【ビジネス英語】交渉するときに必ず使うフレーズまとめ

ビジネスで交渉ごとは付きもの。ビジネスパーソンにとって交渉スキルは欠かせない資質です。

交渉には、ただでさえ手腕が求められるなか、それを英語で行うとなったら不安を感じるかもしれません。しかし、交渉を進めるフレーズ自体は案外決まりきっているものです。

当記事では、交渉をスムーズに進行させるための英語フレーズをご紹介していきます。これらの「型」をベースに、交渉の流れを確立させていきましょう。

英語での交渉時に知っておきたい、ちょっとしたコツもご紹介していますので順にご覧ください!
 

世間話でムードを和らげよう

握手をする男性2人

交渉目的のミーティングだからといって、会っていきなり本題に入るわけではありません。

最初は、small talk(世間話)から始めるのが「マナー」です。

当たり障りのない話題でいいので、挨拶に続けてちょっとしたことを話してみましょう。場のムードを和らげる効果があります。

How was your trip?

「ここまでの移動はどうでしたか?」

Would you like anything to drink?

「何かお飲みになりますか?」

最近のミーティングは、オンラインで済ませることも多いですね。

What time is it there?

「そちらは何時ですか?」

Thank you for meeting with me today despite the time difference.

「本日は時差がある中、お会いいただきありがとうございます」

現地での出来事が耳に入っているなら、それを話題にするのもよいでしょう。

I heard that it’s starting to get really hot over there. How are you holding up?

「そちらでは本格的に暑くなってきたと聞いています。調子はどうですか?」

いずれキリのいいところで自然と会話が本題に流れて行くはずです。

So, shall we get started?

「では、始めましょうか?」

 

交渉時に知っておきたい英語フレーズ

交渉

ところで、英語では毎回主語を明確にしなければなりません。

自分ごとについて交渉する場合の主語はもちろん I(私は)、my(私の)ですが、会社やチームを代表して交渉するときは、たとえ一人で臨む場合でも we(私たちは)や our(私たちの)を使うのがポイントです。

では、本題に入りましょう。
 

提案するフレーズ

資料などを提示して要望や提案を伝えるときは、次のようなフレーズを添えます。

We’d like to propose that…

「私たちが提案したいのは...」

These are the main areas that we would like to discuss (with you) today.

「本日はこのあたりを議論していきたいと思います」

提案したい事柄は、次のようなフレーズから始めるだけで言いたいニュアンスが伝わります。

Would you be willing to…?

「...をしていただけないでしょうか?」

What are your views on…?

「...について、どのようにお考えですか?」

Would your team consider…?

「あなたのチームでは...を検討していただけますか?」

 

主張を補足するフレーズ

以下のようなフレーズに続けて自分たちの状況や主張の理由を説明し、相手の理解を促します。

Our intention is…

「私たちの意図は...」

One of the key reasons for our proposal is…

「提案の大きな理由のひとつが...」

Our main concern is…

「私たちがもっとも重視するのは...」

 

打診するフレーズ

こちらの要望をどこまで通せるか、可能性を打診する表現例です。

Could we expect…?

「...を期待することはできますか?」

How much are you willing to pay?

「どのくらいなら支払可能ですか?」

What is your offer?

「そちらの提案は何ですか?」

 

疑問や意向を確認するフレーズ

疑問があったら、きちんと説明を求めましょう。

Could you be more specific about that?

「具体的に説明していただけますか?」

What do you mean by that?

「それはどういう意味でしょうか?」

相手の言い分を正しく理解できているか不安なときは、逆質問で確認しましょう。違っているところがあれば指摘してくれるはずです。

So, if I’m understanding you correctly, you mean that…, is that right?

「つまり、私の理解が正しければ...ということで間違いないでしょうか?」

You’re saying that you would be able to…?

「...ができるということでしょうか?」

In other words, you’re saying that…?

「言い換えると、...ということでしょうか?」

相手の意向を確認するには、次のようなフレーズを使います。

How does that sound to you?

