「ask for」の意味と使い方|イラストで学ぶネイティブ英語

「ask for」の意味と使い方|イラストで学ぶネイティブ英語

海外ドラマや洋画を見ていて「知っている簡単な単語しか出てこないのに、言っている意味がわからない…」なんて経験ないですか?

その原因、もしかすると「句動詞(Phrasal Verb)」にあるかもしれません。

句動詞(Phrasal Verb)とは
「基本動詞」に「前置詞」もしくは「副詞」、またはその両方が組み合わさって、新たな意味を成す英語表現のこと。ネイティブスピーカーは日常会話の中で好んで使う。

この句動詞を自由自在に使いこなせるようになると、英語力が一気に飛躍します!

しかし、日本人英語学習者にとって句動詞は少し厄介物で、数が膨大な上にそれぞれの区別がつきにくく、なかなか覚えられません…

そこで本記事では、ネイティブが頻繁に使用する句動詞の意味と使い方を、コアイメージを表したイラストとともにご紹介。

イメージの力を借りて、ネイティブ英語をマスターしましょう!

今回は、「ask for」についてです。
 

「ask for」のコアイメージ

「ask for」のコアイメージ

ask は「質問する」「依頼する」、for は「〜に向かって」「〜のために」が一般的な意味ですね。

これらを組み合わせた句動詞「ask for」の主な意味は「〜を要求する」です。

「ask for」のコアイメージ

ask で要求を言葉にし、for がその対象(欲しいもの)を指定している、と考えると良いでしょう。

なお、ask for は和訳すると「依頼する」「誰かと話をしたいと伝える」「(悪いことが起こる)可能性を増やす」など、さまざまなニュアンスに変化します。

多いと思うかもしれませんが、「(言葉で)何かを求めている」というコアイメージさえ覚えておけば大丈夫です。
 

例文で学ぶ「ask for」の意味と使い方

それでは、例文とともに ask for の実践的な使い方を見ていきましょう。

要求する、依頼する

I decided to ask my boss for a raise.

「私は上司に昇給をお願いすることを決意しました」

→昇給を求めている
 

注文する、頼む

I asked for a pizza, not a burger.

「私はバーガーではなく、ピザを注文したのですが」

→ピザを求めている
 

情報をたずねる

She asked for my name, but I didn't tell her.

「彼女は私の名前を聞いてきましたが、教えませんでした」

→名前という情報を求めている
 

面会を求める

Ask for Mr. Smith when you get to the reception.

「受付に到着しましたら、スミスさんと話がしたいと伝えてください」

→スミスさん(と話をすること)を求めている
 

(悪いことが起こる)可能性を増やす

You know, you were asking for it.

「自業自得ですよ」

→悪いことが起こることを求めているようなもの、という比喩表現
 

【反語】文句のつけようがない

I couldn't ask for a better roommate.

「あなたほど最高なルームメイトはいませんよ」

→より良いルームメイトを求めることはできない、という反語表現
 

「ask for」を使いこなそう

ask for は 「(言葉で)何かを求めている」イメージだとお伝えしました。

今回の ask for は2単語が組み合わさって1つの「句動詞(Phrasal Verb)」であるということに注意しましょう。

何かを求めている場面で ask とだけ言うと、文字通り「質問する」となってしまうことが多いです。

○ Please ask for Mr. Smith.
× Please ask Mr. Smith.

○「スミスさんに話があると伝えてください」
×「スミスさんに聞いてください」

○ I asked for a hamburger.
× I asked a hamburger.

○「私はハンバーガーを注文したのですが」
×「私はハンバーガーに質問しました」

さて、今回ご紹介できなかった ask for のそのほかの使い方に遭遇することがあるかもしれません。

そんなときはコアイメージに当てはめて英語表現の本質を考えてみると、より理解が深まると思いますよ!