ASAPで使いこなしたい英語短縮表現をhunに教えます!Cuz,ILUSM!

英語短縮表現の謎に迫る

SNSやYouTubeのコメント欄等でlol等の表現を、
海外の方が使っているのを見かけた事はありませんか?

実はこれらの表現は、英単語を短縮して表現したものです。
本記事では、このような英語の短縮表現を一挙に公開し、その構成と意味を解説致します。

あなたもこの記事を読み終わったころには、
英語の短縮表現を使いこなせるようになっているかも知れません。

例えば以下の表現は、ちゃんと英語で意味を持っていて、愛を伝えています。

Tbh, ILUSM hun. Pls, hmu asap. Ttys. Xoxo.

※上記の文章の和訳は記事内で公開しております!

英語の短縮表現を使いこなしてコミュニケーション出来たら、
ちょっと楽しくなりそうじゃないですか?

というわけで早速ですが、英語の短縮表現を一挙に大公開しちゃいます!

これであなたもネイティブ気分に!!使うだけで楽しくなる、英語短縮表現

 

OK→Kや、And→n等は、かなり驚きですね。
もう、Kに関しては、OKって書いちゃえばいいのに。っていうレベルです。

しかし、急いでいる時は、短縮表現がすごく便利です。
とくに「もう行かなきゃ!」という時の
「got to go」が「gtg」で済んじゃうっていうのは、中々便利。
席を外す場合は「AFK」で「Away From Keyboard」これも便利ですね。

恋愛英語マスターへ!hunとILUSMを駆使して甘いセリフを

hunで親しみを込める?

下記は、人を表す表現です。
この中でも特に注目なのが「hun」という表記。実はこれ「ハニー」を意味します。

これを覚えておくと、あなたも恋愛英語マスターになれるかも?

ILUSMで愛の告白?

ILUSMは、I Love You So Muchの略で、
「あなたの事が大好きです」という意味になります。

というわけで、冒頭のTbh, ILUSM hun. Pls, hmu asap. Ttys! Xoxo.ですが、
「To be honest, I Love yoU so Much honey. Please, hit me up
as soon as possible. Talk to you soon! Xoxo」となります。

私流に翻訳すると、
「ぶっちゃけ、マジで愛してるぜハニー。お願いだから、出来るだけ早く連絡くれよな。それじゃあ、またな!(キスハグ)」

三流映画風になってしまいましたが、実際には、もっとイケてる印象を与えるはずです。
これらを使いこなして、英語を自分のものにしていきましょう!

日本のネットスラングと比較してみた

wwwって英語の短縮表現で存在するの?

冒頭でも出ましたが、lolは、Laughing Out Loudということで、
「大笑いしている」ということを表しています。
日本のネットスラングで言うとwwwといったニュアンスでしょうか。
ということで並べて比較してみましょう。

『www』 vs 『 lol 』

どうしてもwwwよりlolの方がイケてる様に見えてしまいますよね。
もう草を生やすのはやめましょう。

あまり、見慣れない表現かと思いますが、roflというものもあります。
これの意味するものは、Rolling On the Floor Laughingということで、
「床を転げまわって笑う」ぐらいのニュアンスになります。

lolよりも、もっと強く感情を表現したいときには、こちらの表現がいいかもしれません。
日本語で言うと「電車でふいたw」とか「テラワロスw」「バロスw」ぐらいのニュアンスでしょうか。
ということでこちらも比較してみましょう。

『電車でふいたw』 vs 『 rofl 』

こちらも日本語にするとイケてないですね。roflでネイティブ気分を味わいましょう。

ネイティブも使う「jk」の意味って?

もはや、ネットの世界のみならず、jkというのは、女子高生を表す言葉として、
広く普及しています。※「常識的に考えて」を表す言葉としても使われています。

このjkですが、なんとネイティブも使いこなします。
しかしその意味は、女子高生ではなく、Just Kidding(冗談だよ)なんです。

これも意外な結果ですね。使いどころも多そうです。
早速先ほどの表現も合わせた文章で比較してみましょう。

『 jk!www(女子高生だ!うひひww)』 VS 『 jk!lol(冗談だよ!ハハッ)』

なるほど、ネイティブのjkが持つ意味はかなり変わってきますね。

結論

というわけで、今回はネイティブな英語短縮表現をまとめてご紹介させていただきました。
短縮表現を使いこなし、スマートにサクッとコミュニケーションを図ることができれば、
より英語を楽しむことができますね。

ASAPでマスターして、lolなことをlmkしてください。
それではまた、BI!