「大丈夫」の英語フレーズ総まとめ|シーン別に使い分けよう!

「大丈夫」の英語フレーズ総まとめ|シーン別に使い分けよう!

「体調が悪いから早退するよ」
大丈夫? 無理しないでね」

「レジ袋は大丈夫ですか?」
「あ、大丈夫です」

言葉は時代に合わせて変化するものですが、特に「大丈夫」という言葉は文脈によって幅広い意味で使われますね。

相手を気遣ったり、やんわりと断ったり、日本語の日常会話には「大丈夫」という便利な言葉が頻繁に登場します。

そのため、「大丈夫=OK」とひとくくりにして覚えていると、間違って伝わってしまうが可能性が!

この記事では、「大丈夫」が使われる場面をピックアップし、そのときどきに応じたネイティブ英語フレーズをご紹介します。ぜひシーンにふさわしい英語の「大丈夫」をマスターしてください。
 

【シーン別】「大丈夫」の英語フレーズ総まとめ

体調や心理状態が「大丈夫」

体調や心理状態が「大丈夫」

相手の体調を気遣って「大丈夫?」と尋ねるときの英語フレーズはこちら。

How are you feeling?

「大丈夫ですか?」

→いま具合が悪い、または悪かった人に対して、「大丈夫?」と尋ねるフレーズです。

What’s wrong?

「どうしましたか(大丈夫ですか)?」

→あきらかに具合が悪そうな人には、このように聞くこともできます。

次に、上記のような質問に対して「大丈夫」と答える英語フレーズをご紹介します。

ただ「大丈夫」というだけより、Thanks for your concern.「心配ありがとう」などのひとことを添えるとより気持ちが伝わるでしょう。例文を参考にしてみてください。
 

I’m fine/good/OK/alright.「大丈夫です」

A : What’s wrong? You look terrible.

「大丈夫? 顔色が悪いみたいだけど」

B : I’m fine, just a little tired.

「大丈夫だよ。ちょっと疲れてるだけ」

 

feel/get better「よくなる=大丈夫」

A : I heard you were sick. How are you feeling now?

「具合が悪かったって聞いたけど大丈夫?」

B : Yeah, I had a fever but I’m feeling better now. Thanks for worrying about me.

「そうなんだ。熱があったんだけど今はよくなったよ。心配してくれてありがとう」

 

可能・不可能、許可を尋ねる「大丈夫」

可能・不可能、許可を尋ねる「大丈夫」

Can/May I ~?「〜しても大丈夫?」

比較的新しい「大丈夫」の用法に、「可能・不可能」を尋ねるというものがあります。

英語では「can」や「may」を使った疑問文で表現できます。「Can I ~?」よりも「May I ~?」の方が少し丁寧なニュアンスです

A : Can I talk to you now?

「今、電話大丈夫?」

B : Sure, what is it?

「大丈夫だよ。どうした?」

 

A : May I take a picture here?

「ここで写真を撮っても大丈夫ですか?」

B : I’m sorry ma’am. Taking photos and videos is not allowed in this museum.

「お客さま、申し訳ありません。この美術館内では写真や動画の撮影は禁止されています」

 

Do you mind if ~?「〜しても大丈夫ですか?」

許可を尋ねる英語フレーズです。「would」を使って「Would you mind if ~?」のように尋ねると、さらに丁寧に聞こえます。

この場合、「いいよ」と答えるときは「No」、「だめ」と答えるときは「Yes」と、日本語と反対になるので注意しましょう。

A : Do you mind if I borrowed your mobile phone for a second? I need to make a phone call.

「一瞬携帯を借りても大丈夫? 電話しなくちゃいけないんだ」

B : Not at all. Here you are!

「全然いいよ。はい、どうぞ!」

 

必要・不要を尋ねる「大丈夫」

必要・不要を尋ねる「大丈夫」

困っている人に「大丈夫?」と声をかけますが、この場合の「大丈夫」は、「(助けなどが)必要かどうか」を聞いています。

このような、必要かどうかを尋ねる「大丈夫?」は、英語で以下のように表現できます。

Do you need ~?「〜は必要ですか?」

A : Do you need some help?

「お手伝いしましょうか?」
=「大丈夫ですか?」

B : Yes, thank you.

「ありがとうございます。お願いします」

 

Would you like ~?「〜はいかがですか?」

A : Would you like more water?

「お水のおかわりは大丈夫ですか?」

B : No, thanks.

「あ、大丈夫です」

必要がないときは、英語では「No, thanks/No, thank you.」と言いますが、他にもこのような表現があります。

Thank you, but no thank you.

「ありがとう、でも大丈夫」

I’m alright, thanks.

「私は大丈夫。ありがとう」

また、「Thanks for asking./Thanks, anyway.」のように、気にかけてくれたことに対してお礼を一言つけるとさらに感じがよくなりますよ。

A : It looks heavy. Do you need a hand?

