「catch up」の意味と使い方|イラストで学ぶネイティブ英語

「catch up」の意味と使い方|イラストで学ぶネイティブ英語

海外ドラマや洋画を見ていて「知っている簡単な単語しか出てこないのに、言っている意味がわからない…」なんて経験ないですか?

その原因、もしかすると「句動詞(Phrasal Verb)」にあるかもしれません。

句動詞(Phrasal Verb)とは
「基本動詞」に「前置詞」もしくは「副詞」、またはその両方が組み合わさって、新たな意味を成す英語表現のこと。ネイティブスピーカーは日常会話の中で好んで使う。

この句動詞を自由自在に使いこなせるようになると、英語力が一気に飛躍します!

しかし、日本人英語学習者にとって句動詞は少し厄介物で、数が膨大な上にそれぞれの区別がつきにくく、なかなか覚えられません…

そこで本記事では、ネイティブが頻繁に使用する句動詞の意味と使い方を、コアイメージを表したイラストとともにご紹介。

イメージの力を借りて、ネイティブ英語をマスターしましょう!

今回は、「catch up」についてです。
 

「catch up」のコアイメージ

「catch up」の意味と使い方|イラストで学ぶネイティブ英語

catch up の基本的な意味は「追いつく」です。日本語に訳す場合は「遅れを取り戻す」というニュアンスにもなります。

たとえば「前の車に追いつく」「仕事の遅れを取り戻す」などのように使うことができます。

また、「追いつく」に加えて、英語ネイティブの間で catch up は「会って近況を話す」の意味で特によく使われます。

ぜんぜん意味が違うと思うかもしれませんが、実は本質のコアイメージ「追いつく」は同じです。

次で catch up の使い方と例文をご紹介していきますが、どの意味も何かしらの形で「追いついている」ということがわかると思います。
 

例文で学ぶ「catch up」の意味と使い方

それでは、例文とともに catch up の実践的な使い方を見ていきましょう。
 

追いつく

The theft's car is a few miles ahead of us but we're trying to catch up.

「泥棒の車は数マイル先ですが、追いつこうとしています」

→物理的に距離を詰めて追いつく

He's much better than me at English, and I'm trying to catch up.

「彼は私よりもずっと英語が得意で、私は彼に追いつこうとしています」

→スキルを向上させて同じレベルに追いつく
 

遅れを取り戻す

My son missed half of the school year because of illness. Do you think he can still catch up?

「私の息子は病気で半年学校を休みました。今からでも遅れを取り戻せると思いますか?」

→勉強の遅れを取り戻し、ほかの生徒に追いつく

We are way behind on the project. We've really got to catch up.

「プロジェクトがぜんぜん進んでいません。本気で遅れを取り戻さないと」

→進捗の遅れを取り戻し、想定のスケジュールに追いつく
 

会って近況を話す

It's been too long. Let's catch up soon!

「久しぶりすぎるね。近々、会おうよ!」

→会っていなかった間の話をし、最新の状況に追いつく

We are going to catch up for the first time in a year.

「私たちは1年ぶりに会って近況を話し合う予定です」

→1年の間にあったことを話し合い、最新の状況に追いつく
 

「catch up」を使いこなそう

catch up は、「追いつく」イメージを持つ英語表現だとお伝えしました。

本記事で解説した catch up 以外の使い方に出くわすこともあるかもしれません。

そんなときは、イラストで紹介したコアイメージに当てはめて考えてみると、どのような意味なのかが見えてくるはずですよ!