married 新婚
  • They just got married.

    「彼らは新婚さんです」

    just married だけのフレーズはよく見かけますが、文章の中に入れずに使われることが多いです。

  

just を正しく使おう

いかがでしたか?

日常生活で何気なく使っている「ジャスト」が、場合によっては違う表現になることをこれでおわかりいただけたかと思います。

せっかく「ジャスト」という英単語を覚えたのに、使い方が間違っているともったいないので、ぜひこの記事で紹介した使い方を参考にしてみてくださいね!