Excuse me と I’m sorry の意味の違いと使い方をおさらい

「Excuse me」と「I’m sorry」の意味の違いと使い方をおさらい

「すみません」という言葉は日本語に限らず英語でもよく使われる表現です。

しかしながら、幅広い意味を持っている日本語の「すみません」に対して、英語ではニュアンスによって Excuse me と I'm sorry を使い分ける必要があります。

みなさんはこの意味の違いを理解されていますか?

今回は、お馴染みの表現 Excuse me と I'm sorry の意味の違いを確認した上で、使い方をおさらいしてみたいと思います。
 

Excuse me の意味と使い方

Excuse me の意味と使い方

本来 excuse(他動詞)という単語には「言い訳をする」の他にも「容赦する」「許す」「勘弁する」などの意味があります。

Excuse me は日本語で「すみません」や「失礼します」と訳されますが、直訳すると「ご容赦ください」「お許しください」になり、物事が起こる前に相手に許し/許可を求めるようなニュアンスを持ちます。

また、謝罪の表現としても使うことができ、その謝罪の程度は人によってさまざま。

今からこれらのより細かいニュアンスの違いを見ていきましょう。

 

声かけの Excuse me

まず、誰かに声をかけるときや話に割り込むときなどに Excuse me が使われます。

この Excuse me は、「すみません」「失礼します」というふうに訳され、みなさんもお馴染みの声の掛け方だと思います。

Excuse me. May I come in?

「失礼します。入ってもよろしいでしょうか?」

Excuse me! You dropped your wallet!

「すみません!お財布落としましたよ!」

 

軽い謝罪の Excuse me

くしゃみをしたり、誰かにぶつかったときなどに、Excuse me を使って軽く謝罪をすることができます。

日本語では「ごめんなさい」「すみません」「失礼しました」などと訳されます。

Achoo! Excuse me.

「ヘックション! 失礼しました」

(人にぶつかって)Excuse me.

「(ぶつかって)すみません」

 

聞き返すときの Excuse me

聞き返すときの Excuse me

相手が言ったことが聞き取れなかったときなどに、「もう一度言っていただけますか」という意味を込めて Excuse me を使うことができます。

このときは相手に何と言ったかを聞き返す疑問文になるので、発音するときのイントネーションは上げ調子になります。

強く発音してしまうと、ネガティブな意味合いになってしまうので、優しめに発音しましょう。

Um... Excuse me?

「えーっと、何て言いましたか?」

 
A: Hey, do you have any change?

「あの、おつり持ってますか?」

B: Excuse me?

「もう一度言っていただけますか?」
→イヤホンつけていて聞こえなかった

また、よりカジュアルに聞き返したいときは、 What was that? という表現も使われます。

A: Can you pass me the salt?

「塩をとってくれる?」

B: What was that?

「何て言った?」
→聞こえなかった

A: I said… can you pass me the salt, please?

「『塩とってくれる?』って言ったの」

B: Ah, sure! Here it is.

「あ、もちろん! はい、どうぞ」

 

道を開けて欲しいときの Excuse me

道を塞いでいる人に動いてもらいたいときや自分が横切る場合にも Excuse me が使われ、「すみません、通してください/通ります」という意味になります。

例えば、満員電車に乗っていて次の駅で降りないといけないのに、目の前に通り道がないという状況は誰もが経験したことがあると思います。

そのようなときにこのフレーズが便利になってきます。

Excuse me!

「通ります!/通してください!」

Excuse me, can I get by?

「すみません、通ってもいいですか?」

また、自分一人だけでなく、友達何人かいるときに道を開けてもらいたい場合には、 Excuse us ということができます。
 

許可を求める Excuse me

会議中や食事中に席を立つときや、誰かと話をしている最中にかかってきた電話に出るときなど、「失礼します」と言ってその場から離れますよね。

このときの「失礼します」には、席を立つのにちょっとした許し/許可を相手に求めるようなニュアンスがあると思います。

Excuse me も同様で、「容赦してください」「お許しください」というような許可を求める意味を持ちます。

Prrrr.....

「プルルルル」

Ah, it is my son. I need to take this phone call. Excuse me.

「あ、息子からです。この電話に出ないといけません。ちょっと失礼します」
→容赦してください

 
Excuse me, I'm going to the lady's room.

「失礼します。お手洗いに行ってきます」

 

異論を唱える Excuse me

異論を唱える Excuse me

Excuse me は異論を唱えるときにも使われ、「はあ?」「失礼な!」「失礼ですが…」というような反論を表します。

このとき、聞き返すときの Excuse me のように、上げ調子のイントネーションで発音されることが多々あります。

普通に下げ調子で発音されたりもしますが、反論していることもあり、全体的に強めに発音されることが多いです。

A: I don't think you can ever understand what that means.

「あなたにはあれがどういう意味なのか理解できないと思う。(私は出来るけど)」

B: Excuse me!?