「重そうですね。お手伝いしましょうか?」

B : Nah, it’s ok. But thanks for asking.

「大丈夫ですよ。心配ありがとう」

 

相手を安心させるときの「大丈夫」

相手を安心させるときの「大丈夫」

「大丈夫だよ!」と相手を安心させるときは、英語でどう言うでしょうか?

単語よりも文で覚えたほうがわかりやすいと思いますので、文ごと覚えてしまいましょう。
 

It/Everything will be fine/alright/good.
It/Everything is going to be fine/alright/good.
「うまくいくよ=大丈夫だよ」

「everything」を使った場合は、「すべてがうまくいく」という意味です。

「will」と「be going to」はどちらを使っても問題ありませんが、be going to の方がややカジュアルで「(私は)大丈夫だと思う」という主観的なニュアンスが出ます。

A : I had an important presentation today. But I think I totally screwed up.

「今日は大切なプレゼンがあったんだけど、完全に失敗しちゃったよ」

B : Don’t worry. It’ll be just fine. Anyone can make mistakes.

「心配しないで。大丈夫だよ。だれだって失敗するんだから」

 

You can do it.
You can make it.
「成功するよ=大丈夫だよ」

「You can do it.」や「You can make it.」は、「成功する」という意味のフレーズです。よりカジュアルな表現に、「nail it」というイディオムもあるので友人同士で使ってみてくださいね。

I’m sure you can do it next time.

「今度はうまくいくよ。大丈夫」

Your son is taking an entrance exam this year? I know he’ll nail it!

「息子さん、今年受験なの? 彼ならやってくれるわよ!」

 

問題がないときの「大丈夫」

問題がないときの「大丈夫」

Thank you!「ありがとう!」や Sorry.「ごめん」と言われて、「大丈夫だよ」と返事することってよくありますよね。

この場合の「大丈夫」は「問題がない」という意味なので以下のような英語表現になります。
 

That’s ok.
No problem.
No worries.
Don’t worry (about it).
Never mind.
「大丈夫です」

シンプルに「OK」でも「大丈夫」ですが、バリエーションがあると会話の幅が広がりますよ。

また、「相手の状況が問題ないか(大丈夫か)」尋ねるときには、疑問文で次のように聞くことができます。
 

Is everything ok?
Is there something wrong?
「大丈夫?」

日本語では何気なく「大丈夫?」と聞いているような気がしますが、英語では、相手になにか問題がありそうだから聞く、というニュアンスが強く出ていますね。
 

Are you ok with this/that?
「それでいい?=大丈夫?」

前述の内容について、それで問題がないかを確認するときに使えるフレーズ。this/that を、待ち合わせ時間のように具体的な言葉に変えることもできます。

Are you ok with 1 pm?

「午後1時で大丈夫?」

 

やんわりと断るときの「大丈夫」

やんわりと断るときの「大丈夫」

上司「お疲れさま。今夜一杯どう?」
部下「あ、大丈夫です…」

この文脈の「大丈夫です」はどんな意味だと思いますか? ニュアンスから察するに、部下は上司の誘いを断ったのでしょう。

なんとも日本人らしいですが、誘ってもらったときにハッキリ断りたくなくて、「大丈夫」と言ってしまうことってありますよね。

英語では「行けない」とダイレクトに伝えても失礼になりませんが、なるべく日本語の「大丈夫です」のニュアンスに近い、感謝をしつつやんわりと断るフレーズをご紹介します。
 

Unfortunately「残念ですが…」

A : Hey, do you want to grab a beer after work tonight?

「なあ、今夜仕事のあと飲みに行かないか?」

B : I would, but unfortunately, I have other plans tonight.

「行きたいのですが、残念なことに、今夜は予定があるんです」

 

I’d love to, but ~「すごく行きたい(したい)のですが…」

A : I baked a cheesecake. Would you like to have some?

「チーズケーキ焼いたんだけど、食べる?」

B : I’d love to, but I just had a big lunch.

「すごく食べたいんだけど、さっきお昼ごはんをたくさん食べちゃって」

 

I’m good.「大丈夫/遠慮しときます」

カジュアルに断るときは、このように言うことができます。仕事などフォーマルな場で使うと失礼になってしまいますので、注意しましょう。

A : We're having drinks tomorrow night at the usual spot. You coming?

「明日の夜いつもの場所に飲みに行くんだけど、お前も行く?」

B : No, I'm good. I've got an early day.

「いや、やめておくよ。次の日早いんだ」

 

シーンに応じた「大丈夫」を英語で伝えよう

いかがでしたか?

日本語では「大丈夫」の一言が実にいろいろな意味をカバーしますが、英語ではそれぞれのシーンに応じて使い分ける必要があります。

日本語直訳にとらわれずに、本質的な意味を整理して、英語ではどのように表現するかを考えてみましょう。