「いつも」を表す英語表現まとめ|always と usually の違いとは?

みなさんは、英語で「いつも」という表現をいくつご存知ですか?
always、all the time、usually などが思い浮かんだかと思いますが、「いつも」という意味の英語表現はこの3つ以外にもいくつかあります。
今日は、「いつも」を表す英語表現だけでなく、always と usually の違いや、その他の頻度を表す英語表現も紹介したいと思います。
「いつも」は always しか知らなかったという方から、always と usually の詳しい違いを知りたい方まで、この記事を読んで「いつも」の英語表現をマスターしちゃいましょう!
 

「いつも」を表す英語表現

「いつも」を表す英語表現
英語の「いつも」には always、usually、all the time があると前述しましたが、他にはどのような英語表現があるか、実際に例文を交えて見ていきましょう。
 

always

always は「いつも」「常に」「始終」という意味の英語表現です。

My wife is always careful with her money.

「妻はいつもお金の使い方に慎重です」

Jane is always the last one to come to class.

「ジェーンはいつも授業に来るのが最後です」

 

usually

usually は「通常」「普通は」「普段は」という意味の英語表現です。

I’m usually at home on Sundays.

「私は日曜はいつも家にいる」

She usually wears black.

「彼女はいつも黒い服を着ている」

 

all the time

all the time は「ずっと」「ひっきりなしに」「四六時中」という意味の英語表現です。

He is broke all the time.

「彼はいつも金欠だ」

My parents argue all the time.

「うちの両親はいつも言い争ってばかりだ」

 

every time

every time は「毎回」「〜するたびに」「常に」という意味の英語表現です。

I get dizzy every time I get out of my bed in the morning.

「いつも朝ベッドから起き上がると、めまいがする」

Every time I watch this movie, I cry.

「この映画を見るといつも泣く」

 

24/7

24/7 は twenty-four hours a day/seven days a week を短くしたもので「トゥェンティーフォーセブン」と読みます。
直訳すると「1日24時間」「週7日」となり「いつも」「しょっちゅう」という意味の英語表現です。

Ever since they started dating, they are together 24/7.

「彼らは付き合い始めて以来、いつも一緒にいる」

My ears are ringing 24/7.

「いつも耳鳴りがしている」

 

around the clock

around the clock は直訳すると「時計の周りをぐるりと回って」となり「24時間ぶっ通しの」「休みなく」「いつも」「常に」などの意味があります。
例えば、around the clock care で「24時間看護」のように使われたりします。

My mother works around the clock.

「母はいつも働いている」

There’s a restaurant near my house and it’s open around the clock.

「家の近くのレストランはいつも開いている(24時間営業である)」

 

always と usually の違い|頻度を表す英語表現

always と usually の違い|頻度を表す英語表現
上記で「いつも」の英語表現を紹介しましたが、やはり一番よく使われるのは always と usually です。
ここでよく質問されるのが、always と usually の違いです。両方とも「いつも」と訳せますが、意味に違いがあります。
この2つの違いは頻度の違いで、always と usually 以外にもいろいろ頻度を表す英語表現がありますので、一緒に紹介したいと思います。
 

always と usually の違い

always は「いつも」の中でも一番頻度が高い場合に使われ、その頻度は約100%と言ってもいいでしょう。

He always drinks coke when he goes to McDonald’s.

「彼はマックに行くといつもコーラを飲む」

彼はマックに行くとほぼ確実に(約100%)コーラを飲むという意味になります。
My little sister always eats a piece of toast for breakfast.

「妹はいつも朝食にトーストを1枚食べる」

妹は毎朝必ず(約100%の頻度で)トーストを1枚食べるという意味です。
上の2つの例文を、usually に置き換えて見てみましょう。usually は always ほど頻度は高くなく、約80%といったところです。
He usually drinks coke when he goes to McDonald’s.

「彼はマックに行くといつもコーラを飲む」

usually を使うと、通常は(80%の頻度)コーラを飲むが、たまに別の飲み物を飲むときもあるという意味です。
My little sister usually eats a piece of toast for breakfast.

「妹はいつも朝食にトーストを1枚食べる」

こちらも usually を使うと、妹は普通(80%の頻度)朝食にトーストを1枚食べるが、何か別のものを食べる日もたまにあることを意味します。
このように always と usually の違いは頻度の違いで、always は usually よりも頻度が高いことがわかりましたね。
 

頻度を表す英語表現

先の項で always と usually の違いは、頻度の違いだと説明しましたが、この2つ以外にも頻度を表す英語表現があるので、いくつか紹介したいと思います。
もし always がほぼ100%で、usually が80%なら、60%を表したい場合、どのような英語表現を使ったら良いでしょうか? 50%(半々くらい)やそれ以下の場合はどうでしょう?
often「しばしば・度々」frequently「頻繁に」、どちらの方が頻度が高いと思いますか? frequently の方が頻度が高そうに聞こえますが、実はどちらも頻度は同じくらいです。
この2つは、だいたい60%くらいの頻度だと言われています。

I often go out for dinner with my friends.

「友達とよく夕飯を食べに行く」

例文は「いつも」ではないけど、「わりとよく」食べに行くという意味です。
I visit my parents frequently.

「私は両親を頻繁に訪れる」

同じく「いつも」ではないけど、「結構よく」訪れるという意味です。
では、sometimes「ときどき」occasionally「ときおり」だとどちらの方が頻度が高いと思いますか?
この2つには頻度の違いがあり、sometimes は50%、occasionally は30%くらいと言われています。
My husband sometimes cooks dinner for me.

「夫はときどき夕飯を作ってくれる」

例文の旦那さんは約50%の頻度で夕飯を作ってくれると言っています。
I occasionally drink Sake, but I usually drink beer when I go out for drinks.

「たまに日本酒を飲みますが、飲みに行くときは大抵ビールを飲みます」

こちらの人は飲みに行くと、80%くらいの頻度でビールを飲み、30%くらいの頻度で日本酒を飲むようです。
英語表現和訳頻度(%)
alwaysいつもほぼ100%
usually普段は80%
oftenしばしば・度々60%
frequently頻繁に60%
sometimesときどき50%
occasionalyときおり30%

「いつも」を表す英語表現を使いこなそう

「いつも」を表す英語表現まとめ、いかがでしたか?
「いつも」はついつい always や usually の同じ英語表現を使いがち、という方も多いと思いますが、24/7 や around the clock のような英語表現をネイティブのようにさらっと使えるようになったらカッコイイですよね。
always と usually の違いは100%なのか80%なのかという頻度の違いでしたが、その他の頻度を表す英語表現に関しても、パーセンテージで捉えると覚えやすいかもしれません。
実際に頻度を表す英語表現を使って文章を作ったり、会話でどんどん使ってみたりして、しっかり使い分けられるようになりましょう!