「stand out」の意味と使い方|イラストで学ぶネイティブ英語

海外ドラマや洋画を見ていて「知っている簡単な単語しか出てこないのに、言っている意味がわからない…」なんて経験ないですか?

その原因、もしかすると「句動詞(Phrasal Verb)」にあるかもしれません。

句動詞(Phrasal Verb)とは
「基本動詞」に「前置詞」もしくは「副詞」、またはその両方が組み合わさって、新たな意味を成す英語表現のこと。ネイティブスピーカーは日常会話の中で好んで使う。

この句動詞を自由自在に使いこなせるようになると、英語力が一気に飛躍します!

しかし、日本人英語学習者にとって句動詞は少し厄介物で、数が膨大な上にそれぞれの区別がつきにくく、なかなか覚えられません…

そこで本記事では、ネイティブが頻繁に使用する句動詞の意味と使い方を、コアイメージを表したイラストとともにご紹介。

イメージの力を借りて、ネイティブ英語をマスターしましょう!

今回は、「stand out」についてです。
 

「stand out」のコアイメージ

「stand out」のコアイメージ

stand は「立つ」、out は「外に」という意味を持つ英単語です。

これらを組み合わせた句動詞 stand out は直訳すると「外に立つ」ですが、基本的な意味は「目立つ」

たとえば「派手で目立つ」「変わり者で目立つ」などのように使うことができます。

また、英語ネイティブは stand out を「優れている」「際立つ」のようなニュアンスでもよく使います。

すべての意味に共通するコアイメージは「周り・ほかとは違う状態(外)にいる」と考えると良いでしょう。
 

例文で学ぶ「stand out」の意味と使い方

それでは、例文とともに stand out の実践的な使い方を見ていきましょう。
 

目立つ

His hair makes him stand out even in a crowd.

「彼のヘアスタイルは大勢の中にいても目立ちます」

→周りとは違う髪型なので目立つ
 

Your yellow jacket really makes you stand out.

「君はその黄色いジャケットのおかげでかなり目立っているね」

→周りとは違う服の色なので目立つ
 

優れている

This product stands out compared to the competition.

「競合のものに比べて、この製品は突出して優れていますね」

→周りと比べて(周りと違って)品質が良い

He really stands out when it comes to playing the piano.

「ピアノの演奏では、彼は群を抜いて優れています」

→周りと比べて(周りと違って)ピアノ演奏が上手い
 

際立つ

The white building stands out against the blue sky.

「青空をバックに、白いビルが際立ちます」

→ビルの色(白)は周りの青空と違うので際立つ

Black paint stands out on a white canvas.

「白いキャンバスには黒色のペンキが際立ちます」

→黒色のペンキは周りの白色と違うので際立つ
 

「stand out」を使いこなそう

stand outp は、「周り・ほかとは違う状態(外)にいる」イメージを持つ英語表現だとお伝えしました。

本記事で解説した stand out 以外の使い方に出くわすこともあるかもしれません。

そんなときは、イラストで紹介したコアイメージに当てはめて考えてみると、どのような意味なのかが見えてくるはずですよ!