「いかがでしょうか?」

Is this acceptable to you?

「ご納得いただけそうですか?」

Would your team be able to accept that?

「それを受け入れていただけますか?」

 

交渉するフレーズ

交渉をする男性と女性

同意する前に、もう一度交渉してみるのもよくあるステップです。

Could you meet us halfway?

「少し妥協していただけませんか?」

Would you be willing to make a compromise?

「妥協していただけますか?」

We would like to accept your offer on the condition that…

「あなたの提案を受け入れたいのですが、その条件として...」

 

同意するフレーズ

交渉時のイエス・ノーは確実に伝える必要があります。ストレートな表現で明快に伝えましょう。

Yes, I agree with you on that.

「はい、それについては同意します」

That sounds great.

「それはいいですね、バッチリです」

Yes, that sounds reasonable.

「妥当ですね」

That’s fair. We appreciate that.

「公平ですね。ありがたいです」

I think we have a deal.

「合意に至ったようですね」

 

合意できないときのフレーズ

相手の要求を受け入れられないなら、それも明白に伝えなければなりません。

そうとは言っても、いきなり「できません」と断るのではなく、英語で「恐れ入りますが、すみませんが、あいにくですが」にあたる I'm afraid、Sorry、Unfortunately などを添えるのがスマートです。

I'm afraid we cannot accept that.

「恐れ入りますが、了承しかねます」

I’m afraid we had something else in mind.

「私たちは別のことを考えていたようです」

Sorry, but this is the best we can do.

「当方ではこれが精一杯です」

I'm sorry, but I must kindly decline your offer.

「すみませんが、お断りさせていただきます」

Unfortunately, we can't quite agree with you on that.

「あいにくですが、承知しかねます」

Unfortunately, that is not a practical option for us.

「残念ながら、それは私たちにとって現実的な選択肢ではありません」

意見が合わないことが明らかになった状況をまとめるには、「同意に至らないということで認識が一致する」という意味の英語の決まり文句が使えます。

I guess we’ll just have to agree to disagree.

「意見が一致しないということが明白になりましたね」

 

持ち帰って検討するフレーズ

その場では回答せず、一旦持ち帰るケースもあります。「社内、関係部署」などを表すには team(チーム)という英語が万能に使えて便利ですよ。

I’ll have to discuss this matter with my team first.

「まず社内で検討する必要がありそうです」

Let me talk it out with my team, and then I will get back to you again later.

「チームと話し合って、後日改めてご連絡させてください」

Please allow me to take this back to the office.

「オフィスに持ち帰らせてください」

I need to consult with my boss before making a final decision.

「最終判断をする前に、上司と相談しなければなりません」

 

終わりのフレーズ

最後に、交渉の終わりで使う英語フレーズを見てみましょう。

Let’s confirm the details again, just to make sure.

「念のため、もう一度詳細を確認しましょう」

I think we’ve covered everything. Do you have any other questions?

「すべて網羅できたと思います。他にご質問はありますか?」

I’m satisfied with how things have gone.

「満足のいく結果でした」

I'm very happy with this decision.

「この決断にとても満足しています」

また、「良い一日を」や「良い週末を」といった別れ際の定番フレーズは、使われるシチュエーション次第で「今日はありがとうございました」というニュアンスになります。

ミーティングを締めくくるフレーズとして使ってください。

Thank you for your time today. I hope you have a great day / weekend.

「本日はお時間をいただき、ありがとうございました。良い週末を。」

 

まとめ

英語で交渉するのは不安があるかもしれませんが、お互いの言い分を堅実に積み上げていけばいずれ結論に至ります。

一旦誤解が起きるとそれを解くのは厄介なので、そもそも誤解を起こさないよう要所要所で確認しつつ進めていくのがポイントです。

実は、英語での交渉を上手くまとめるのに流ちょうな英語は必要ありません。

上記で挙げたようなフレーズを適切なタイミングで使っていけば、交渉は進んでいきます。自信をもって臨んでください!