「失礼な!」

 
A: You are too high-maintenance.

「あなたってすごい面倒よね」

B: Excuse me?!

「はあ?!」

 
A: She is such a slow learner.

「彼女って仕事覚えるの遅いよね」

B: Excuse me, but I don't think so.

「失礼ですが、私はそうは思いません」

 

Excuse me とほぼ同じ意味の表現 Pardon me

Excuse me の他にも Pardon me というほぼ同じ意味を持った表現があります。

Excuse me と同じように使うことができるので、今まで出てきた Excuse me の例文を Pardon me で置き換えて使うことができます。

イギリスで使われることが多く、Pardon me のほうがより丁寧なニュアンスを持っています。

アメリカでは耳にする機会が少ないかもしれませんが、高級レストランなどに行くと、ウエイターさんが後ろを通るときやワインを注ぐときなどに、よく Pardon me を使っているのを耳にします。

フォーマルな場面など、丁寧で気品のある言い方をしたいときに使われる表現です。

Pardon me! You dropped your keys!

「失礼します! 鍵落としましたよ!」

(前を横切って)Pardon me.

「失礼いたします」

Pardon me, I need to take this phone call.

「失礼いたします、この電話に出る必要があります」

 
A: Would you like anything else?

「他にご注文はございますか?」

B: Pardon me?

「もう一度言っていただけますか?」
→聞き取れなかった

 

I’m sorry の意味と使い方

I'm sorry の意味と使い方

I'm sorry も日本語で訳してしまえば Excuse me と同様、「すみません」や「ごめんなさい」になります。

しかし本来、sorry (形容詞)という単語には「気の毒に思って」「残念に思って」、「申し訳なく思って」というような意味があり、Excuse me とはまた少し違ったニュアンスを持っています。

同情のニュアンスも込められており、「心が痛む」という意味で用いられることも多々あります。今度は I'm sorry のニュアンスの違いを見ていきましょう。

 

謝罪の I’m sorry

まずは誰もがよく知っているであろう謝罪の意を表した I'm sorry で、自分がしたことに対して「申し訳なく思う」気持ちが含まれています。

I'm sorry for being late.

「遅れてごめんね」(遅れて申し訳なく思う)

I'm sorry for ignoring you.

「無視してごめんね」(無視して申し訳なく思う)

また、I'm sorry の他に apologize を使って謝罪/お詫びの意を表すこともあります。

apologize のほうがよりフォーマルで丁寧な言い方になります。

We apologize for the inconvenience.

「ご不便をおかけして申し訳ございません」

My apologies. I seem to have overlooked the email you sent me.

「すみません。あなたのメールを見落としていたようです」

 

聞き返すときの I’m sorry

Excuse me や Pardon me と同様に、相手が言っていることが聞き取れなかった場合、I'm sorry を使って聞き返すことができます。

意味も同じで、「もう一度言っていただけますか?」となります。

これも疑問文になるので、イントネーションは上げ調子です。

A: The total will be $5…7.

「お会計は$5…7になります」

B: I'm sorry?

「もう一度言っていただけますか?」

A: It will be $5.37.

「お会計は$5.37になります」

 

同情・共感の I’m sorry

同情・共感の I'm sorry

先ほども述べましたが、I'm sorry には「気の毒に思って」や「可哀想で」、「残念に思って」など、同情や共感の意味があり、「相手をおもうと心が痛む」というようなニュアンスを持っています。

ここで注意したいのは、I'm sorry を使っていますが、同情や共感を表す場合は決して謝っているわけではないということです。

I'm sorry to hear that.

「それはお気の毒に」(それを聞いて残念に思う)

I'm sorry for your loss.

「お悔やみ申し上げます」

 

後悔の I’m sorry

また、I'm sorry を使うことによって何かを後悔していることを表すこともできます。

「後悔する」という意味の単語 regret に置き換えてみるとわかりやすいかもしれません。

Oh, I'm sorry I told you that.

「あ、言わないほうが良かったね」
→I regret that I told you that.

I'm sorry I asked you to do that.

「あなたにあれをするように頼むんじゃなかった」
→I regret that I asked you to do that.

I'm not sorry for what I did.

「やったことを後悔してない」
→I don’t regret what I did.

You will be sorry for this.

「このことを後悔することになるよ」
→You will regret this.

 

Excuse me と I’m sorry の使い分けにチャレンジ!

いかがでしたか?

日本語では同じ「すみません」でも、英語ではニュアンスの違いでフレーズを使い分ける必要があります。

Excuse me には物事が起こる前に「許し/許可を求める」ニュアンスがあるのに対して、I'm sorry は物事が起こった後に「申し訳なく思う」気持ちや「残念」な気持ち、「心が痛む」ような同情や共感を表すニュアンスを持ち合わせています。

イントネーションや強弱の違いでも意味が変わってきてしまうので、使うときには発音にも注意してくださいね!